Vamos福島
2013夏最後のイベント終了!
2013年夏、VAMOS福島スポーツクラブの最後のイベントとなる『2013夏サマーキャンプIN南会津第2弾』が本日無事終了しました。

参加した30名の子供たちにとって、この3日間が、2013夏の良き思い出の1ページになったものと確信しています。(もちろん大いなる願望を込めてそう思っているのですが・・・)


どのような3日間だったのか・・・・・・・


その様子は、今回は、毎晩、参加した子供たちの保護者の方々に一日の様子を伝えるために配信していたメールをそのまま記載する形でお知らせしたと思います。



【8月20日(火)キャンプ1日目】
夜分遅くに失礼します。VAMOS福島スポーツクラブより標記の方々に連絡します。ただいま20時50分、1日目の全日程を終了し、まもなく就寝時間となります。『明日の尾瀬沼ハイキングは、しっかり睡眠をとっておかないと、すっごくきついぞ~!』と先程のミーティングの時間にバッチリ脅しておきましたので(笑)、しっかり寝ることと思っています。本日は予定の時刻に南会津入りし、午前中は時折雨の降るあいにくの天気でしたが、子供たちはそんなことなど全くお構いなしに、と言うより、逆に雨を楽しむかのように、サッカー等々を思いっきり楽しんでいました。活動終了後昼食をとり、その後、魚つかみの会場へ移動。これまた雨が降っていたのですが、またまた子供たちには関係なし!(笑) 水着に着替えて2時間たっぷりと魚つかみに興じていました。施設の方が、『こんなに子供たちが元気で嬉しくなってしまいました!』と感心するほどでした。(魚つかみは、橋の下で行ったので、雨の影響はほとんどありませんでした。)その後、着替えを済ませ、待ちに待った魚食し会。こちらも施設の方が驚く食べっぷりで、ほとんどの子供たちは、『美味しい!美味しい!』と言って、魚の影も形もないほどペロリとたいらげていました。(2~3名の子供たちは、四苦八苦状態でしたが……(苦笑)) 元気な子供たちに、施設の方からのプレゼント!と言うことで、地元名産のばんでえ餅(確かそういう名前だったような……)とキュウリの漬物が振る舞われたのですが、あっ!と言うまに無くなってしまい、施設の方は唖然呆然でした!(大笑) 『来年もまた来いよ~!』と声を掛けられ、子供たちは、『来年も絶対来ます!』と元気よく返答。とても有意義な時間(約3時間)を過ごしました。その後、30分ほど移動し宿舎いり。温かい温泉に入ったり、洗濯をしたり、部屋で楽しく過ごしたり、夕食を食べたり、夏休みの宿題を1時間集中してやったり、明日のハイキング時のおやつになるお菓子が景品のビンゴゲームをやって大盛り上がりをしたり………今日一日、サッカー仲間と一緒にふるに楽しい時間を過ごしました。明日は尾瀬沼ハイキング。こちらの天気は良好!とのことですので、今日以上に楽しい時間を過ごさせようと思っています。と言うより、過酷で厳しい時間になること必至ですが……(苦笑) それでも、歩ききった後の爽快感はたまらないものがあるので、その思いを全員に味わわせたいと思っています。以上サマーキャンプ1日目の報告でした。☆薬の服用等々を参加承諾書に記載されていた方々へ しっかり服用させましたのでご安心下さい。 一昨日まで熱が出ていて心配されていた方へ 体温を測りましたら、36度2分でしたのでご安心下さい。 最後に皆様へ 子供たちは全員元気ですのでご安心下さい!




【8月21日(水)キャンプ2日目】
夜分遅くに失礼します。VAMOS福島スポーツクラブより標記の方々に連絡します。ただいま20時30分。キャンプ2日目の全日程を終了し子供たちは各部屋へ。21時頃には就寝となります。ただし、興奮してすぐには寝付けないと思いますが……なぜかと言うと………本日は6時に起床。6時30分からバスのラジオを聞きながらラジオ体操。その後朝食をとり尾瀬へ出発。30分ほどで到着し、9時30分からハイキング開始。終了が15時30分でしたので、6時間足が棒になるほどに歩いて歩いて歩きまくりました。引率の優コーチが携帯電話の万歩計で歩いた歩数を計測したのですが、なんと約30000歩弱の数値を叩き出しました。大人の足でその数字ですから、子供の足にしたら………また、途中からは雨が降りだし大変な思いをしたのですが、誰一人泣き言も弱音も吐かず最後まで歩き続け全員が完歩しました! (正直言うと、足が痛い!足が痛い!と弱音を吐いていたものが1名ほどおり、それは誰かと言うと、何を隠そうこの私で……(苦笑)) 『すっごく疲れたけど、すっごく楽しかった!』とは4年生のR君談。それでも帰りのバスの中は大爆睡!(笑)宿舎に戻った後は、温泉にゆっくりつかったり、洗濯をしたり、美味しい夕食を食べたり、夏休みの宿題をやったり……そして最後の最後に、子供たちからのリクエスト、『肝だめし』を敢行! あれだけ一日中歩いたのに、全然大丈夫!と言うので、宿舎の周りの暗闇をみんなでキャーキャーワーワー言いながら一塊になって歩いて来ました。脅かすだけ脅かしてあげたので、いくら就寝時間と言っても、しばらくしないとその興奮状態は冷めないかと……(笑) 明日はいよいよキャンプ最終日。本日と同じく6時起床。ラジオ体操をやり朝食。荷物の整理整頓、部屋の片付け等を済ませ、子供たちが楽しみにしているタイヤチューブラフティングの会場に向かいます。その後、バーベキュー、自然体験工作を行い帰路につきます。明日も一日、2013夏の良き思い出の1ページになるようしっかりサポートしたいと思っています。以上サマーキャンプ2日目の報告でした。 ☆追伸 優コーチのブログにこの2日間の様子が写真付きで記載されています。ぜひともご覧になって下さい。子供たちの元気な様子が手に取るように伝わるかと思いますので。



と言うのが2日間の様子を配信したメールでした。


と言うことで、本来は、既に無事解散したため、最終日のメール配信は行わないのですが、今日は特別バージョンとしてこのブログに記載したいと思います。





【8月22日(木)キャンプ3日目(最終日)】
深夜遅くに失礼します。VAMOS福島スポーツクラブです。ただいまの時刻、22時55分。子供達は、各部屋で・・・・・間違いました。各自我が家で、グッスリ睡眠中です!(笑)きっと、楽しかった夢を見ている頃でしょう。今日は、昨日同様、6時に起床し、6時30分からバスの前でラジオを聞きながらラジオ体操。子供たちの体操をする姿を見ながら、「今年の夏、何度子供たちとラジオ体操したかな。今日で最後かぁ・・・・」朝からなんだか一人しんみりしてしまいました。(苦笑) 体操後は、デザート付きの朝食に全員舌鼓! その後は、荷物の整理整頓、バスへの搬入、部屋の片付け等々を行い宿舎を出発。最終日の最初のプログラムは、『チューブラフティング』。冷たい冷たい川での遊びでしたが、1時間30分近く、誰一人として川からあがろうとせず、思いっきり水と、そして、仲間と戯れていました。終わりの挨拶の時に、係の方が、「みんなから元気をたくさんもらいました。ありがとう!」と言う言葉を子供たちに掛けてくれました。その言葉だけで子供たちがいかに元気満タンだったか想像できるかと思います。その後場所を移動し昼食。自然の屋外施設での『バーベキュー』。お腹ぺこぺこの子供たちの食事の姿は、それはそれは圧巻でした!(笑)私の隣で食べていた4年生のY君は、お肉もさることながら、ごはんを3杯もおかわりをして食べ、しまいには、「気持ち悪~い!」とほざくほどで・・・(苦笑)全て出されたものを平らげ、後片づけもバッチリ行い100点満点でした! 腹休めを兼ねて自由時間。とは言うものの、元気溌剌な子供たち。じっとなどしているわけもなく、山の中をカブト虫を捜したり、意味不明の○○探検隊!?なるものを結成して山の中を散策したり・・・・・。そしていよいよ今キャンプの最終プログラムである『木工クラフト』の会場へ。バーベキュー会場からクラフト会場までは、バスで30分ほどの移動距離だったのですが、子供たちはと言うと・・・・・もちろんお昼寝タイム!!(DVDを鑑賞していた者もいましたが、ほとんどの者は・・・)運転しながらバックミラー越しに見える子供たちの気持ちよさそうな寝顔を見ていて、こちらまで・・・・・とは言っても、そこはしっかり安全運転に徹しましたのであしからず! 会場に着くと、爆睡していた子供たちもシャキッと!! 遠征時でもそうですが、この切りかえがしっかりしているのが我がクラブの子供たち! 今回も・・・感心感心!(笑) 活動時間は、約1時間30分。係の方が、「こんなにみんながいろんなアイディアを出した作品を作ったのには正直ビックリしました!」と嬉しそうに子供たちの作品を写真に収めていたのが印象的でした。我が子の作品は、いかがだったでしょうか・・・・・活動前には、係の方から、「なぜ木工クラフトをするのか。それは地球温暖化につながるのだ。なぜかと言うと・・・・・」大変貴重な話を子供たちは聞き、自分達の活動の意義をしっかり学ぶことができました。実は、キャンプ第1弾の魚つかみの活動でも、「いただきます!とは、命を頂くこと。だから、いただきます!と言うんだよ。」と言う話をして頂き、遊びを通して、子供たちは普段学べないことを五感を通して体験を通して体得できたことに、このキャンプの主催者としてとっても嬉しく思うと同時に、そのようなことを語ってくれた係の方々に心からの敬意を感じました。最終プログラムを終了し、予定通りの時刻にバスを発車。解散場所に着く頃には、やはり子供たちは・・・・・・。それでも、おうちの方の姿を見つけるなり、みな目がぴかっと光り、元気復活!(笑) と言うことで、3日間の全日程を終了し、みな無事帰還!?しました。キャンプの趣旨を理解され、子供たちを参加させて頂いたことに感謝すると共に、この3日間が子供たちにとって、2013夏の良き思い出の1ページになってくれたらいいなあと思っています。以上サマーキャンプ最終日の報告でした。





サッカー仲間と過ごした3日間。メールには記載していなかったことが他にもたくさんたくさんありました。その中には、ハプニングも失敗もたくさんたくさんありました。それはぜひとも個人的に聞いてほしいと思っています。ただし、子供たちが話すかどうか分かりませんが・・・・(苦笑)


しかし、それら全てのことが、貴重な体験経験となり、今後の生活の中で、何らかの形で少しでも生かされるものと思っています。

そして何より、子供たちの今後の健やかなる成長の一翼を担ってくれるものと思っていますし、そうなってもらいたいと期待しています。


夏休みも残り3日間。5~6年生は、埼玉遠征、トレセン大会参加と最後の最後まで忙しい日々が続きますが、小学生の仕事は、もちろん学業!!(遊びも子供にとっては大切な仕事と個人的には思っていますが・・・)「サッカー三昧だったから、宿題が終わらなかった!」そんなことは言語道断! 成すべきことはきちんと成すことができる! それは、十分に分かっていると思うし、この夏、いや、毎夏、そのことについては、耳にたこ100000000個できるほど言ってきたので、大丈夫!そう思っているのですが、果たして・・・・・・・絶対に裏切るなよ!!!


以上、本日のブログ終了。この超大作!?、いや、長大作!?を最後まで読み切った方には、元先生から花丸をあげます!!(大笑)


☆今回のキャンプの写真も、前回のキャンプ(第1弾)に負けず劣らず、何百枚も撮影してきました。後日、吟味に吟味を重ね、写真集を作成し、少しでも早く皆様にお見せしたいと思っています。目標は、明日日中にその作業を行い、夜までにはホームページ内サマーキャンプ第2弾コーナーに掲載したいと思っているのですが、果たして・・・・・・乞うご期待!
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック