Vamos福島
「夢は見るものではなく叶えるもの」 -未来のなでしこに向かって!-
「日本サッカー協会が主催し、2月上旬より募集を始めた『“未来のなでしこ”セレクション参加者募集』は、2月29日の締め切りで募集を終了しましたが、書類による応募は1000名(正式には1069名)を超えました。
締め切り後書類審査を実施し、45名(現小学4年生5人・現小学5年生11名・現小学6年生10人・現中学1年生9人・現中学2年生9人・現中学3年生1人)が今週末に静岡県内で行われるフィジカルテストに臨むことになりました。」【日本サッカー協会ホームページより】



このセレクションに、我がクラブの小学5年生のJさんが、倍率20倍強の難関を突破し選考され、明日から2日間、静岡県御殿場市時の栖スポーツセンターで行われるテストに臨むことになりました。

「将来は、必ずなでしこジャパンに入る!」

そう常に豪語!?してやまないJさん。

「夢は見るものではなく叶えるもの」あの沢選手の言葉です。

現時点での持てる力を全て出し切り、夢への一歩へ確実に歩を進めてほしいと思っています。



【選考スタッフ】
上田栄治 [(財)日本サッカー協会 女子委員長]
田口禎則 [(財)日本サッカー協会 女子委員]
佐々木則夫 [なでしこジャパン 監督]
広瀬統一 [なでしこジャパン フィジカルコーチ]
吉田弘 [U-20/U-17日本女子代表 監督]
本田美登里 [U-20日本女子代表 コーチ]
手塚貴子 [U-20/U-17日本女子代表 コーチ]
倉麻子 [U-17日本女子代表 コーチ]
小林忍 [ナショナルトレセンコーチ/JFAアカデミー福島]
西入俊浩 [ナショナルトレセンコーチ/JFAアカデミー堺]


【上田女子委員長のコメント(日本サッカー協会ホームページより)】
「“未来のなでしこ”セレクションには、1000人を超える応募がありました。「なでしこジャパン」を目指す意欲と可能性のある少女が、こんなにたくさんいるとは驚きであり、また大変うれしく思います。その中からスピードやジャンプ力など秀でた特徴がある選手を中心に、今回のセレクションに45人を選考しました。我々スタッフもなでしこvisionの具現化と選手ひとりひとりの夢の実現に向けて取り組み、参加者の能力を十分引き出せるよう努めていきたいと思います。」

http://www.youtube.com/watch?v=Wh19099gJZo&feature=related
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック