Vamos福島
2013サマーキャンプIN南会津第2弾開催!
バスの応急手当入院!?作業から始まった一日。

病状!?はあまり芳しくはなく・・・・・・けれど、名医!?のおかげで、明日からのサマーキャンプ期間の使用は問題ない状態に。その処置法を見て、思わず感心してしまいました。

これなら問題なし!! 素人目に見てもその快復ぶりに驚愕!  キャンプ参加の方々は、大安心下さって結構です! (キャンプ終了後、週末の遠征に備えて再度入院!?し、完璧な快復となります。)



日中は、キャンプ時に行う『ビンゴゲーム』の景品の買い出し。すばらしい景品の数々。乞うご期待!!

昨年に引き続きお菓子のオンパレードですけどね・・・・(笑) ☆第1弾キャンプのビンゴの景品はオモチャ、第2弾はお菓子、これが未来永劫不変の決まりです!!(大笑)


その後事務所入りし、滞っていた仕事の山を一つ一つ片付け・・・・・そのメーンの作業が、サマーキャンプ第1弾の写真集作り&ホームページ掲載。膨大に撮影した写真の中から厳選に厳選を重ね・・・・・・途中、その作業に気が変になりそうでしたが(苦笑)、「この写真を見ながら楽しかった3日間のことを子供たちに思い出してほしい!」「子供たちがどんな3日間を過ごしてきたのか、その都度メールにてその様子を伝えていたものの、気になっていた保護者の方もいたはず。そんな保護者の方々に時系列で様子を感じ取ってほしい!」「今回キャンプに参加しなかった子供たちに、その楽しさを伝え、来年はぜひとも参加してほしい!」etcそんな思いに支えられ、約2時間の作業に従事。血と汗と涙の結晶!?をホームページ内トップページに掲載しました。とくとご覧あれ!


夕方は、久しぶりのジュニアクラスのトレーニング。夏休み中なので、どれほどの人が来るのか・・・・少々不安なところもありましたが、不安一掃!!


久しぶりにグランドにこだまする歓声!!  ただし、グランドはあちこちに雑草が・・・・(泣)


サッカー仲間との再会。最初はどこかぎくしゃくした感も、ボール一つで解消!!


今にも降り出しそうな雨も、そんな子供たちの姿を見守るかのようにじっとじっと耐え続け、終了した時点で・・・・・サッカーの神様に感謝! 天の神様に感謝!


トレーニング終了後は、再び事務所に戻り、明日からのキャンプの準備と、昨日のブログの写真へのコメント書き。(昨日の写真にコメントが入りましたので、再読下さい!)


と言うわけで、暁星学園にお詫びの出向ができませんでした。この場を借りて深くお詫び申し上げます。これに懲りずに、ぜひとも来年もお声を掛けて頂きたいのですが・・・・・・・本当に申し訳ございませんでした!!




明日から3日間、2013夏のクラブ主催の最後のイベントとなる『2013夏サマーキャンプIN南会津第2弾』を開催します。


天候がちょっと・・・・・・・・得意の気合いと根性で吹き飛ばして見せます!! 奥の細道フェスティバルの時もそんなことを言っておいて、2日間雨と雷にたたられたのですが・・・・・(苦笑) それでも、2日間充実した時を過ごせたので、今回も・・・・・・!!!


サッカー&サッカー式フットベースボールから幕を明け、川での魚つかみ&魚食し会、温泉宿での宿泊、サッカー仲間との楽しい夜、夏休みの宿題タイム、ビンゴゲーム、ラジオ体操、尾瀬沼ハイキング、カブト虫採集、川でのタイヤチューブラフティング、バーベキュー、自然工作体験教室etc  


参加する30名近くの子供たちに、2013夏の最後の思い出の1ページをしっかり贈呈できるよう、全力を挙げて従事したいと思っています!!


第1弾の子供たちのたくさんたくさんの笑顔に負けないぐらいの笑顔の花を、たくさんたくさん咲かせようと思っています!!




※本日の高校野球準々決勝戦の第3試合。9回2アウトまで、2対0で負けていたチームが、相手エースの思わぬハプニングによる交代、相手チームのたったひとつのエラー、そんな偶然の奇遇!?に乗じて、3対2で試合をひっくり返す奇蹟の大逆転劇!の試合。 『野球は2アウトから』と言われているけれど、それを実現し目の当たりにできたことへの感動!! 『最後まであきらめないこと』まさにこの言葉の真意を裏付ける試合内容に感激!!サッカーも試合終了のホイッスルが鳴るまでは決して決して・・・・・・・・・逆転されたチームのことを考えると、エラーした選手のことを考えると、大喜びすることはできないが、彼が彼らがこの大どんでん返しされたことをきっかけに、野球の奥深さを痛感し、更に野球に打ち込み成長していってほしい!そう願っています。『涙の数だけ強くなれるよ』たくさんの涙を流してきた人間が言うのですから、間違いなし!!

それにしても、本当にすごい試合だった。メークドラマとはまさにああいう試合のことを言うのだろうなあ・・・
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック