Vamos福島
がんばろう、みんな!!
 今日から子供たちは第2学期の始まり。果たして、宿題を全て終えて、胸をはって登校したのだろうか???

 そうであったことを信ずるのみ!!

 それにしても、震災以降、この夏休みも含めて、8000人近い(聞いた話なので不確かな数字ですが)子供たちがここ福島から県外へ転校したという。

 その原因のほとんどが放射能からの回避。このことに関して、なんとコメントして良いか・・・・

 

 このクラブが、私が今できること、それは、このクラブに集ってくれている全ての子供たちが、サッカーを通して健やかなる成長を遂げてもらえるように全力を傾けるのみ!である。




 話はがらっと変わるが、今から8年ほど前、サッカー通の方なら誰しもが知っている、『サッカークリニック』というサッカー専門誌の中で、東京都のあるチームの指導の様子を掲載した記事を見た。

 とても魅力的な記事の内容で、時間も忘れるほど釘付けになってしまった。チームのすばらしさはもとより、指導者の方の考え方、指導方法等々が生唾ゴックン!(笑)となるほどの内容で、それはそれは大変勉強させられた。

 
 それから3年ほどが過ぎ、なななんと、そのチームと対戦する機会が・・・・・(正式に言えば、その記事は中学生チームを扱っていたので、試合をしたのはその下部組織の小学生チームであったのだが・・・)

 
 その時の感動と言ったら・・・・・今から5年前のことであるが、今でもその時の感動、その時の状況が鮮明に蘇って来て・・・・・


 そのチームとは・・・・先日交流試合を行って頂いた、東京都暁星学園サッカー部(登録名 暁星アストラ)だったのです。


 5年前の3月の東北大会で試合をさせて頂き、その際、「以前にサッカークリニックを読んで、感銘を受けました! 今日は全力でがんばらせて頂きます!」と試合前におこがましくもそのようなことを言い放ち!?・・・(苦笑) 結果は、0対2 ●。 しかし、試合後に、「面白いチームですね。ぜひとも交流を持ちましょう!」と、それはそれは天にも昇るほどのありがた~いお言葉を頂き、その年の夏から、交流は始まり・・・


 そのお言葉を掛けて頂いたのが、まさにサッカークリニックの記事内で私をとりこにした名指導者である宮内先生で、その交流とは、先日にも行って来た栃木県那須町の暁星学園施設での夏の交流会で・・・・・



 恐れ多いことに、そんな宮内先生より、本日、大変大変大変×100000000恐縮するほどのメールを頂きました。



拝啓  遠藤様

過日は、暁星学園那須学舎にて、多忙な中、お越し頂き大変感謝申し上げます。

WRFCさんと始めてお手合わせさせていただいたのが、5年前の東北さわやか杯。その時の5年生の子どもが現在は中学校3年生で暁星の中学生は、この夏に東京都・関東大会と両方の大会で4年ぶりに優勝を果たし、全国中学校大会に出場しました。なかなか、あのときの子供達のような文武両道にたけた子どもが続かず苦慮しておりますが、なんとか例年並みの人数だけでもそろえるように努力しております。

昨年、那須に来ていただいたときに対戦した暁星の5年生の子どもが「負けたけど気持ちの良いチームだったな・・・」と漏らした一言が強烈に印象に残り、この一年ずっと子供達に言い続けてきました。「試合が終わったときに、対戦チームから『気持ちの良いチーム・・・』と言われるように努力しよう。」今回、4年生も、5年生も対戦させていただき、子供達は本当に私が言い続けたことが本当に意味がよく理解できたようです。本当に本当にホワイトリバーの選手の方々には感謝の言葉をいくら言い続けても足りないほど感謝申し上げます。

この5年間で本当にすばらしいチームに育成されている遠藤監督をはじめスタッフの方々のご指導に感服いたします。また、ホワイトリバーの選手のすばらしさ、技術だけではなく人間的にも魅力あるすばらしい子どもを育成されていることにも勉強させられました。

来年も是非是非来ていただき、暁星の子どもの前で大きなお手本を見せていただきたいと存じます。

すばらしいサッカー技術と選手達を見せていただき本当にありがとうございました。
来年も是非お会いできるように、その時まで暁星も成長できるように努力しておきます。

最後に、多忙な夏休みのサッカースケジュールの中で時間を作ってくださり、お越し頂きましたことをこの場で御礼申し上げご挨拶とさせていただきます。お正月のバーモントフットサル出場の際には是非駒沢へ伺いたいと思います。

ありがとうございました。

暁星アストラ・ジュニア:宮内重昭



 
 逆境の中で過ごす福島の子供たち、そしてクラブの子供たちだけれども、ひっしにがんばっているのを見守って下さっている方がいてくれる・・・・その思いを胸に秘め、明日からまたがんばっていこう! 改めてそう思わせて頂けた宮内先生からのメールでした。

 

 先生、お忙しい中にも関わらず、感動感動感動・・・のメール、本当にありがとうございました! 社交辞令!?とは思いつつも、素直に嬉しい気持ちでいっぱいになりました。これからも子供たちと地道に地道にがんばっていきます。2012年夏の再会を今からとても楽しみにしています。(その前にフットサル全国大会でお会いできれば良いのですが・・・)

 本当に本当に本当にありがとうございました!! 感無量です!!




 みんな、良かったね。みんなのことをたくさんたくさんほめていただけたよ! これからも大好きなサッカーにいっしょうけんめい、しんけんに取り組んでいこうね! そして、サッカーを通して、強くたくましく、そして何よりすこやかなる人間に成長していってください!!そんなみんなの成長を、スタッフ一同、全力でサポートしていくからね! これからもよろしく!!
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック