Vamos福島
いろ~んな思いに触れるたびに・・・・・・
「おばあちゃんの家にも一人で泊まれない○○ですが、可愛い子には旅させよ!と言うことで・・・・参加させることにしました。」



7月下旬から8月上旬にかけて行われる【サマーキャンプIN南会津2012】に先日参加希望をしてきた1年生の○○君のお母さんよりのメール







「まるっきりサッカー未経験ですが、体を動かすことは大好きです。来年1年生の女の子ですが、こんな子でもキッズサッカーフェスティバルに参加できますか?」



7月下旬に行われる【キッズサッカーフェスティバル】に関する問い合わせをしてきて、「そんな子のためのフェスティバルです!」と伝えると、早速申し込みをして下さった方からのメール








「VAMOSの活動に少しでも協力させて下さい!」


7月28日~29日にかけて2年ぶりに開催する、クラブ主催の夏の一大イベントである【第11回奥の細道サッカーフェスティバル】に、目ん玉が飛び出るくらいの協賛を頂いた○○社様。ホームページに広告を掲載することが協賛を頂くの条件にだったにも関わらず、それは必要ないので協賛金だけ受け取って下さいと広告掲載を辞退され・・・・・






「些細なことだけど一言一言に元気を貰っている今日この頃です。」


様々な思いを胸に秘め、新潟での修行を切り上げ帰郷してきた優コーチのブログに記された言葉。今はただ、一日一日を夢中になり汗だくになって子供たちとサッカーと向き合っていくことが何よりの処方箋と思うわけで・・・







「子供にサッカーをもう一度やらせてあげたいのです。」


6月中旬に私のブログを機に一度はクラブを去ったものの、先日、並々ならぬ思いで連絡を下さり、クラブに復帰した○○君のお母さんからの深い思いの詰まったメールの中の一文









「あれから1年経ったんだね・・・・・・・」


昨日の父の命日に身内が実家に集まり、亡き父を偲んでみんなで夕食をとっていた時にお袋がポツリと淋しげに呟いた一言・・・・・・・生前、夫婦水入らずでどこか旅行に行きたい!と親父がコツコツ貯めていたと言う500円玉貯金箱を突然お袋が持ち出してきて、「お父さんと旅行にはもう行けないから、このお金はじいちゃんからの最後のお小遣いと思って受け取ってほしい」そう言って貯金箱を開け、大量の500円玉を1枚1枚宝物を手に取るように取り出すお袋、そして、その500円玉を神妙な面もちで受け取る孫達・・・・・・









いろ~んな思いやいろ~んな言葉に触れ合うたびに、身の引きしまる思いがしたり、熱い思いがこみ上げてきたり、心が揺さぶられたり・・・・・・・・・・・・・・





そんな今日この頃です。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック