Vamos福島
ご声援ありがとうございました!
福島県代表として出場した『第22回バーモントカップ少年フットサル大会全国大会』が昨日閉幕しました。

結果は、予選リーグ3戦3敗(1対2● 1対6● 3対5●)。1勝も出来ませんでした。

しかし、選手も指導者も、たくさんの思いを胸に抱き、福島魂をひっさげ、持てる力を全て出し切った結果です。


本当に出し切った!???


本当は・・・・ と言いたいところですが、結果が全て!! 何をどう言おうとも、記録重視!の世の中!?ですから、ここは敢て男は黙って・・・・(苦笑)


ただし、この3試合、全国の舞台で選手そして指導者が感じたものは、これから歩んでいく道のりの中に、大きな大きな一石を投じてくれたものと確信しています。

どんな一石!?


それは、これから彼ら彼女らがその証を見せてくれるものと思っています。もちろん指導者も・・・


ちなみに、チームとしての結果は記録として輝かしい痕跡を残すことはできませんでしたが、今大会に参加した女子選手の中で、最も活躍した選手に贈られる『なでしこ賞』に、今大会でチームが挙げた5得点の内、3得点をその左足から叩き出した「遠藤純選手」が受賞しました。



最後になりますが、今大会出場に際し、たくさんたくさんたくさんの方々から、たくさんたくさんたくさんのご支援を頂きました。


また、大会期間中、たくさんたくさんたくさんの方々が会場にお越し下さり、たくさんたくさんたくさんのご声援を頂きました。


この場を借りて熱く厚く御礼申し上げます。


と共に、皆さんの思い、皆さんの声は、選手や指導者にとって、今大会の期間中、何よりのパワーや勇気・・・を与えて下さったことをこの場を借りてご報告申し上げます。


子供たちは、今回のほろ苦い経験をプラス思考に変換し、輝かしい明日に向かってすでに歩みを始めています。


そんな子供たちを、これからも温かく温かく見守ってあげていって下さい。



私も指導者として、ひとりの大人として、そしてひとりの親として、全力でバックアップしていこうと思っています。




☆今大会優勝したチームの横断幕に掲げられていた言葉

【夢があるから強くなれる】



心の奥底まで沁み渡った言葉でした。




[全国大会出場おめでとう!! 颯馬・輝・永眞・純・輝歩・涼佑・健土・実己・紹煕・瑞稀・翔]
全国5

[かっこ良かったよ!]
全国3

[全国の精鋭の仲間入りした瞬間! まぶしかったよ!]
全国4

[君たちは困難に打ち勝ち、逆境の中でも前を向いて歩む福島の代表だ!]
全国0

[だから、チームの略称も【バモス】にしないであえて【フクシマ】にしました!]
全国2

[わざわざ福島から駆けつけてくれた仲間の声援、心強かったね!]
全国7

[夢の舞台は、少々ほろ苦かったね。でもね、良薬口に苦し! それが後になって必ず効いてくるんだよ!]
全国1

[大会2日目。宿舎から試合会場へ向う移動中に立ち寄った東京都庁。こんなでっかい人間になるんだぞ!]
全国8

[予定になかった暁星アストラさんとの交流試合。再始動するための良い時間となったね。アストラとは、ラテン語で『☆』を意味します。みんな、福島の、いや、日本の星となれ!!]
全国9

[最高の仲間だね!]
全国10

[俺たちも最高の仲間だよ!]
全国6



みんな、どうもありがとう! 




感謝の気持ちでいっぱいです!!!




*明日、1月8日(火)福島限定TUFニュース番組「スイッチ」18:15頃~必見!!!
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック