Vamos福島
告訴状
文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会が6日に決定した東京電力福島第一原発事故の新たな賠償指針に対する住民や自主避難者の反応は複雑だ。避難区域以外の23市町村が対象となったことを歓迎する一方、対象外となった白河市や会津地方などの住民は「県民全員が被害者なのに…」と憤った。「むしろ除染を進めてほしい」との声も。賠償額の根拠に疑問を投げ掛ける人もいた。

■不安は残る
 二本松市の会社役員安斎淳さん(35)は10月から、5歳、3歳、1歳の子ども3人と妻を秋田県にある妻の実家に避難させた。原発事故後、外では子どもを遊ばせなかった。家族と離れるのは嫌だったが、子どもの将来を守るため苦渋の決断だった。それでも、自分が賠償対象になるとは思っていなかったという。「中通りまで賠償してもらえるのはありがたい」と素直に喜ぶ。
 相馬市の水産加工業小野芳征さん(51)も今回の決定を好意的に受け止める。「事故直後はガソリンや食料が手に入らず、誰もが被害を受けた」と語った。
 賠償の範囲を広げることに慎重な見方もある。比較的放射線量が低い石川町の農業小湊保さん(80)は「賠償を受けるのは申し訳ない気持ち」とポツリ。生活に大きな変化はなく「ここより線量の高い地域への賠償に力を入れるべきでは。東電や国の財政を考えると、収まりがつかなくならないか」と懸念する。
 一方、中学1年生と3年生の息子を持つ郡山市の会社員平田美紀さん(40)は「心配なのは生活費などではなく、子どもたちのこれから。放射線量がゼロに近づくよう除染対策にお金を使うのが先」と指摘する。福島市渡利の会社役員男性の自宅周辺は放射線量が比較的高く、毎日線量計で測っている。「賠償ではなくむしろ除染してほしい」と求める。
 川俣町の自営業八巻大さん(36)も「一時的なばらまきより、税金の優遇措置を講じてほしい」と注文した。
 田村市船引町の写真店経営柳沼信太郎さん(54)は、1月以降の賠償方針が明確に示されなかったことに疑念を抱いている。「原発事故が収束しない限り放射能の不安は残る。今回の賠償で幕引きとするつもりなら、もらわないほうがいい」とくぎを刺した。

■全域を対象に
 賠償の対象地域にならなかった市町村の住民からは、不満の声が相次いだ。白河市はPTAや町内会などが学校敷地や通学路の除染活動を繰り広げるなど、多くの住民が放射線への危機感を持つ。同市の中学校PTA会長(49)は「もう白河では子どもを育てられないと、県外に避難した家族は少なくない。審査会は一体何を見ているのか」と憤る。
 矢祭町の会社役員宗田浩一さん(39)の妻は原発事故当時、妊娠中で、放射線の影響を心配し震災直後から8月まで子ども3人と生まれ故郷の大阪に避難した。「二重生活で家計の負担は大きかった。対象地域外でも苦しんでいる人は多い」と首をかしげた。
 無職大竹きよ子さん(63)が住む会津若松市は福島第一原発から100キロ圏。それでも食べ物をはじめ放射線への不安は尽きない。「精神的苦痛を距離で線引きできるのか」と審査会の方針に疑問を抱く。

■実態に合わせて
 賠償対象に含まれることになった自主避難者は安堵(あんど)の一方、一律の賠償額に疑問を投げ掛ける。福島市渡利から仙台市の民間マンションで夫と子どもと3人で暮らす主婦中村香さん(29)は長野県、神奈川県と避難先を変え、3カ所目となる。「数十万円かかった引っ越し代くらいは賠償してほしかったので良かった」とほっとした様子。
 いわき市から家族4人で東京都に自主避難している女性(52)は「賠償はあてにしていなかったので対象になったことはありがたい」と評価した。
 福島市南沢又から山形県米沢市に妻と自主避難する無職男性(70)は福島市の持ち家の手入れのために米沢市を行き来する二重生活を送る。「一律の金額では本当の賠償とはいえない。避難者の生活の実態に合った賠償額を設定すべき」と不満を漏らした。


2011年 12月7日付  福島民報告新聞より




賠償額の根拠!? 原発からの距離!? 放射線の影響の度合い!? 根拠は何!?


本日の我がクラブのホームグランドの放射線値は、地表面で未だに1ミリマイクロシーベルトを下回っていない。

我がクラブのホームグランドは、公園内の敷地のため、未だに除染作業(表土除去作業)が行われておらず、グランド一面は、と言うかグランドとはもはや呼ぶに値しない荒れ地には、伸び放題に伸びた草が枯れた状態で、目を覆いたくなるほどである。


しかし、ここ西白河郡(我がクラブの活動している白河市や西郷村等々がその地域に属している)は、何の根拠なのか分からないが、賠償の対象外地域に今回指定された。


賠償額、いや、敢えて言わせてもらおう、【手切れ金!?】が欲しくてこんなことを言っているのではない。


東電様、お国様方は、どこに目を付けているんだってことですよ。


原発から80㎞近く離れているから、影響はないだろう! ばかもやすみやすみ言いなさんなよ!


我がグランドを見に来いよ! ついこの間までは、サッカー大好きっ子たちが、大好きなサッカーに興じ、大好きなサッカー仲間と共に汗だくだくで走り回っていたグランドが、今は手の施しようもないほどの荒れ地になってるんだぞ! 随分前にも言ったけど、自分でグランドの除去作業をするには、法外な費用が掛かるんだぞ! どれほどの思いをしながらグランドを見つめているかお前達に分かるのか!!


今日だって、通常なら村内の体育館の施設を使用して、小学1~4年生までが練習をしているはずだったのに、震災の影響で未だに復旧しない体育館があるため、通常なら冬期間中はその体育館を使用していた団体まで1箇所の体育館に集中してしまったため、今までのように定期的に体育館を使用できなくなり、我がクラブの子供たちは、公民館の一室で練習したんだぞ!



目の前にはホームグランドがあるって言うのに、放射線の高い、荒れ地で何をどうしろって言うんだ!!!

CIMG9782.jpg


じゃ、サッカーなんかやんなきゃ言いだろう!


よくも簡単に言ってくれるよねえ。見てみなさいよ、上の写真を。狭い公民館の一室でだって、それはそれは楽しそうにしかも一生懸命にボールと格闘している子供たちを!

あんたは、こんな子供たちに向かってそんなことが平気で言えるのか!!


しかも、ここを借りてやるために、我がクラブの子供たち全員に、ここで使用する専用のボールまで購入してもらって、施設を絶対に破損しないように、万全に万全を期しているんだぞ!

このボールをどんな思いで保護者の方に購入してもらっているか分かるか! たかだか1ヶ千数百円のボールかも知れないけれど、その出費が各家庭にどれぐらいの負担になっているのか分かるか! 子供たちにどんな環境の下でもサッカーをやらせてあげたい!だから保護者の方々は、何の苦情も言わず黙って購入してくれている。そのことがどれほど心苦しいか分かるか!!!


賠償額の根拠って何!? 原発からの距離が重要!? 放射線の影響が重要!? どっちが重要なんだい!?



あんた方にとっては、なんてことないことだろうけど、子供たちはこの公民館の施設がなければ、大好きなサッカーができないって分かっているから、きちんと使用上のルールを決めて、とにかく『大切に使うこと』このことを今日の練習で小学1~2年生がみんなで話し合って決めたんだぞ!


目の前には、グランドがあるって言うのに、こんなところでサッカーをやらせてしまってごめん! 真剣に話し合っている小さな小さな子供たちを見ていて、思わず胸が熱くなって、胸が締め付けられて・・・


じゃ、そんなに言うんなら、子供たちが伸び伸び活動できる場所を作ればいいだろう!


そんなことは百も承知だよ。たくさんの銭があれば、ドーム型のサッカー場でも作って、その中で、何の心配もなく思いっきり子供たちにサッカーをやらせてあげたいよ。銭があれば・・・ 30億あればできるのに・・・どこにそんな銭が・・・・・せめて600万円あればホームグランドの除去作業が出来るのに・・・そんな銭すら今の俺には・・・・・ 本当にごめんなさい・・・・・ 



このクラブは、とにかくやれる範囲の中でこれからも精一杯活動していくつもりです。こんな環境の下でも我がクラブで活動したい!そう思ってくれる子供たち、そして保護者の方が一人でも二人でもいるかぎり・・・・・



がんばろう福島! いや、がんばってる福島!に一線を画すようなまねは、どうかおやめ下さい!!


以上、一市民、いや、一県民、いや、一国民からの告訴状でした。 筆責 福島県白河市在住46才男 遠藤 淳
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック