Vamos福島
前進あるのみ!
 昨日行われたFCT杯ブロック決定戦の余韻のさめやらぬ中!?、早朝6時出発で宮城遠征。

 午前中はエナブル碓井代表のはからいで、ジュニア(小学生)、ジュニアユース(中学生)共に、エナブルはじめ宮城県内のチームとの練習試合を組んで頂き・・・・・ 碓井さん、ありがとうございました! そして、試合を行って頂いたチームの皆様、ありがとうございました!

 午後は、午前中に集中的かつみっちり試合・練習を行ったご褒美に!?、ユアテックスタジアムでJリーグ観戦。(と言うか、もともと観戦は予定していたのですが・・・<苦笑>)


 子供たちは、久しぶりのプロの試合に大興奮・・・・・と思いきやそうでもないようで・・・なぜなら・・・・

 お土産を買ったり、お菓子を買ったり、さきいかを買ったり、ほたてひもを買ったり・・・「おやじか!」(笑)

 その様子を見ていて、お小遣い禁止令!?を解除するんではなかった!と猛反省!!!!!!!!!!

 そんな私の心の内など知らぬ子供たちは、あっちに行ったり、こっちに行ったり・・・・・

「おまえたち~!!(ピキピキ!)」とは思いつつも、「まっ、全てを含めてJリーグ観戦!」と半分開き直り・・・


 次のJリーグ観戦時には、もちろんお小遣い禁止!!!(笑無し!   笑)
 

 福島に戻ったのは、20時過ぎ。長い長~い一日でしたが、みんなとっても幸せな一日を過ごせたようだったので○!! いや、◎!!

(しかししかし、観戦後の集合に思いっきり遅れた4人は、×××!! げんこつ魂! 忘れるな、団体行動とはどういうものかを!! 「4人って誰!?」 そんな検索は問答無用! 負の経験こそが生きる上での大きな大きな財産! それにしても、久しぶりのげんこつ、痛かったなあ・・・・・子供が!? 俺が!?)
 
CIMG8942.jpg
CIMG8939.jpg
CIMG8940.jpg
CIMG8953.jpg
CIMG8954.jpg

※帰宅後、テレビを見ていると、私たちが宮城を訪れた同じ日に、あのEXILEが、同じく宮城県(石巻市)を訪れ、仮設住宅が建っている学校の校庭で復興音楽祭を行っていた様子が放映されていた。思わず見入ってしまった。そして、約2ヶ月前のEXILEカップフットサル大会の時も思ったことだが、「歌を通して、エンターテイメントを通して、社会貢献をしたい!」と常々口にし、そして実際にそのことを有言実行しているEXILEは、本当にすばらしいアーティスト、ミュージシャンだなあとしみじみそう思った。

そして、その番組を見ていて、『とにかく前進あるのみ!』その言葉を、頭の中で心の中で何度も何度も反芻した。

そしてそして、福島の、宮城の、東北の、日本の一日も早い復興を願わずにはいられなかった。



私は、EXILEのように歌やイベントで感動を与えることはできないけれど、このクラブの活動を通して、ここに集う人たちが、明るく元気にそして幸せになれるように微力ではあるが尽力することはできる! と言うか、それが今私にできる最小かつ最大のことである! そう改めて認識した。


暦は既に十月。あれからまもなく七ヶ月の時が過ぎようとしている・・・・・・・・
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック