Vamos福島
偉人偉人偉人・・・・偉人だらけ・・・
 今日は、勉強の一環として数時間かけて、日本全国!?の指導者のブログを読みまくたった。特に『個』の技術に特化して指導をしている指導者のブログを・・・・・

 変な言い方に聞こえるかも知れないけど、「よだれだらだら」 「目から鱗」 「いてもたってもいられない」etc

 食い入るようにパソコンを眺めすぎていて、しまいには、目がしょぼしょぼして涙が・・・(どういう状態だか想像できる人は、同じような経験をした方かと・・・)

 
 それにしても、本当にみんなすごい! すごすぎる! と同時に、なんて俺はちっぽけでしょぼい指導者なんだろう!って、しみじみとそう思った。


 そしてそして、またまた会いたい会いたい病にかられてしまい・・・・・


 
 以前もこんなことが何度もあり、いてもたってもいられなくなって会いに、と言うか、パワーをもらいに勉強させてもらいに行ったような気が・・・・


 
 来週の水曜日、静岡に行くことにしました。


 もちろん、今日読みあさったブログの作者の一人のもとへ・・・・


「突然のお電話で申し訳ありません。私は、福島県白河市で少年サッカーを指導している遠藤と言う者で・・・・実はブログを拝見し、どうしても直接お会いしてお話をお聞きしたくて・・・・・トレーニングを拝見させて頂きたくて・・・・・」


 相変わらずの衝動的行動!?

 
 しかし、偉人のすごいところは、そんな海の者とも山の者とも知らない人間を、快く受け入れてくれること。


 
 今までもそうでした。突然の打診にもみないつも快く・・・・・



 来週の水曜日は、ホワイトリバーFCのスペシャルクラスのトレーニング日ですが、この日は、私の大切な研修日にするため、オフにします。(その理由は、子供たちには後日しっかり伝えます。必ずや納得してくれるものと思っています。)


 夕方から夜にかけてのトレーニングを見せて頂き、その後、時間の許す限り話を聞かせて頂き・・・・・


 必ずや大きな大きな『お土産』を持参し福島に戻ってこようと思っています。そして、必ずやそのお土産が子供たちの今後の成長(サッカーの技術向上はもとよりその他の面でも・・・)に役立つことと、今からそう断言できます。(一昨年10月には千葉のVIVAIO船橋を訪れ、チームからそして代表の渡辺氏から計り知れない刺激を受け、今年1月には、凍てつくような厳しい寒さの中、宮城県で2日間研修させて頂き、FCエナブル、代表の碓井氏、聖和学園、監督の加見先生から、全てのサッカー観を覆す指導を目の当たりにし、耳にしたあの貴重な時間がそうであったように・・・・・)


「一体、静岡のどこに、誰に会いに行くの?」


 その答えは、もちろん、企業秘密です!!(笑) 



 日々惟研鑽


   

 今日と昨日はクラブの練習がなかったけど、子供たち、自分自身のために、ボールに触れていたかなあ・・・・

 好き嫌いせず食事しているかなあ・・・ いっぱい食べる努力しているかなあ・・・

 あいつに負けたくねえ!! 上手くなりてえ!! そう思ってリフティングしているかなあ・・・・
 



 クラブの活動を離れても、自ら進んでできている子供たちには、『日々惟研鑽』の意味、きっと分かると思っています。そうでない子には・・・・・



 来週が待ち遠しい!! 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック