Vamos福島
始動
 狭い狭い体育館に30数人の子供たちが集って始まった、平成23年度VAMOS福島スポーツクラブの活動始動日。その先陣を切って行われた、ホワイトリバーフットボールクラブスペシャルクラスのトレーニング。(天候は、春うららの最高の天気なのに、どうして体育館で!???)

 子供たちは、この日を「待ってました!」と言わんばかりに、ボールと思いっきり戯れていました。

 と言っても、開始20分ほどは、平成23年度最初の私の長い長~い説教!?、いや、説話!?、いや、小言!?、いや、訓辞!?・・・・の時間でした。

 今年度よりこのクラスに入った子供たちは、少々緊張気味の表情を浮かべながら、その一方では、昨年度より引き続きこのクラスで活動する子供たちは、「お得意の説教が出たぞ!」そんな表情を浮かべながら!?・・・しかし、どの子もとても引き締まった顔顔顔・・・とても良い雰囲気の中、『始動』することができました。

 その輪の中には、今回の震災等々の影響で、浜通りから転居・転校を余儀なくされたサッカー大好きっ子2名が含まれていました。

 
 ホワイトリバーFCのトレーニング後は、同施設で、Vamos福島ジュニアユース23年度最初のトレーニングが行われました。その中には、今年でいよいよ我がクラブでの活動の最終年を迎える中学3年生の2人を始め、中学2年生、そして、小学校を卒業し、明日中学校の入学式を迎える子供たちが、これまた、小学生と同じように、「この日を待ってましたよ!」と言わんばかりに、仲間と楽しそうにボールと戯れる姿が印象的でした。


 原発事故の影響で、まだまだグランドを使った練習をすることは出来ませんが、室内で利用できる施設があることの有り難さを噛みしめながら、今年度も我がクラブの活動趣旨に賛同して頂き、数あるサッカークラブの中から我がクラブを選び入会してくれた子供たちの願いや思いに応えるために、そして、大切なお子様を我がクラブに託して下さった保護者の方々の気持ちに応えるために、一生懸命クラブ運営並びに活動をしていこうと思っています。


 ちなみに、当分の間、以下のような考えでトレーニング会場の設定をします。


【会場使用について(ホワイトリバー・ジュニアユース・ガールズの場合)】クラブの考えとして、原発事故の放射能問題がひと段落するまで( 安全宣言が出るまで! ? )、屋内施設を使用しての活動を行っていこうと思っています。ただし、様々な動向を見ながら、屋外施設に途中から変わることもあります。予めご了承下さい。(試合等をしながら力を付けていく指導を行っているホワイトリバースペシャルクラス<他のクラスも適宜>やジュニアユースに関しては、週末、原発問題が希薄な県外へ積極的に出向いていこうと思っています。)


☆各地区のサッカースクールは、2つのスクール会場(体育館)が、震災の影響でまだ使える状況にないため、使えるようになるまで活動休止になります。(1つのスクールは、今週金曜日から行います。)また、フットサルクラブも、震災の影響で体育館が通常通り使用できないため、15日(金)のみ今月は行います。(この日に、継続手続き会&新規申込会を行います。)ガールズは、今週金曜日から屋外で開始する予定と年間計画表に記載していましたが、上記の理由で室内施設に変更して行いたかったのですが、やはり震災の影響でいつも使っている施設が借用できないため、今月の活動は行いませんと言うか行えません。通常の活動に戻るには、ほど遠い時間が掛かりそうですが、それでも、出来ることから徐々に始めていきたいと思っています。みんな、もう少し辛抱してね!!
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック