Vamos福島
静岡遠征4日目報告
「ドリブルしかしてこねえんだから、10人で囲めばいいだろう!」

「今回の大会で最悪の試合だった! ありゃ、サッカーなんかじゃねえよ!」


本日の我がU11のチーム(5年生チーム)と対戦した相手監督が、試合中に自分のチームの選手に怒鳴りまくっていた言葉、そして、試合終了後に、聞こえよがしに発してきた言葉。


その言葉を我が子供たちは、どんな思いで聞きながらプレーしていたのだろうか・・・・・


パスで逃げたい!!  もっともっと上手くなって全員ぶち抜きたい!!


どちらの思いを抱いていたのだろうか・・・・・・・


試合後、間髪入れずにすぐにドリブル練習に励む子供たち。この光景を、怒鳴り散らしていたあの方には、どんな風に映ったのだろうか・・・・まっ、振り向きもしていないとは思うが・・・・・・




「とても面白いチームですね。もの凄く勉強になりました。ありがとうございました。」


昨日、我がU12チーム(6年生チーム)と対戦したチームの、元Jリーガーの監督さんが手を差し出しながら発した言葉。


結果的には0対1で敗戦したのだが、内容を評価して頂けたことに対し、大変嬉しくなると共に感謝の気持ちでいっぱいになった、と同時に、もっともっともっともっとがんばらなければ、いや、がんばらさせねば・・・・しみじみとそう思った。そのため、試合後のミーティングでは激高し・・・・(苦笑)



磨いて磨いて磨きまくる!!  どんなに最低の評価を下されようとも、信じた道を子供たちとともに突き進もう! 必ずや道は拓ける!!  



5年生チームのみんな、今度あのチームと対戦した時には、どんなにボールに群がって来ようとも、100人かかってこようとも、ボールに触らせずに、がんがんゴールにボールをたたき込んでやろうぜ!! 


そのためにも、一に練習二に練習、三も四も五も・・・・・・・練習あるのみ!! 

(6年生も1年前はけちょんけちょんにされていたんだから・・・・・勝って奢らず、負けて腐らず! みんなのゴールはま~だま~だ先なんだから! 焦らずじっくり確実に、今できることを精一杯にがんばっていこう!!)




遠征も4日目。優コーチの本日のブログに記載されているように、疲れが目に見えてきている者が続出してきており・・・・・・



それでも、誰一人脱落することなく、この4日間をがんばっていることは◎◎◎!



優コーチのブログを読んで、我が子は・・・・・きっと不安な気持ちでいっぱいになっている保護者の方も多数いるのではないかと思っています。



しかし、その苦難を乗り越えてこそ、ひとかわもふたかわもむけた、たくましさが身に付くのです。


スタッフも、そんな子供たちの明日を見据えて全力で本気で子供たちに関わっています。


そこまでしなくても・・・・・・



大丈夫です。そんなに子供たちはやわじゃありません。


それが証拠に、あちらこちらでキラキラ輝く笑顔が炸裂!?しておりますので!!!(笑)


以下にその笑顔の一端を・・・・・




【試合後に訪れた大浜公園内プールでの笑顔・・・・】
遠征4日目5

【サッカー祭りに参加した後に行ったクルージングでの笑顔・・・・】
遠征4日目2

【子供たちと日々格闘!?しながらもスタッフも笑顔・・・・】
遠征4日目4



遠征も残りあと二日間。子供たちは、とってもがんばっています。


遠き地より、ご声援よろしくお願い致します!






雲間から顔を出した富士山を見て、そう言えばここは静岡県だったんだなあ・・・などとわけのわからないことを考えてしまった今日この頃でした・・・(大苦笑)
遠征4日目1
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック