Vamos福島
長~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~かった一日!!!
 昨夜ブログを書き終え、なんだかんだとしてから、睡眠に入ったのが深夜2時頃。布団に寝ては5時に起きることは困難と思い、こたつで寝ることに。(大会前は、いつもこんな感じ)うとうとしかかった頃に、我が家の電話のベル音が・・・すでに眠りに入ろうとしていたため、どこかで何かが鳴っていると思っていたのだが、よく聞くとやはり電話の音。何事か・・・・と思って出てみると、「着いた、迎えに来て!」という声が聞こえるではないか。「はあ?」と思い、「どちら様ですか?」と問うと、息子の名前を言うではないか。またまた「はあ?」と思っていると、「あっ、そうか!!」と我に返った。入学する高校のサッカー部に帯同し、1週間、関西遠征を行っていた長男の帰る日だった。「しかし、まてよ。到着は、朝になるとのことだったが・・・」問うてみると、「なんだか分からないけど、すごく早く着いた。とにかく迎えに来て!」と訴えている。時計を見ると、なんと深夜2時20分。眠りについてからたった20分。「どうなってんだ!!!」といろいろ腹立たしく思ったのだが、まさか、朝までそこにいろ!となど言えるわけもなく、とにかく、迎えに行くことに。場所は、石川町。車をかっ飛ばして息子のもとへ。帰ってきたのは、3時30分。5時起床。たった1時間30分。車を乱暴に!?運転してきたせいか、横になっても、興奮状態のせいか、すぐに眠れるはずもなく、このまま起きていようかとも思っただが、3時間の長距離運転とその後の日程を考えると、徹夜は絶対厳禁!と肝に銘じ、とにかく目をつぶって横になろうと・・・気がつくと、5時45分。アラームの音がけたたましくなっているのに気がついて、時間をみてびっくり仰天。あわてて着替えて、バスに。出発時刻3分前到着。「出発の5分前には、来るのが常識!」といつも子供達に言っておきながら、なんというざまか・・・。ごめんなさい、みなさん。その後は、ものすごい睡魔を振り払うために、ブラックコーヒーを飲みまくり3時間の運転を無事遂行し、千葉県野田市へ。

 9時30分予定通り会場に到着し、10時30分から3試合。しかし、せっかく千葉に来たのだからと、最後にもう一試合組んでもらい、会場を出発したのは18時過ぎ。試合は、全て千葉県内のチームとの対戦で、戦績は、2勝1分1敗。(0対1・1対1・5対0・2対1)来週から始まる全日本の予選強化が目的だったので勝ち負けは二の次。内容重視の一日だったが、1試合目は、関東特有の早い寄せに面食らったが(これを受けたくて関東にこだわっているのだが)、その後は、試合を重ねるたびに、内容がとても良くなり、強化の目的を大いに達成できた遠征となった。しかし、体調絶不調だったので、全ての点で本日は健太郎コーチにお世話になりっぱなしだった。1試合ごとの課題をしっかりとらえ、次の試合に備えて、そこの部分を重点的に取り上げ練習を行ってくれた。「この男は、すばらしい指導者だなあ・・・」と改めて思った一日だった。それだけでなく、私の様子を見て、割り当ての審判も全て行ってくれた。今日一日、ほとんど休むことなく行動してくれた健太郎コーチ、本当にありがとう!!きっと、その献身的な行動は、小学校の時の5・6年生の時の担任の先生の教えが良かったからできることなんだよね!担任の先生は誰だったの?とにかく、とても中味の濃い遠征だった。毎週でも関東に来たいなあ・・・・

 18時過ぎ、会場出発。高速道路は、少々渋滞気味。本当は、すごく疲れて運転など・・・と思うところなのだが、とても充実した一日を過ごしたせいか、運転は快調。なんと言っても、あれほど試合をして疲れているはずの子供達のテンションがものすごく高く、眠気などどこへやら・・・と言った感じだった。途中、あまりに遅い帰宅になってしまったお詫び!?に、子供達に夕食をご馳走。満腹感でいっぱいで上機嫌の子供達を見て、なぜか、「今日の遠征、大成功!」 と思わず独り言をつぶやいてしまった。帰路に着いたバスの中で、昨年のホワイトリバー全日本少年サッカー大会の軌跡と題して保護者のK氏が作成してくれたDVD(写真集)を全員で視聴。「昨年の成績を上回ろう!」と見終わった後、一人運転しながら絶叫するが、後ろの席からあまりいい反応が返ってこない。「自信ないのかな?」と思いミラー越しに子供達の様子を見ると、全員爆睡状態。その姿を見て、思わず一人微笑んでしまった。「がんばろうな、みんな!みんななら、きっとやれるよ!!!」

 21時45分、長い長い1日の遠征を終え、子供達を無事、保護者の方へ。お迎えご苦労様です。そして、選手のみなさん、本当に本当にお疲れ様!俺も、帰って早く寝るぞ~!と思っていると、メールが・・・。「今、○○○○○○○にいます。」とフットサルの山崎監督から。電話をすると、鈴木コーチと一緒とのこと。「来れば?」とお誘いの言葉。「いやだ、疲れてるから!」と心でつぶやきながら、家にバスを置き、車に乗り換え、○○○に・・・・。2時間、食事をしながら今日一日のサッカー談義。3人ともふらふらしながらも、ハイテンション。異常な盛り上がりだった。しかし、そんな私たち3人よりも、テンションの高いお客の集団が入店してきた。そして、その何人かが、こちらに近寄って来るではないか。「えっ、酔っぱらい!?」と思っていると、なんと、私のソフトボールクラブの仲間達でないか。(実は、なにをかくそう私は白河市のとある社会人のソフトボールクラブの一員で、かれこれ15年近く活動しています。チーム名は、ブラックターボ。この名を聞いて分かる人は、まさに通!この話をすると長くなるので今日はこれぐらいに。)とにかく、なんだかんだとあって、とにかくお先に失礼します!と退店。明日は、茨城県日立市でのフットサルの大会に我がVamos福島フットサルクラブが出場。2人とも、早朝出発ごくろうさま!明日一日、お世話になります!と別れを告げ、帰宅したのが深夜0時過ぎ。とりあえず風呂に入って、寝る前にとにかく今日のことを簡単にブログに書き込もうと思ったら、「えっ、もう2時!!!」簡単に切り上げるはずだったのに・・・・

明日は、と言うか、4時間後には起床し、栃木県那須で行われる新2・3年生の大会に。子供達の春休みの最終日に大会参加。春休みの良き思い出のひとつになるように、全身全霊を傾け子供達に関わっていきたいと思っている。そのためにも、今日の二の舞を踏まないようにしないと・・・今夜もこたつで就寝。もしかして、電話のベルは鳴らないよね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても、本当に長~~~~~い一日だったなあ。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック