Vamos福島
節目
 竹という木はとても成長の早い木だけれど、節の部分だけは成長に時間がかかるそうだ。でもその節の部分があることで上へ上へと伸びていける。節の存在が竹に強度を与え高く伸びる成長を支えているのだそうだ。そして成長に時間のかかる節の部分を抜けるとその後またすっと伸びるのだと・・・



 人間の成長とは、まさに竹の成長のようなもので、事あるごとにその『節目』が訪れ、それを境に更なる成長を遂げていく。そしてまた節目を迎えそしてまた成長し・・・・・



 相撲界では、本日、琴奨菊が久しぶりに日本人大関の地位に就いた。口上の中で発した「万理一空」の言葉は、
努力することを大切にする力士であることを十分に証明するものであった。琴奨菊にとって、今日という日は、まさに『節目』の一日になったことだろう。今後の活躍を心から応援したいものである。



 宮崎県に嫁いだ妹の子供が、本日、晴れてここ福島で挙式の日を迎えた。まさに身内のみのとても質素な挙式であったが、とってもとっても記憶に残るすばらしい式であった。23年前、この子が生まれた時、妹の子供にも関わらず、なんと私が名付け親となった。どんな困難をも跳ね返し、人生を謳歌してほしいという願いを込めて、「弓」と言う名前を付けた。あれから23年、彼女は今日、人生の『節目』を迎えた。亡くなった親父の初めての孫。この場にいれなかったことはさぞかし断腸の思いだったと思うが、それでも必ずや今日の良き日を大いに祝福し喜んでいると思う。いつまでもお幸せに!そう願わずにはいられない。

弓



 今週末、FCT杯福島県大会のブロック決定戦に臨むホワイトリバーFCの子供たち。まさに『節目』の一戦になることと思っている。

 どんな節を作り上げ、その後どんな成長を遂げていくのか、とても楽しみである。




 明日、前の山の竹やぶに行って、じっくり竹を観察してこようっと!!(笑) 2011.9.28 ブログ完
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック