Vamos福島
静岡遠征5日目-全員の力を結集して-
 遠征5日目。5時45分起床、6時15分朝食、7時出発、9時第1試合開始。のはずが、いろいろあって、7時30分過ぎに出発。会場が非常に分かりづらく(と言うか、狭い道が多く、バスの入れる道がどこか全く見当がつかず・・・・・)、会場入りは、なんと試合開始の30分前。大急ぎで試合の準備!


 その子供たちの顔は、5日目を迎え、疲労困憊がありありと・・・・・


 目は腫れぼったく、足には鉛がついたような感じで・・・・・


 それでも懸命に気力でウォーミングアップに励む子供たち・・・


「がんばれ、ここからが本当の勝負だぞ!」心の中でそう叫ばずにはいられませんでした。


 結果は3対1で○。内容はともかく、気力と精神力だけでつかみ取った勝利に、プレーに、思わず久しぶりに!?子供たちをほめました。(第1試合の対戦相手は、なんとなんと、同じ宿に宿泊している愛知県のチーム。同じ釜の飯を食べているものが、偶然にも試合を行うとは・・・大会参加チームが256チームもあるのに、こんなことがあるなんて、ビックリ仰天!)


 試合後は、クタクタになった体を十分に休めました。と言っても、その間、試合に出場時間の短かった子供たちや出場できなかった選手は、思いっきり練習に励みました。(試合出場組も、しっかり休息した後は、1時間30分以上、みっちりトレーニングをしました。)

 汗まみれ砂まみれになりながら、ひたむきにボールと格闘している子供たちを見ていて、なぜだか、ものすごく胸が熱くなりました。

 みんな、本当に本当に良くがんばっている! 心の底からしみじみそう思いました。(そのため、2試合目は、全員で戦おう!そう決心しました。勝ち負けよりも、もっともっと大切な何かがそこにある!そう思ったので・・・)
 


 いよいよ明日で長かった静岡遠征も終わりになります。


 残すは1試合のみ。目標に掲げた2勝を達成したにも関わらず、「もっと勝ちたい!」とは20名全員の声。


 2011夏、子供たち、思いっきりここ静岡で躍動中です!!


(茨城県日立市の大会に参加していた6年生。結果は、準優勝! 「もうこれ以上はやることがない! それぐらい子供たち、がんばりました!」とは、引率の健太郎コーチの電話での言葉。 18日からは、茨城でがんばった6年生と静岡でがんばった5年生が融合しての新潟遠征。たくましく成長したであろう先輩後輩のバトル!?が、今から楽しみで楽しみでなりません!!!)
 



【1試合目終了後、休む間もなく練習練習・・・・!!】
静岡遠征5日目1

【砂まみれになりながら、1vs1 明日の輝きを目指して・・・!!】
静岡遠征5日目2


【あれだけ疲労困憊だったにも関わらず、スプリンクラーの放水に馬鹿、いや、大騒ぎ!!(苦笑)】
静岡遠征5日目3

【本日は8月15日、終戦記念日。正午に大会参加チームのみんなで黙祷をしました。平和な日本、戦争のない日本を築いていくのは、君たちだぞ!】
静岡遠征5日目4

【本日2試合目は、20名全員で2チームを結成し、前後半交代で全員で試合に臨みました。(1枚目が前半チーム。2枚目が後半チーム)結果は、0対3の敗戦でしたが、全員で勝利に向かって突き進んだあのファイトは、二重丸!!(笑)】
静岡遠征5日目5
静岡遠征5日目6


【待ちに待ったお買い物タイム。この遠征最後のお楽しみの時間。2試合の激闘の疲れなどどこへやら。2時間、思いっきり楽しんでいました。お父さんへのお土産、お母さんへのお土産、おじいちゃんへの・・・・・・みんな家族思いの優しい子供たちです!】
静岡遠征5日目7

【どんな買い物をしているのかのぞきに行ってみると、なぜだかお土産売り場に子供たちの姿が見えず、どこに行ったのかと捜していると、なななんと、ゲームセンター場に見覚えのある青色Tシャツの軍団が・・・・買い物を済ませた後はこのありさま。「こら~!」と言おうと思いましたが、これもまたお楽しみのひとつかな!?と言葉を発せずシャッターを押しました。無駄遣いさせてけしからん! 管理不行き届きをお許し下さい。でも、これも大好きなサッカー仲間との2011夏の思い出のひとつになると思ったので・・・】
静岡遠征5日目8
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック