Vamos福島
巡るめく想い
明後日に迫った『平成24年度クラブ旅立ちの会』

旅立つ者も、送り出す者も、いろんな想いが駆け巡っている今日この頃。(と言っても、子供たちの様子を見ていると寂寞感など微塵も感じられないが・・・(苦笑) しかし、それは健全な証拠。明るい未来に向かっての大いなる船出なのだから! 感慨に浸っているのは、涙もろくなった老人だけ!? それって・・・(苦笑))


「これも大切なトレーニング! サッカーは仲間を思いやるチームスポーツなのだから!」


そう言って今週のトレーニング時に行った、色紙へのコメント書き。

想いを込めて2
想いを込めて3
想いを込めて1




一人一人が一人一人にそれぞれにいろんな想いを巡らしそれぞれの想いを記していく。


なんとも言えない神妙な雰囲気。見ているだけで老人!?の心は・・・・・・・・(笑)



とにかく、日曜日の会は、思い出の1ページになるように、スタッフ一同全力でがんばります!!


だから、みんなも会の前の試合を全力でお腹がペコペコになるまでがんばってくること!!  美味しい美味しいお食事が待ってるから!!(笑)




☆7名のジュニアユースの選手の卒団証書書きに奮闘している小松コーチ。「学校の先生が通知票を書く気分ってこんな感じなのか・・・・」頭をフル回転でがんばるべし!!(笑)

☆旅立ちの会で最後に毎年締めで歌うあの歌を、「生伴奏で今年はやりたい!」そう言って、日中の保育園・夜のバイトと朝から晩まで休みなく働く強行日程の合間を縫いながら、早朝深夜とピアノに向き合っている優コーチ。それ以外にも、秘密のプレゼント作りにせっせと取り組み・・・・・やるっきゃない!! 子供たちがまっている!!(笑)



最後に、締めの歌を掲載します。みなさん、しっかり練習しておきましょう! 

 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック