Vamos福島
敗戦の中からこそ強さが芽生えることを信じて・・・
 キャプテンY君のそれはそれはすばらしい選手宣誓(自分の思いをしっかりした口調で述べるY君の姿には、素直にただただ感動させられました。)で開幕したFCT杯サッカー大会。

「6年生最後の11人制サッカー公式戦を有終の美で・・・」と臨んだ大会でしたが・・・

 結果は、1回戦 0対1で敗戦。  
 
 6月に西部サッカー場に落としていった忘れ物を持ち帰るはずだったのが・・・



 「監督は、落ち込んでいないのか!!」


 敗戦後、そんな非難の声があちこちから発せられたとのこと。


 悔しさを押し殺し、努めて明るく振るまおうとする姿がそんな言葉を生んでしまうのだろうか・・・



 勝てば官軍、負ければ賊軍。一生懸命がんばってきたはずなのに、試合に負けたことでそんな評価が下されてしまうなんて・・・



 「落ち込まないはずがどこにありますか!」


 
 

 サッカー大好きっ子達がこのクラブを選んでくれる限り、どんな批判を受けようと、子ども達の明日を見据えて真摯に関わっていこうと思っています。今言えるのは、それだけです。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック