Vamos福島
御礼
茨城古河大会

全国トップクラス(全国大会出場常連)のチームが名を連ねる『第31回武井杯全国招待サッカー大会』。

「長年かけてようやく昨年から今大会によんでもらえるようになったんですよ。それなのに、どうして!?」

全国大会2年連続出場の強豪チーム○○○○のT氏との話で出た言葉。全国大会に一度も出場したこともない我がチームが急遽の飛び入り!?参加。どうして飛び入り!? それは、ひ・み・つ! 

福島の名もない!? どこの馬の骨!?とも知れない我がチームを、歴史と格式高い今大会へ出場させて頂きました、大会実行委員長である、茨城県古河SS青木氏に、この場を借りて心より心より心より御礼申し上げます!!

お陰様で、大変貴重な経験を、この2日間で子供たちも私もたくさんたくさんすることができました。本当に本当にありがとうございました。


帰り際、「最も印象に残ったチームでしたよ!」 大会主催関係者の方から、お世辞とは言え!? とっても嬉しいお言葉を頂きました。『記録よりも記憶』  福島にホワイトリバーフットボールクラブと言うチームがあることを、少しは全国クラスのチームの方々に覚えて頂けたようなそうでないような・・・(苦笑)

(これまた帰り際、本部挨拶に子供たちが言った時、これまた大会関係者の方から、子供たちにこんな質問が。
「みんなは、パス禁止なの!?」迷わずキャプテンのT君が、自信を持って!?「はい!」と即答。(笑)「じゃ、いつになったらパスができるの?」の問いに、T君は、「・・・・・」。そんな押し問答!?を子供の影から眺めていた私が横やりを入れて・・・「ドリブルが上手くなるまでです! ですので、パスは10年後ぐらいですね。」 一同、シーン・・・(大笑))


大会に参加した、埼玉県のドリブルを追求する以前より崇拝!?しているあるチームの方から、「夏休みの平日に、熊本県からドリブルが超すごいチームが来るので、その時ぜひ来て下さい!」との、お誘いも受けることができました。すばらしい大会に参加でき、更に、夏休みのプレゼントまで頂き!?、大満足!!

「それまで、もっともっと磨きをかけていきます!」その言葉は、必ず実行することをお約束します!!

【2日間の大会結果】

[1日目(予選リーグ)] 

 第1試合 vs 柏レイソルU12(千葉県)   0対4 ● 

 第2試合 vs 古河SSR(茨城県)      5対0 ○

 第3試合 vs 大宮アルディージャJr(埼玉県)3対0 ○

 ☆2勝1敗で予選リーグ第2位。2位トーナメント戦進出。

[2日目(2位トーナメント戦)]

 1回戦 vs 多摩トレセン(東京都)      3対2 ○

 準決勝 vs JFCファイターズ(栃木県)   2対1 ○

 決 勝 vs 市川トレセン(千葉県)      1対4 ●

 ☆最終成績 2位トーナメント準優勝。

(ちなみに1位トーナメント優勝は、バディー(神奈川県)。準優勝、アントラーズつくば(茨城県))

少年サッカー通の方々には、上記に記載された全てのチームの名前を見るだけでも、生唾ゴックンですよね!! 
(笑) プログラムの参加チーム一覧表を見たら、もうよだれがとまりませんよ!! (大笑)
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック