FC2ブログ
Vamos福島
奇蹟! ~2018秋うつくしま百名山赤面山に登ろう!~
「10月7日(日)に開催予定をしている『2018秋うつくしま百名山赤面山に登ろう!』ですが、現在発生している台風25号がこの日に列島縦断又は日本海側を通り本州全体に暴風が吹く可能性が大となっています。この予報を踏まえ7日(日)の実施は安全面上実施しないことにし、台風の影響が少ないだろうと思われる前日6日(土)に前倒しで行うことにしました。(途中省略)最後になりますが、今回の事前の判断が正しかったかどうかは何とも言えません。ただし、安全面等々を最優先にした判断とご理解下さい。また、今後の台風の動きにより実施日に変更した6日(土)の天気が悪く実施できないことも考えられます。予めご了承下さい。 」

この決意のメール!?を配信したのが10月3日(水)。

「早朝より失礼します。本日曇り(実際には小雨が降りしきっていました。)ですが、予定通りイベントを実施します。ただし、本日はこのような天候のため、ぬかるみをただひたすら歩き、登頂後も絶景は期待できません。まさに鍛練を目的にした登山になってしまいます。それでは参加しても・・・・・・・  そう思われる方は不参加でも結構です。本来ならこのようなメールを当日に配信することはないのですが、今回は台風を事前に考慮し期日を変更した結果、このような天候のもとでのイベント実施となりましたので、不参加もやむ無しと判断しメールを配信することにしました。ですので遠慮せずに願います。」


この投げやりなメール!?を配信したのが本日早朝7時前のこと。

誰も不参加!する者はいなかったのですが、それがかえって恐縮至極の気持ちでいっぱいになり、正直、少々後ろめたい!?気持ちでバスのハンドルを握りしめ山に向かって行ったのです。


後ろめたい???  この表現、まさに私の今朝の気分を的確に表しており・・・・・・  分からないでしょうが・・・・・・・・・・


しししかし!!!  登山口に到着し、空を見上げると、なななんと!!! あああおぞらが~~!!!!!

思わず、「これは奇跡だ~!!!」と大大大絶叫!!!  それがこの青空です!!!!!!

DSCN0966.jpg

実は、今朝のメールを配信する前に、今回のガイド役の先生に、「本日はこんな天気ですが、とにかく登頂することを目的に実施したいと思います。」と電話をしたところ、「下はこんな感じだけで、上は晴れてることもあるので、とにかく行って見ましょう!」と言われていたのですが、「まさかそんなことは・・・・」正直そう思っていたのですが、そのまさかまさかが!!!!!笑

思わず現地で待ち合わせた先生に会った瞬間、「先生ありがとうございます!」と駆け寄るなり握手の連発をしてしまいました!笑笑


と言うことで、小雨が降りしきる下界!?から送り出した保護者の方々には想像だにしない絶好の天候のもと、イベントを実施することができました!笑笑笑


その様子はお得意のパチパチ攻撃!?(笑)をして来ましたので、その中から1日の様子が分かるように写真を掲載してお知らせ致します。

青空のした、紅葉に染まった山々を闊歩するお子さま方をとくとご覧あれ!!!


DSCN0967.jpg

DSCN0997.jpg

DSCN1058.jpg

DSCN1014.jpg

DSCN1015_20181006175005f02.jpg

DSCN1064.jpg

DSCN1086.jpg


登頂後、絶景は期待できません!などと言っていたにも関わらず、頂上から見える景色のそれはそれは素晴らしいこと! 朝の挙げやり感!?などどこ吹く風!!苦笑

それではその絶景をご覧あれ! 頂上から360度ぐるっと見える紅葉に染まったこの季節だけの、しかも、登頂した者にしか堪能出来ない景色です!!

DSCN1088.jpg

DSCN1091.jpg

DSCN1093.jpg

DSCN1095.jpg

磐梯山もこんな真近に一望出来ました!

DSCN1103.jpg


登頂後のお母さんの愛情たっぷりのお昼ご飯は、さぞかしさぞかし美味しかった!そう思っています! ねぇ、3年生の3人様!!笑

DSCN1109.jpg

DSCN1134.jpg

DSCN1164.jpg

DSCN1163.jpg

DSCN1171.jpg


「めっちゃ綺麗な景色だ~!」 「登って良かった~!」 「最高だ~!」etc

子供たちのたくさんの歓声を耳にしながら、「天の神様、奇跡をありがとうございました!」そう心の中で呟かずにはいられませんでした。

そして、天の神様はもちろんのこと、18名の子供たちが無事に登山が出来たことは、今回ガイド役を行って下さったT先生のおかげ!心より感謝感謝感謝申し上げます。

先生の、「上は晴れてることもあるよ!」その一言がなければ、今回の奇跡も生まれなかった!本気でそう思っています。



『サッカー及びその他様々な活動を通して子供たちがたくましく心豊かに健やかに成長するよう微力ながら精一杯尽力させて頂きます!』


この思いを想いを実現するために、今後も、たくさんの方々のご支援、もちろん天の神様のご加護も頂きながら、様々な企画を考え実現していきたいと思っています。

それにしても、本当に本当に今日は奇蹟だった~~!!!  今こうしていても何と表現して良いか分かりませんが、心の中がウルウルウルウルして来ます!大泣笑


これからもご加護を受けられるように襟を正して生きて行こうっと!!!大苦笑


☆ちなみに登頂後のこの別な写真は私の冥土の土産です!!大笑

2018100617040926d.jpg


※本日掲載以外の写真もた~っくさんあります。いつの日かフォトギャラリーコーナーに掲載致します。

いつの日かって!?  いつの日かです!笑



明日は1日オフ。明後日は宮城県仙台市での大会参加。登山後にしっかりプールでクールダウン?遊び!?(笑)を思う存分にしたので、疲れをひきずることはない!そう確信しています。明日は遊びもいいけどバンバンボールにも触って、「ホワイトリバーは登山チーム!」と言われないように、万全の準備をして臨もうね! 「登山もするけどサッカーも上手し!」 それが吾輩の究極の理想なり!

頼むで~皆の衆!!!!!!!!!!笑

かくゆうこの私もしっかりサッカーの勉強をしてくるけん!!!!!!!!!!!!笑笑
再始動
56

今年の3月9日、あれから7年の被災地の旅!?をしている際、この幼稚園を目にし、「いつの日かこの園の子供たちのために復興支援活動が出来たら・・・・・」 そう思ってから約7ヶ月。

ついに今日その夢!?その思いを実現することが出来ました。年中児さん20名、年長児さん27名の2クラスの活動を行ってきました! と言うより、行わせて頂きました!その表現の方が的確かと・・・・・・・


突然園庭に現れた不審者!?を怪訝そうに教室から見つめる子供たち。そんな子供たちの様子を目にしながら、「よ~し、この子たちを思いっきりえんちゃんワールド!?(笑)にひきこんでやるで~~!!(笑笑)」

そんな決死の覚悟!?で臨んだ45分間と50分間の活動。結果は・・・・・・・・・・・・100点満点!!笑笑笑

活動終了後は、「えんちゃん、また来てね~!」 「また一緒に遊ぼうね~!!」etc

そんな声を汗びっしょりになりながら耳にし、ほくそ笑むえんちゃんでした! チャンチャン♪♪大笑


とにもかくにも、この活動の目的を、初めての町で、と言うより、あれから長い年月が過ぎた今でも、あの日以前の町の姿にはほど遠いこの地で少しは果たすことが出来た! と言うより何より、この地の子供たちにわずかな時間ではあったけれど、笑顔の花をたくさん咲かせることが出来た! それが嬉しくて嬉しくて・・・・・・・・・・・


今月末に再度の訪問。その時はきっと、訝しい顔ではなく、あったか~い顔で迎えてくれるはず! きっと、おそらく、たぶん・・・・・・・苦笑




活動を終え園をあとにし向かった先は・・・・・・・・・7月28日に再始動したJビレッジ! 再始動後一度も訪れていなかったので、園での活動が終わったら必ず・・・・・・と思っていたのでワクワクしながら訪れ・・・・・・・・・・


駐車場に車を停め、早速目に入った光景は・・・・・・・

201810051844053b2.jpg
 
テレビなどでは見ていたのですが実際に目にすると何とも言えない感動が湧きあがって来て・・・・・・・・涙涙

なぜなら、ここから今年の3月9日に見えた光景は・・・・・・・こんな感じだったのですから!

51

と言うより、数年前までは原発事故終息の最前線基地!?としてアスファルトに塗り固められ無数の車や施設が立ち並び居並び・・・・・・・

Jビレッジグランド

あの年から1年に1回だけですが、毎年その変遷を見てきた者として、今回目にした光景の何とも神々しいこと・・・・・・・・大袈裟に聞こえるかも知れませんが、これが素直な感想です。


グラウンドもさることながら、Jビレッジ本館もすっかり・・・・・・・・ 原発関係者以外、立ち入ることすら、いや、近寄ることすら出来なかった施設が、震災前のように堂々と入ることができ・・・・・・・・涙涙

20181005184402626.jpg

20181005184404310.jpg

『感無量!』 その一言に尽きました。 と同時に、室内に入り、あちこちを見回しながら、『時が戻った!』 しみじみそう思いました。そしてそして、この施設を震災前に何度も何度も利用していた当時のことが走馬灯のように・・・・・・・・・涙涙涙


グラウンドでは、U‐17日本代表とU‐17カンボジア代表の試合が繰り広げられていました。

20181005184408f93.jpg

※本当は施設だけ見てお昼過ぎには帰る予定だったのですが、今日から【JENESYS2018メコンU‐17サッカー交流会】が開催されていたようで、夕方迄試合を観戦してしまいました。苦笑

何の大会???  それはですね・・・・・・ ご自分でお調べ下さい!!笑



震災以降、この施設の写真を撮る際は、係の人にばれないように、まさに、『隠し撮り』状態でした。意味分からないかも知れませんが、まさにまさにだったのです! それが今回は堂々とパチリパチリ! しかも、堂々と施設に侵入! いや、入場できた! 当たり前のことを当たり前のように出来るようになった! 


【再始動】 を実感体感した瞬間でした。


とは言え、この施設は、数十年と言う気の遠くなるような長い長い年月を要する廃炉作業を行っている福島第一原発まで約20km圏内に位置する施設。

施設の脇を走る国道4号線の表示板には、「この先11キロから歩行者二輪車立ち入り禁止」の赤色の文字がこうこうと・・・・・・

その言葉の意味することはもちろんご理解頂けるものと・・・・・・・



華やかな光景とは裏腹に、まだまだ復興復旧にはほど遠い現実がある! それは隠しようがない事実です。


ただ今日目にしたことは、その現実・事実があるにせよ、感動的なもの、ことであったわけで・・・・・・・

それよりなにより、今日接した子供たちは、元気いっぱいな子供たちだったわけで・・・・・・・・



同じ福島に住む者として、これからも様々な変遷をしっかり見つめ、そして、微力ながらその良き変遷への一助になれれば・・・・・・改めてそう思った一日でした。


がんばろう福島!  VAMOS福島!!
今の自分が在るのは…… ~恩人の一人~
今週クラブの平日活動は休止と言いながら、昨日から再開! 何故かと言いますと・・・・・ ブログ愛読者の方のみにネタばらし!苦笑 と言いますか、皆さんお分かりだったようですが・・・・・・苦苦笑

娘が静岡県選手団として出場する福井県での国体に駆けつけたわけでありまして・・・・・・・笑

20181004124342696.jpg

優勝候補と目されていた静岡県女子サッカーチームでしたが、よもやの1回戦で・・・・・・・・涙

2018100412434337b.jpg

静岡三羽烏!?と称されていたこの3人も試合後は・・・・・・・・・涙涙

20181004124345292.jpg

しかし、しょげていても仕方がない!前を向かなければ! そう言いながら奮い立ち!?笑顔で・・・・・・・・泣笑

2018100412434660f.jpg

そんな娘に仲間に、宿舎に戻りせっせせっせと段ボールボード!?に言葉をしたため・・・・・・・・・泣泣笑 

201810041243489f9.jpg

「負けるってのは本当に悔しい!」 「これから強く上手くなるために頑張る!」etc

娘からの言葉にウルウルウルウル・・・・・・・・・  負けてこそ気づくことがある! このほろ苦い経験を今後の大いなる糧に!


と言うわけで、4日間福井県に滞在する予定が2日間のみの滞在となり、ですので、平日活動を昨日より再開した!そう言うわけです。

そんなことでクラブの活動を・・・・・・・  ご批判等々様々あること必至ですが・・・・・・  クラブに託された子供たちの『今』も大事!でも、我が子の『今』も大事! これからもこのスタンスは踏襲させて頂きます。

そんなクラブで宜しければこれからも・・・・・・・・・・・・     






今夏、ある方より訃報とお知らせが届きました。 

「前島先生が7月末に亡くなりました。故人を偲んで追悼集を作成します。前島先生に所縁のある方から手記をお寄せ頂きたいと思います。」

その追悼集が昨日届きました。

2018100412434911c.jpg


前島先生???  説明に代えて、私がこの追悼集に寄せた手記を原文そのままに記載します。長い長いものとなります。

ブログ愛読者以外のお方、と言うより、私に興味のない方は立ち入り厳禁で願います。


『前島先生の訃報に接し謹んでお悔やみ申し上げます。と共に、今回故前島先生を偲び、追悼集と言う形で故人にこのような形で感謝の意を述べる機会をお与え頂きました豊歳先生に心より感謝申し上げます。

私が前島先生にお会いしたのは、時代が平成になる前の昭和最後の年でした。立教大学文学部初等教育専攻の学生であった時に、教育実習生として江戸川区大杉東小学校に約1ヶ月赴任させて頂き、その時の担当教官だったのが当時6年生を担任していた前島先生でした。

あれから30年が過ぎ、その時の記憶はおぼろげなのですが、それでも脳裏に焼き付いていることは多々あります。その中で最たるものは、前島先生が発行していた『らくがき』と言う学級通信でした。翌年先生のご指導のおかげもあり、私は福島県の小学校教諭になったのですが、採用されて以降、担任するクラスのほとんど全ての学級通信の名を、『らくがき』とさせて頂いておりました。もちろん、前島先生の許可も得ずに・・・・・・ ですので、この場を借りて先生にお詫び申し上げます。

また、教育実習の最後の日に授業をさせて頂いた際、当時クラスに知的障害のお子さんがおり、「遠藤君、あの子を45分間集中させられたら合格をあげるよ!」と言われ、緊張よりも決死の覚悟で教壇に立ったのですが、その子はものの数分と経たないうちに、机に突っ伏して寝てしまいました。その時、教室の後ろに立っていた先生の顔が、「まだまだだな!」そう言わんとしていたことが今こうしていても鮮やかに蘇って来ます。

また、学校が終わり、駅名は忘れてしまいましたが、駅前の居酒屋に何度も連れて行って頂き、たくさんのお話をして頂いたことを記憶しています。(豊歳先生も一緒だった記憶が・・・・)

また、私が福島県の教員採用試験に合格し報告に行った際、「保守的な福島県が遠藤君を採用するとは変わったな!」と前島先生はじめ当時の大杉東小学校の先生方から言われ、嬉しいやら・・・・やら、何とも言えない気分になったことを思い出します。

私は現在、平成20年に教職を辞し、VAMOS福島スポーツクラブと言う団体を組織し運営しています。学校は授業や学校生活等々を通して子供たちに関わることができる。しかし、違った形でも子供たちに関わることができるのでは・・・・・その思いを日々実現するべく邁進し今年で10年となります。

はっきり言えることは、教職の道とは違えども、前島先生にご指導頂いたあの1ヶ月間の時間が、この道でも生かされている!そう確信を持って言いきれます。

あれから30年、1度もお会いできないまま、このような形での再会となってしまったこと、悔やんでも悔やみきれませんが、先生のご指導は、ここ福島でも確かに生きている! 今までもこれからも! そのことをぜひともお伝えさせて頂きます。

拙い文面になってしまい、「まだまだだな!」 そんな先生の表情が目に浮かびますが、福島の地より謹んでお悔やみ申し上げますと共に、ごゆっくりおやすみ頂きますよう祈念申し上げます。

先生、ありがとうございました。お世話になりました。』   福島県白河市  遠藤 淳 



今の自分が在るのは・・・・・・・・・   残された限りある時間を、精一杯精一杯生きて行こう! 改めてそう思っています。
100万回ボールにさわれ! ~本物の威厳~
『100万回ボールにさわれ  不可能が可能になる』

本物の言葉の凄さ、重み、深み・・・・・・・

昨日、本日の2日間、宮城県仙台市で行われた【第1回井田勝通杯 in仙台】に参加させて頂き、これでもか!と言うほど、『本物』を体感させて頂きました。

「やってる成果が子供たちにしっかり現れてるぞ! でももっともっとだな!」

本物からの有難いお言葉、そして、叱咤激励に、心底身ぶるいし、心底感銘を受け、心底・・・・・・・・・・


『1000000回ボールにさわれ! 不可能が可能になる!』

約50年近い歳月を個の育成に努め、そして、その言葉の先に何が待っているのかをその目でしかと見続けてきた、いや、今現在も見続けている本物のお方から生み出されたお言葉。(70名強のプロサッカー選手を輩出!)


やるっきゃないでしょ! 不可能=夢 を 可能=達成 にするためには!  なっ、みんな!!


果たして1週間後の再会まで、何回さわれるかな!?? 1週間後の変貌をちょっぴり!?(笑)楽しみにしてるから!

2018093018463109d.jpg


2018093017510445d.jpg

20180930174816179.jpg

20180930174814f42.jpg


1週間後の再会? 


我がクラブは明日から木曜日まで4日間活動を休止します。

なぜ?

それはですね・・・・・・・・ リベンジです!

リベンジ?

はい! リベンジです!

リベンジ??

はい! リベンジです!!

だから、なんのリベンジ???

それはですね・・・・・・・・・・・・とにかくリベンジです!!!笑



活動再開は、金曜日の復興支援活動となります。原発からほど近い広野町の幼稚園を初めて訪問します。この活動の趣旨をご理解頂き、この活動を受け入れて下さった広野町教育委員会様、そして広野町幼稚園の園長先生はじめ職員の皆様のご期待に添えるよう精一杯活動させて頂きます。何より、園の子供たちがこの活動を通して笑顔の花がたくさんたくさん咲くように精一杯精一杯・・・・・・・・・


まずはその前に、くどいようですがリベンジを達成して来ます!


だからそのリベンジって???


それはですね・・・・・・・・・・・リベンジです!!笑笑



それでは金曜日まで、さよなら♪さよなら♪さよなら♪大笑



くどいついでにもう一度・・・・・・・・・


本物は本当に凄かった~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


『100万回ボールにさわれ! 不可能が可能になる!!』


やろうぜ! 明日の輝きを信じて!!


☆リベンジの理由、愛読者の方ならきっと………笑

20180930190255cb0.jpg
秋の味覚!? ~回顧録~
私が子供の頃の話。今から四十数年前のお話!笑

テレビはもちろん地デジではなく、と言うより、アナログもアナログ! リモコンなどと言うものなど存在せず、チャンネルをゴリゴリ回すもの! そのチャンネルもあまりに回し過ぎると、スポッと抜けてしまう代物!苦笑

これを読んで、「あっ!あのことね!」などと思い出し笑いが出来る人はブログ愛読者の方の中には・・・・・・・・泣笑



電話だって、携帯など当たり前ですが存在などせず、烏よりも黒い黒い黒電話!苦笑 穴に指を入れて、グリグリ回し・・・・苦苦笑

更に、東京などへ電話を掛ける際には、一度交換所!?に電話を掛け、そこから繋いでもらうシステム!

更に更に、同じ集落の人が電話を使っている時には、他の人は使えない世にも奇妙な!?システム! 

更に更に更に、そんなシステム!?のためか、せいか、他の人がしゃべっている話を受話器をとればその集落の人みんなが聞けてしまうと言う優れもの!???

「あっ!あれね!」 そんな思い出をもつ人は、既にこの世には現存しないものと・・・・・・・あっ!いたいた! うちのお袋!! 大苦笑



その他にも、学校帰りに牛に追いかけらたり、家で飼っていた鶏を爺ちゃんがさばいて夕食のおかずにするところを目撃したりetc



トイレはもちろんぽっとん便所! 昔話に出てくるようなまさにあれ! それを定期的にくみ取り、野菜作りの肥料として畑にまくのがその集落に住む子供の仕事の一つでした。もちろんこの私も同様に・・・・・・・・。その当時の我が家は坂の上にあったので、その坂をう○ちを2つの桶!?にたっぷりいれて、天秤のようなものの両サイドにその桶をつけて、バランスを取りながら坂道を降りることは小さな子供には至難の業!?で、一度、バランスを崩してひっくり返り・・・・・・ その惨劇!?惨状!?は、あれから数十年過ぎた今でも鮮明に・・・・・・・・ 


こんなことを書くと、これは絶対にフィクション!いや、昔話の一節!そう思われるかも知れませんが、ノンフィクションもいいところで、他にも話したいことがたくさん・・・・・・・・・



ちなみにあなたは子供時代、どこに、どんな山奥に住んでたの!?  今はなぜこの地に住んでるの!??



様々な憶測!?が飛び交いそうですが、聞くときっと、「ぎょっ!」とすること必至ですので、多くは語らず・・・・・・・・笑


ちなみにその場所はもちろん今現在もこの世に現存しています。それは・・・・・・・・・・・口チャック!!笑笑


そんな類まれなる!?生活を送っていた幼少期の頃、この季節=秋 になると決まって食べていた物があります。それは・・・・・

20180927082915e9a.jpg


はっ!? えっ!? なに!?


これが何の食べ物なのか分からないお方は、相当に裕福なお方と察します!笑  と言うか、この食べ物を知ってる方が裕福な方ではない!などと申すつもりはありませんのであしからず!!笑笑


今の子供たちのように、飽食の時代、食べたい物を食べたい時に好きなだけ・・・・・ そんな時代ではなかったので、そこかしこに乱舞する!?自然の産物!?が幼子たちの空腹を満たし、飢え!?を回避し・・・・・・  大袈裟な!そう聞こえるかも知れませんが、全くの現実だったわけでして・・・・・・・・・


その中のひとつが、写真の 『いちじく』 だったのです。


先日、庭でこの食べ物を作っている!?○○君が、

「監督!食べますか!?」と持って来てくれたので、思わずでっかい声で・・・・・・・

「食べる!食べる!もちろん食べる!」と連呼してしまいました。大笑



そんな秋の味覚を思いっきり堪能しながら、子供の頃のことをついつい思い出し、そしたら思わずブログに書きたくなり・・・・・・・今に至る!そんな感じです!!大大笑


ちなみに子供の頃、よく食べていたいちじくの木には、常にアオダイショウが絡まっていて、それとの格闘の末に、この味覚を味わうことができる! と言うか、この味覚で空腹を満たすことができる! と言うことで、私をはじめ近所の友達連中は、それはそれは常に必至の形相!?であったことを鮮明に・・・・・・・・・


アオダイショウって何!?   う~~む、そう来たか・・・・・・・  そんな時代になったのですなぁ・・・・・・・・  


と言うか、今日のブログって何!?  何って・・・・・・  回顧録ってタイトルにあるように、私の昔話ですよ!!! と言うか、本当は、久しぶりに食した『いちじく』が美味かった!それを書きたかったのですが、ついつい昔話に花が咲いて!?しまい・・・・・・・・大苦笑



あれから四十数年、人類の歴史に比すればたった四十数年に過ぎないけれど、我が人生の中ではされど四十数年となるわけでして・・・・・・


あの時があったらから、今の自分がいる!


いちじくを通して感慨ひとしおになった2018秋の一日でした! チャンチャン♪♪♪