Vamos福島
あれから1ヶ月-準備完了-
CIMG6381.jpg

『県南地区第6代表でのギリギリでの県大会出場。「参加することに意義がある」そう言いたいところですが、県大会出場権を獲得してから約1ヶ月。「参加するだけでなく県大会で活躍すること」を目標にがんばってきました。その成果はいかに・・・』

 これは、明後日から行われる第33回コカ・コーラ争奪福島県少年サッカースポーツ少年団フェスティバルの大会プログラムに掲載されるホワイトリバーフットボールクラブのチーム紹介コメント。書いたのは、もちろんこの私。字数制限のある中、今大会への思い(意気込み!?)をなんとか要約して表現してみました。

 これって、チーム紹介!? う~む、そう言われると・・・細かいことは気にしない!!(苦笑)


 県大会へ向けての最終仕上げ!?のため(もちろん、そればかりではありませんが・・・)、本日まで行った2日間の東京遠征。

 雪の福島を脱出し、待っていたのは、寒風吹きすさむ大都会東京。その中で行われた2日間、朝から晩までの試合試合試合・・・

 詳しいことは企業秘密なので割愛しますが(笑)、『気持ちはあれども、足が前に出ない!』それほどまでに走りに走りまくった(と言うより、対戦させて頂いたどのチームもレベルが高く、走りに走らされたと言った表現の方が適切かも知れませんが・・・)子ども達の姿を目の当たりにし、言葉では表現できない気持ちになりました。


 そこまで子どもを追い込むとはけしからん!! 確かにそうかも知れません。


 けれど、2日間の遠征をやりきった子ども達のすがすがしい顔顔顔・・・を帰りのバス内のあちこちで見かけたこの気持ちは、誰にも想像はできないはずです。誰にも・・・

 あれだけクタクタになっていたにも関わらず、昨晩の90分間の夕食タイムで見せたはちきれんばかりの子ども達の笑顔笑顔笑顔・・・その光景を目にした時の気持ちは、誰にも想像はできないはずです。誰にも・・・

 昨日あれだけ動いたのだから、今日は子ども達は動けないかも知れないなあ・・・と思っていたところでの、今朝宿舎を出発する前に撮った写真(上記の写真)の元気そうな子ども達の姿(特に、昨日の全ての試合終了後、両足を引きずりながら朦朧状態!?放心状態!?でグランドを後にしていたキャプテンのT君のことがとても気がかりだったのですが、写真撮るぞ~の掛け声に、真っ先に寝ころびポーズを決めた姿にビックリ仰天!と言うか底知れぬパワーに脱帽!と言った感じでした。)をバインダー越しに見たときのこの気持ちは、誰にも想像はできないはずです。誰にも・・・


 
 「明日は、ゆっくり休むことも大事だけれでも、何より、みんなは小学生で、本業は何と言っても勉強することが大切なことなのだから、明日一日で冬休みの宿題を完全に仕上げて、更に、学校の用意も完璧にして、県大会の2日間は、サッカーに専念できるように、とにかく明日はがんばること!」(他にも健康管理の大切さ等々)と言う話を遠征の締めくくりとして本日解散場所に到着後、バス車中で行いました。



 準備万端!! 本当は声を大にしてそう言いたいのですが、いろんな事情でそう言い切れないところもあるのですが、とにかく、今日の最後の試合を見る限り、現時点でやるだけはやったと確信しているので、県大会の2日間を子ども達と大いに楽しみたいと思っています。


 クタクタになったかいがあった!! 子ども達がそう思えるように・・・・
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック