Vamos福島
チーム一丸とは・・・
 本日、ホームページを大改造!? と言うか、様々な内容を掲載しました。

 まずは、【大会情報コーナー】の更新。2011年1月上旬までの現時点で分かっている大会参加やイベント等を記載しました。

 他人事のようですが、「このクラブの活動は、本当、いろいろあるなあ!!」 そんなことを思ってしまいました。

 一つ一つの活動で、たくさんの子ども達が笑顔になり、悔し涙を流し・・・ たくさんたくさんの喜怒哀楽が生まれることを、とってもとっても楽しみにしています!!

  
 次に、【トップページ】の構成の更新。

 2010年最後のクラブ主催の大会が二つ。参加してくれるチームの子ども達にとって、今年の良き思い出のひとつになってくれればいいなあ・・・そう思って、大会を企画運営したいと思っています。

 県大会のお知らせが二つ。ジュニアユースとフットサルクラブの子ども達が、日頃の練習の成果を思う存分発揮し、悔いのない戦いをしてくれることを願うばかりです。目指せ、福島県チャンピオン! 目指せ、全国大会出場!! 直接の指導をする立場ではありませんが、クラブ代表者として、陰に陽に精一杯の応援をしたいと思っています。

 最後は、冬休みに行うイベント、ウィンターキャンプのお知らせ。小学1~3年生の子ども達が、2泊3日、親元を離れ、サッカーで知り合った仲間同士で過ごすイベント。キャンプに参加する前の子供達そして保護者の方々の大いなる不安が、終了後に、大いなる安堵感と達成感に変わるこのイベントは、冬の一大イベントと言っても過言ではありません!!(少々大げさでした・・・苦笑) 「今年もキャンプやるよね?」と先日聞いてきた3年生のK君。「もちろん、やるよ!」と応えると、「今年もぼく、絶対に行くんだ!!」と満面の笑みで応えてくれました。K君が参加した過去2回のキャンプが、しっかり良い評価を受けているんだなあと思わず嬉しくなってしまいました。「うちの子は、今まで自分だけでお泊まりしたことがないので・・・」そんな不安を抱える保護者の方も多いかと思います。しかし、その不安も、前述したように、必ずや大いなる達成感と安心感に変わること間違いなしです!! ライオンの親が、子供を強くするために、谷底に落とし、はい上がってくるのを待つかのごとく、是非とも参加させて見て下さい!!(またまた大げさでした・・・すいません。(苦笑)) ちょっぴりたくましく成長したお子さまとの再会は感動ものですよ!! ☆昨年のキャンプの様子を記録した写真をチラシと一緒に掲載しました。参考までにご覧になって下さい。きっときっとあの笑顔を、あなたのお子さんも見せてくれるはずですから・・・!!


 と言った具合に、大改造されたホームページ。2010年残り2ヶ月、まだまだ充実したクラブ活動を展開していきま~す!!




 話はがらがらがらっと変わりますが、今日夕ご飯を食べながら、長男と先日の高校サッカー選手権準決勝戦のことをじっくり話をしました。(息子の学校は、準決勝戦で敗退してしまい、息子も試合後、ピッチで号泣していて、その日から口数が少なくなっていたため、私も思わず気を遣って、その話題に触れないようにしていたのですが、なぜだか急に息子の方からその日の試合のことを話題にしてきたので・・・)

 いろんな話をしたのですが、私の方から、

「試合前にみんなが輪になって、大声をあげて歌っていたあの歌が、とっても感動的だった!!」と話すと、

「みんなも大好きで、あの歌を歌うと、みんなやるぞ!って気になるんだよね。あの日、負けて学校に帰ってから、3年生一人一人から後輩の俺たちに言葉をかけてもらった後に、1~3年生全員で輪になってまたあの歌を歌ったんだ!」とのこと。

 その歌とは・・・・・



「我ら~の~夢を~♪♪ 背負い戦え~ ♪♪ 我らの誇り~ ♪♪ ○○イレブン~♪♪」


 全員が手を握り合い輪になり、最初にチームで一番の元気者が一人でこの歌を独唱し、その後、全員が握りしめた友の手を振り合いながら、大声で歌う。歌が終わると、みんなで雄叫び!?をあげ、ピッチに・・・ベンチに・・・チーム全員の夢と誇りを胸に秘め、戦いに臨む者、それを送り出し見守る仲間達・・・その光景は、見ていて聞いていてただただ感動感動感動・・・・・・

 『チーム一丸』 まさにこんな瞬間を言うんだろうなあ・・・ そう思いました。


「うちのクラブでもこれを取り入れようかな・・・」と言うと、「いいんじゃないの。みんな燃えると思うよ。」との温かい!?アドバイスと許可!?を頂いたので、早速取り入れようと思いました。


 いつから・・・・・え~と・・・・・企業秘密です!!(笑)


「それってパクリじゃないの!!」 


 その通り、パクリです! でも、良いことはどしどしまねをする、そして、自分の力に変えていく!! これが私の生き方ですので!!! あしからず・・・(大笑)  
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック