Vamos福島
第8回みちのくカップフットサル大会
ようやくようやく来月上旬に行われる『第8回みちのくカップフットサル大会』の組合せ及び日程等々の作成が、たった今終了しました。

毎年行っているのに、今回は、この作業に相当な時間を費やすこととなり・・・・・


と言うのも、前回までの大会からどの部門も(開催部門は、小学2年生以下のU-8の部・小学4年生以下のU-10の部・小学6年生以下のU-12の部の三つの部門)チーム数を増やしての大会開催になるため、今までのデータが使えなくなり、更にその上、そのやりくりに苦慮し・・・・・(泣)


特にU12の部の日程作りには、本当頭の中味が爆発寸前になり・・・・・・・(大泣)



先ほどの完成を迎えるまで1週間近く、クラクラクラクラになり・・・・・・・



とにもかくにも、明日ホームページのみちのくカップコーナーに掲載します。



ここまで辿り着いたので、今は、ほっとひと安心!!(笑)








けれど、今大会開催に関しては、悲しいと言うかとっても申し訳ない気持ちになっていて・・・・・



実は、クラブ主催の大会にも関わらず、我がVamos福島フットサルクラブが参加することができないことになってしまい・・・・・



同日に、福島県内の今年度の最後のフットサル大会、『郡山カップ福島県大会』が行われ、我がフットサルクラブは、先日行われた地区予選を勝ち抜き、その県大会に出場することとなり・・・・・・



今から言うことは、言い訳でも批判でも何でもなく、ただフットサルクラブの子供たちに申し訳ない思いから湧き上がってきた感情なので、聞き流して下さって結構です!



毎年この郡山カップ県大会は今回で7回目で、今までずっと2月の中旬から下旬にかけて行われていて、我がクラブ主催の大会とは、過去6年間一度も重複したことはなく、今年も当然その時期に行われると思っていて、福島県サッカー協会のホームページにも2月16日・17日少年の部開催と記載されているのを事前に確認していたので・・・・・しししかし、ふたを開けてみると、今年はなななんと、2月上旬開催となり・・・・・ ホームページの記載も間違っていたと言うし・・・・・・・・ 正直なんでなんでなんで・・・・の連発になり・・・・・


期日が重複したことを知ったのは、既に我がクラブ主催の大会の告知を行い、たくさんのチームの方々に参加の打診を行い参加受諾の回答が続々集まってきた後で・・・・・


それでも、やはり同日では・・・・・そう思い、大会会場となる体育館に別な日は空いていないものかとダメ元で聞いてみたが、予想通り、×!!


それもそのはずで、今回の大会の期日を抑えたのは、今から1年前で、使用頻度の高い体育館、特に週末は各種室内スポーツの大会が目白押しで、今さら押さえられるわけもなく・・・・・・・


別に誰も恨んでもいないし、愚痴を言ってるつもりもないし、自分を責めてるつもりもないのだけれど、でもでもでもでも・・・・・・・


「なんで同じ日に大会やるの!? 最後のみちのくカップ出たかったのに・・・・・」


ぼそっと呟やかれたその言葉が重くて重くて・・・・・・・



フットサルクラブのみんながみんな果たしてそう思っているかどうか分からないけれど、上記の言葉を吐露したJさんのようにがっかりしている子供たちがいたとするなら、


本当にごめんなさい! そう謝るしかない気持ちでいっぱいで・・・・・・・本当に、ごめんなさい!!



みちのくなんかより郡山カップの方が大切に決まってるよ!



それならそれで結構なのだけれど、確実に残念がってる声も届いているのが現状で・・・・・・



その思いを胸に秘め、県大会でがんばってこい!! それしか今は言いようがなく・・・・ごめんなさい









そんなこんなで、とにかく今年もみちのくカップフットサル大会を開催します。

U8の部12チーム・U10の部12チーム・U12の部20チーム、約500名の子供たちが、遠くは埼玉県、新潟県、茨城県、宮城県、栃木県、そして福島県内各地から今大会に参加してくれます。


クラブの子供たちも、各部門に計60名ほど参加します。


なかには、「久しぶりの大会で、今から子供も私もわくわくしています!」と、メールを下さる保護者の方もいました。





会場作成から当日の運営、はたまた片付け等々、保護者の皆様には大変なご尽力を頂くようになりますが、ご自分の子供のためはもちろんのこと、参加する全ての子供たちが、今大会を通して、そして何よりここ福島県白河市の地で、有意義な時間を過ごすことができるように、思い出深い時間を過ごすことができますように、なにとぞご協力のほど、よろしくお願い致します!!
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック