Vamos福島
何としてでも見た~い!
 早いもので今日で11月も終了。あと数十分で、2010年最後の月を迎える。

 いつも思うことだが、時の流れは、実に早いものである。

 
 今、読んでいる本の中で、かの有名なダンテの言葉の引用した部分がある。

 『今日という日は、もう二度とめぐっては来ないことを忘れるな。』

 1年は、365日。しかし、それは1日が365回積み重なったもの。だからこそ、その1回=1日をいかに充実して過ごすか。それによって、足早に過ぎて行った1年が重くも軽くもなるのではないだろうか・・・(なんだか意味が分からない? 書いてる私も分からない!(笑))

 また、その本の中には、こんな言葉も記されている。

 『過去と未来を鉄の扉で閉ざせ。今日一日の区切りで生きよう。』

 また、こんな詩も引用されている。(インドの劇作家カーリダーサの詩)

 『夜明けへのあいさつ』

 今日という日に目を向けよう!

 これこそ生命(いのち)、生命の中の生命なのだ。

 その短い行程の中には

 君の存在の真理と現実とがすべて含まれている。

 生まれ育つ喜び   行動の栄光   美の輝き

 昨日は夢にすぎず

 明日は予感でしかない

 精いっぱいに生きた今日は

 すべての昨日を幸せな思い出に変え

 すべての明日を希望の見取図とする

 だから目を開こう 今日に向かって!

 夜明けへのあいさつはこれだ!



 今日という日は、二度と戻ってこない。だからこそ、大事に大事に過ごしたいものである。決して後悔したり、決してやり残したことを作ったりしないように・・・


 今年も残り31日と数十分。31回、毎日毎日カーリダーサの詩を、ダンテの言葉を目が覚める度に思い起こしたいものである・・・・・


 ところで、あなたは一体どんな本を読んでるの??? う~む・・・ハードカバーで500ページ近い哲学書!? 題名は・・・企業秘密です!(笑)



 話はガラガラガラっと変わりますが、本日早朝、スペインリーグ【バルセロナvsレアルマドリード】の対決、通称『クラシコ』が行われ、結果は、5対0でバルセロナの圧勝。非常にエキサイティングな試合だったようです。WOWOWで放送されたのですが、我が家は契約しておらず・・・・・いろんな情報を耳にするだけで、目にはしておらず・・・ 情報を得るにつけ、この試合を見たくて見たくてたまらなくて、いてもたってもいられません。このブログをお読みの方で、この試合を録画した方はおりませんでしょうか。もしそんな方がおりましたら、それをDVDでもビデオでも何でも結構ですので、そこにおとして私にお貸し頂けないでしょうか。見たくて見たくて見たくて・・・・・吉報をお待ちしております!!!
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック