Vamos福島
一難去ってまた十難!?
タイトルを記入してから数十分・・・・・・・・・・・・


このブログを書くべきかどうか悩みに悩み・・・・・・・・


また、いつもの暗いブログ!?


そう思われた方は、読むのはお辞め下さい。









夢破れてからと言うもの、正直、何も手につかないまま過ごしたここ数日。


それでも、何とか気を奮い立たせながら過ごしてきたのだが・・・・・・



本日、いつものようにホームグランドとして利用させて頂いている公園に行くと・・・・・・・


なんと使用不能の状態に・・・・・・・


本日から3ヶ月間グランドが使用できなくなってしまった。


理由は・・・・・・


公園の芝生化を行うとのこと


良かったじゃないか! グランドが芝生になるなんて!!


「VAMOSさんが使用している公園を芝生にすることにしました。ですので3ヶ月ほど使用できなくなります。工事は、7月位から行う予定です。」


寝耳に水!?の行政の方からこの連絡を受け取ったのが今月の上旬。


「え~っ、それは困ります。練習する場所が・・・・・」


そんな声はどこ吹く風風風・・・・・・・・


目の前の現実を受け入れられないまま、とにかく今月中に代替の場所を捜さないと・・・・・・


と言っても、すぐに思い浮かぶ場所もなく・・・・・・・・・・



今から数年前、日本サッカー協会の日本全国芝生化運動の一環で、ポット苗を無数に無償提供できる事業があり、その際、これはとても良い! 行政に働きかけてこの事業を私たちが使用させて頂いている公園に展開したい!そう思い、行政に働きかけたところ・・・・・・


「グランドの形状が変わるので無理です!」


理解不能な理由を突きつけられそしてきっぱりと断られ・・・・・・・


借りている身分としては仕方がない・・・・・・・・何度も何度も言い聞かせ・・・・・・




その後起こった東日本大震災そして原発事故


1年以上の歳月放置されたグランド


そして余儀なくされた屋内活動



でごぼこで草があちこちに生えていたグランドを、クラブの方々からの寄付を募り、すばらしい状態に整地したにも関わらず、原発事故の影響で使用不能に・・・・・・


みるみるうちにグランドは荒れ地と化し・・・・・・・・


そんなグランドが1年以上の時を経てようやく表土除去(除染作業)され、4月半ばよりやっとやっと屋外活動ができるようになり、みんなで石拾いをし、グランド整地ブラシをたくさん購入し、来る日も来る日もブラッシングし、使いやすいすばらしいグランドにし、さあこれから!と思った矢先、今回の話を聞かされ・・・・・・


あれからたった2ヶ月・・・・・・・・


グランドが芝生になるんだから念願叶ったでしょ!


以前に私が行政に話を持ちかけた時とは状況が異なっており・・・・・・


屋外活動ができる喜びをようやく手にしたと言うのに・・・・・



とにかく7月から活動できる会場を捜して万全を期した状態でクラブ員の方々にはお知らせしないと・・・・・



それがせめてものクラブの役目・・・・・そう思っていろいろと会場をあたっていた矢先、本日グランドに行ってみると、重機がグランドを占領しており・・・・・・・


「え~っ、7月からじゃなかったの!?」


思わずその光景を見て絶句・・・・・・・・







子供たちの力を十分に引き出すことができず、子供たちに悔し涙で頬を濡らさせてしまった自分の不甲斐なさを攻めに攻めるのだがどうして良いか分からず悶々とした日々を過ごしていて・・・・・・・・



応援の仕方について良かれと思って意を決して苦言を呈したブログが原因となり、大きな反感を買い、「そんな考えを持つ指導者がいるクラブでは我が子は活動させることはできない!」と激怒され、今まで手塩にかけて育成してきた選手がクラブを去り・・・・・・・


我が家の恥をさらすようだが、我が子がちょっとしたトラブルを引き起こし、「あなたは他人の子供の面倒ばかり見ているようだが、自分の子供の教育が全くなっていない!」と罵られ罵倒され、ただひたすら陳謝を繰り返すことがあり・・・・・・




こんなブログを書くと、



いい気味だ!!!!!!



そう言いながら、無数の人達にほくそ笑まれそうだが、全ては否定しようのない現実であり・・・・・・・・



今から数年前、「おまえは詐欺師だ!」と罵られたこともあり、今でもその言葉は耳から離れず・・・・・・・








それでも先日、20数年前の教え子から、突然それはそれは心温まるメールが送られてきて・・・・・・・・


先日の敗戦後からは、気弱な!?私のブログに対し、様々な叱咤激励を頂き・・・・・・・


真っ暗なトンネルで立ち往生している私に灯りを照らして頂き・・・・・


その中には、これまた20数年前の大学時代の学友から、これまた全く突然に届いたメールがあり・・・・・


「君はサッカーを通して次世代を担う人間を育てたいんでしょ? 結果はずっと先にあるはずなんだしょ? 目先の欲に・・・・・」


教員の職を辞し、この職業を選んだ原点をはたと気づかされ・・・・・・・それにしても遠き地にありながら、と言うか、全くの音信不通にも関わらず、私のブログを読んでくれているとは・・・・・・








ほくそ笑む人もいる中で、こんな人間を真摯に見ていてくれる人もいるわけで・・・・・・・





だからと言って自分の生き方やものの言い方を正当化しようなどと思ってほしいなどと毛頭思ってるわけではなく・・・・・・




全ての『難』は自分の不徳が招いたことばかり




グランドのことだってもしかしたらそのひとつなのかも・・・・・・










明日は今日より輝かしい日になることを信じて・・・・・・・
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
タイトルを記入してから数十分・・・・・・・・・・・・このブログを書くべきかどうか悩みに悩み・・・・・・・・また、いつもの暗いブログ!?そう思われた方は、読むのはお辞め下さい。夢破れてからと言うもの、正直、何も手につかないまま過ごしたここ数日。それでも、...
2012/06/21(木) 09:53:11 | まとめwoネタ速neo