Vamos福島
人間復興
<本日のインターネットニュースのひとつより>

東日本大震災を受け、被災地の状況が連日絶え間なく、テレビに映し出されている。報道として重要だが、幼児には心理的な悪影響が出始めているという。専門家は「災害から命の尊さを学べるのは小学3、4年になってから」と注意を呼びかけている。

 「もともと元気に遊んでいたのに、震災後の月曜日(14日)から先生のそばを離れなくなった子、1人でトイレに行けなくなった子や、ジャングルジムが倒れないか心配する子がいる。安心させるような対応を心がけている」

 認定こども園「あいゆう園」(茨城県龍ケ崎市)の大越和美主任は震災以降、園児たちの心の変化に気付き始めているという。

 筑波大学大学院の徳田克己教授(子供支援学)も「小学1年のわが子が不安定でよく泣くようになった、という母親から話を聞くと、地震の怖さを言い聞かせ、テレビの映像もよく見せていた」。

 こうした子供たちの異変に対し、徳田教授は「多くの親は深く考えないまま、子供と一緒に災害のニュースを見て、『死んだら会えないんだよ』などと話しかけたりする。震災を通じて幼いうちから命の大切さを教えなければ、というのは勘違いで、恐怖だけを抱かせてしまう」と強調する。

 平成7年の阪神大震災後、徳田教授のグループがニュース映像を見た幼児を調査したところ、被災地ではないのに、多くの子供に夜泣きや不登園の傾向が出た。

 中には夜驚(やきょう)症(睡眠から突然起きて叫ぶなど怖がる症状)、爪をかむ、チックなどの神経症状が強く、治療が必要な子供もいたという。

 幼児がいる場合の災害情報の接し方として徳田教授は、悲惨な映像をなるべく見せない▽親がテレビを見る時には近くにいて、「ママ(パパ)がいるから大丈夫」などと声をかける▽災害と死を結びつけたり、死んだら会えないといった話をしたりしない▽枕元に子供の宝物を置いて安心させる-などを挙げる。

 徳田教授は「幼児は恐怖を感じても、地震の時に正しく対処できるわけではなく、悪影響の方が大きい。不安を取り去るよう工夫してほしい」とアピールしている。



このようなニュースでした。是非とも紹介したく引用させて頂きました。「うちの子は、小学生3年生(それ以上)だから・・・」そんな保護者の方は、以下をクリックしてみて下さい。必見です。(うちの子は、小学2年生以下の方も同じく必見です。)

http://www.peacemind.co.jp/pdf/etc/20110315_DisasterMentalHealthTips_child.pdf



本日、『ストレス発散会&エネルギー充電会』(私が勝手に命名!?した会の名前なので、誰もそんな会に参加したなんて思っていませんが・・・<苦笑>)を市内某施設で行いました。参加者62名。3才~高校1年生まで幅広い年齢層の子ども達で、狭い室内は、大にぎわい!!(クラブの子ども達ばかりでなく、その妹や弟、いとこや親戚の子までたくさんたくさんの子ども達が集まりました。ガソリン不足の中、「子供がどうしても行きたい!と言うものですから。」「子供の元気な顔が見たいので!」等々、車で送迎頂いた保護者の皆様に心より感謝感謝・・)

どんなことをしたのかと言うと・・・得意の企業秘密です!(笑)

子ども達は、久しぶりの再会に、そこかしこで感激のご対面!! 涙涙・・・などは全くなく、すぐにボールを蹴り始まったり、おしゃべりが始まったり・・・。

3時間という限られた時間の中での会ではありましたが、少しはストレスを発散できたかな? 少しはエネルギーは充電できたかな? その辺の核心部分は定かではありませんが、体育館内にこだました子ども達の声声声・・・笑顔笑顔笑顔・・・汗びっしょりかいて美味しそうに水を飲む姿etc そんな声を聞いたり、顔を見ることができただけで、良かった! そう思っています。


こんな時に、こんなことを・・・私だって、100%大手を振るって太鼓判を押してこの会を開いているわけではありません。不安がないかと言えば嘘になります。しかし、被災した建物、壊滅したライフラインをそのスペシャリスト達が少しずつ少しずつ復興作業を進め元通りにしていくように、今回の震災・原発等々の問題で、心に傷を負った、いや、まだ負い続けているのかも知れない子ども達の復興作業!?を進めていくのも、前述した復興と同じくらい、いや、もしかしたら比較にならないほどとてもとても重要なことではないかと思っています。(もちろん、現在のライフライン等々の復旧作業、原発の過酷でしかしそのくい止めは必至!!な作業は、どれほど重要なものかと言うことは、百も承知ですので。あしからず。)


一番最初に掲載した記事、クリックしてご覧頂いた記事、このことを真摯に捉えることができるそんな大人になりたいものです。


明日もまた状況が許すなら(そのためにも、原発、余震等々悪化しないことを願うばかりです。)、予定通り2日目の会の開催をしたいと思っています。

今日の会を参観!?した保護者の方々の中には、「これってサッカークラブの活動じゃなくて、学校のお楽しみ会じゃないの?」と思われた方もいるかと思います。

そんな方に改めて宣言!?します。「そうです。この会は、まさにお楽しみ会です!」と。

友達に再会できるお楽しみ、体が動かせるお楽しみ(と言っても限られたスペースなので思いっきり動かせるとまではいきませんが、それでも家の中よりは広いとは思いますが・・・)、ワーワーキャーキャー叫べる!?お楽しみ、自分を解放できるお楽しみ、そして何より、みんなで過ごせるお楽しみ・・・・・


「明日も来るからね!」 帰りにハイタッチしてきたKちゃんの笑顔、本当にキラキラ光ってたなあ~。


久しぶりに声を出したらかれてしまいました。チャンチャン♪♪(苦笑)

☆優コーチも新潟にいながら福島のためにがんばっているようです。ブログ見てあげて下さい。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック