Vamos福島
ポジティブシンキング
第2回「Kizuna~きずな~in千曲」を企画して下さった方々へ


先日は、ぼくたちを第2回「Kizuna~きずな~in千曲」に招待して下さり、本当にありがとうございました。さらに、東日本大震災の支援も、とてもありがたく思っています。

ぼくは、この2日間で、いろいろな思い出ができました。素晴らしい人工芝グランドでのサッカー、ホテルでの出来事、サッカーの試合でまだやったとのない選手・チームとやれて刺激を受けながら交流できたこと、そして何より、長野のチームの子と楽しく話してバンドも交換し友達をつくれたこと、すべて、この交流試合を企画・支援して下さったたくさんの方々のおかげです。

東日本大震災から約2年と3ヶ月がたちました。あの日の出来事は、今でも思い返すとおそろしくなります。今でも余震が起きることがあって、ときどき不安になります。でも、サッカーをしているとその不安も忘れ、思いっきり生きることができるのです。この大会で、いっそう不安が吹き飛んだ気がします。

この大会で学んだことをバネにして、サッカーのことはもちろん、「ぼくたちは一人じゃない。応援してくれている人が必ずいる。」と言うことも、後輩に伝えていきたいです。改めて、この大会に招待して下さり、本当にありがとうございました。   


Vamos福島ホワイトリバーフットボールクラブ 6年 K.K 





先日のブログに記載した長野県での被災地復興支援フェスティバル。長野県から福島県に戻り、解散する際に、

「サッカーノートに、今回のフェスティバルに参加した感想を書いてきて提出すること。そのままコピーして、御礼の手紙として事務局の方に送るので。」そう話しをした。


昨日のトレーニング時に提出されたノートには、様々な思いがしたためられ・・・・・・・・

上記に記載したものは、6年生のK君の御礼状。子供なりの思いがしっかりと記されていて、思わず胸が熱くなってしまいました。他にも、たくさんの子供たちの思いを感じ、改めてこのフェスティバルに参加させて頂き良かった!そう思いました。


「ぼくたちは一人じゃない。応援してくれている人がいる。」


どんな状況下に置かれようとも、21世紀の福島の、日本の未来を担う子供たちが健やかに成長することができるよう、しっかりと尽力していかねば! この一文を読んで、変な言い方ですが、思わず武者震い!?してしまいました。


改めてフェスティバルを開催しご招待下さった、千曲市サッカー協会の方々をはじめ、長野県の皆様に、心より感謝申し上げます!!






話は変わって、先日のNHK放送『プロフェッショナル』を見た方はおりますか?


見てない!  あれほど、私が宣伝したにも関わらず・・・・・(泣)


気を取り直して・・・・・・・(苦笑)


今回の番組に取り上げられた人物は、日本代表の本田選手。実は、以前にも本田選手の特集が組まれ、今回は、その続編と言った感じでした。

改めて、彼の凄さを感じると共に彼の生きる道を垣間見た! そんな感じがしました。


「世界一の選手になる!それには・・・・・」彼のその言葉の実現に向けての本気度が、ブラウン管からびしばしと伝わってきました。

また、彼のサッカー人生はけがとの戦い、いや、けがとの二人三脚!?なのだと知りました。


二人三脚って!???


変な言い方ですが、まさに思ったことを言葉にするとそんな表現になるのです。


「けがをしたことで、がっかりも落ち込みもしない。これは、この間に、もっともっと体を鍛えよ!そう神様が言って俺にくれたプレゼントタイムなのだから!」


その言葉を言い切れる凄さ、そして、その言葉にうそなど微塵もないことを証明する彼の行動ぶり。


「必ず優勝する! 大会前にそんな大口を叩いたのだから、どんな批判も中傷も受け止める。」


先日行われたコンフェデで3連敗し予選敗退した後に彼の語った言葉。



1年後のワールドカップの舞台で、必ずや彼の輝く姿を見ることができる! 今回の番組を見て、改めてそう感じました。


本田選手が好きだとか嫌いだとかどうのこうのよりも、夢に向かって何の躊躇もせずに爆心する人の生き様は、本当に心の底から惚れ惚れするほど素晴らしくもあり、羨ましくもあり・・・・・・・・・





今春より故郷を離れ親元を離れ、夢を叶えるべく静岡県に移住した遠藤純さん。


順風満帆の船出をしたはずが、極度の膝痛に襲われ、5月上旬より6週間の安静を宣告され、サッカーはもちろんのこと、運動すること全てを禁止された。


活発そのもの!だった彼女にとって、生まれて初めて体感する『挫折』(上手い表現が見当たらないので・・・)だったように思います。


しかも、保育園時代からサッカーをはじめ、8年間これほどまでにサッカーが出来ないことはなかった彼女。


この6週間の苦悶は、想像を絶するほどに・・・・・・・・・・・・・・・




「やっとサッカーできた! 超嬉しい!!」

6月中旬に届いたメールに、全ての思いが凝縮されている! そんなことを感じ、嬉しくもあり、親としてそんな時にそばにいてやることができずに、申し訳ない気持ちでいっぱいにもなり・・・・・・



6月28日(金)~7月1日(月)の4日間、大阪府堺市で行われた『JFAエリートプログラム女子U13トレーニングキャンプ』に参加した純さん。


日本全国より招集された25名の精鋭達と過ごした純さんの感想は・・・・・


「すご~くきつかったけど、すご~く楽しかった! 友達がたくさんできた!!」 とのこと。(彼女のメールより)


代表に選ばれるとかどうとか言うよりも、サッカーができる喜びを大いに感じ、一歩ずつ焦らず着実に確実にじっくりと夢実現に向けて歩んでいってほしい! 親としてそして、彼女のサッカー人生の8年間に関わった指導者としてそう思わずにはいられません。



7月末から8月上旬にかけて大阪府で行われる全日本U15女子サッカー全国大会。後輩と一緒に大応援するから待ってろよ、純~~~!!!

目指せ、日本代表!!


☆今日の幼稚園の復興活動は、こまちゃんが急遽の私用で欠席。えんちゃん一人での従事でした。「こまっちゃんがいないから・・・・」そんな風に子供たちに思わせてはいけない!! そう思い、ハリキリ1000000%マックス状態!!!(苦笑) そのかいあって、活動終了後は、子供達の笑顔があちらこちらに!!! ホッと安心すると共に、ドッと疲れが出て・・・・・(苦苦苦笑)

そんな時に、災い!?が棚からぼた餅!?のように転がりこんで来て・・・・・・・・・

災いって何!???

話せば長くなるのでここでは割愛。いつの日か・・・・・それにしても本当に良かった~!!!!

災いの一つ。自宅のインターネットが原因不明で使用不能になっていて、ブログを自宅からは書き込めない状態。そのため、先程ジュニアユースの中学生を送り届け、そのまま自宅に戻らずに事務所へ直行。そしてこのブログを・・・・・・


さすがにお腹ぺっこぺこ! 帰ってノンアルコールビールを飲むのが楽しみ楽しみ~!!

ノンアルコールなの!???


はい、私はノンアルコールビールで酔えるんです!!!(笑)


それでは帰ります。さよなら、さよなら、さよなら!!!


☆最後におまけ話。本日夕方、8月に行う『2013サマーキャンプIN南会津』第1弾・第2弾のチラシを掲載し、明日会員の方々に参加の募集の案内メールを配信しようと思っていたのですが、なななんと、既に18名の方から参加希望のメールを受けました。まだ、ホームページに掲載したことをお知らせしていないのに、これだけの人たちがホームページをチェックし、そして、イベントの趣旨を理解し申込をしてくれた! 嬉しい悲鳴を一人で上げてしまいました!!(笑)

明日日中に正式に参加募集のお知らせをします。ふるってご参加下さい!!!!!
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック