Vamos福島
深い~話!
貴方が人生に行き詰まってどうしていいか分からないと思う時、一日が24時間では足りないと思う時、マヨネーズの瓶とカップ2杯のコーヒーのことを思い出して下さい。

ある大学教授が哲学科の教室で生徒達の前に立っていました。いくつかの品物を前に置いて。
授業の初めに教授は無言で、大きな空っぽのマヨネーズの瓶を取り上げ、その中にゴルフボールを入れ始めました。瓶が一杯になった時、教授は学生達に、この瓶は一杯だと思うかと尋ねました。学生たちは、そう思うと答えました。

次に教授は小石の入った箱を取り出して、小石を瓶に移し、瓶を軽くゆすりました。小石はゴルフボールとゴルフボールの隙間にはいりこみました。そこでまた教授は学生達に、「瓶は一杯か?」とたずね、学生たちは、「そうです。」と答えました。

続いて教授は砂の入った箱を取り出し、砂を瓶の中に入れました。当然、砂は瓶の中の残っている隙間にはいりこみました。教授はまた、「瓶は一杯か?」と尋ねました。学生たちは異口同音に、「はい。」と答えました。

さらに、教授はコーヒーの入ったカップを二つ持ち出して、マヨネーズの瓶にそれを注ぎ込みました。コーヒーは、砂の中に浸み込んで行きました。 学生たちは笑い出しました。「さて、」笑いが収まるのを待って教授は話し始めました。

「この瓶を人生だと思ってごらん?ゴルフボールが表わしているのは、大切なものだ。 家族とか、子供たち; 健康; 友達; 夢中になれるもの―― もし仮に、他のものが全部なくなっても、これさえあれば良いと言えるものだ。小石はその外の比較的大事なもの、仕事とか、家、車などのようなものだ。砂は、その他のいろんな物事―どうでもいいものだ。もし、最初に砂をこの瓶にいれてしまったら、小石やゴルフボールの入る余地は無くなってしまう。」

「人生も同じことだ。もし、どうでも良いような事に時間や労力をつぎ込めば、大事な物事の入る場所はなくなってしまう。だから・・・君たちは、自分にとって掛替えのないものに注意をしなさい。子供たちと遊び、健康診断のために時間を作り、奥さんを連れて食事に出かけなさい。家の掃除や、ゴミの始末は後で出来るさ。先ず第一に、ゴルフボールをいれること、つまり、本当に大事なものを先にするのさ。それさえちゃんとしておけば、後の物事は砂みたいに何所にでもはいるのさ。」

一人の学生が手をあげて、コーヒーは何を表わしているのかと、尋ねました。教授は「良い質問だ」と、笑顔で答えました。
「どんなに忙しくても、友達と一緒にコーヒーの一杯や二杯飲む時間ぐらい、その気になれば見つかると云う事さ。」




☆エナブル碓井氏のブログに掲載されていたものです。この話を読んだ時、思わず、「深い~! 深い~! 深い~!」とボタンを連発して押してしまいました。(笑) ぜひとも皆さんにも紹介したいと思い、碓井氏の許可を得てこのブログにも掲載させて頂きました。 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック