Vamos福島
誰かがやる・・・誰がやる?
先日、家内が仕事の関係で2日間家を留守にした。

その間、一人二役(父親と母親)をこなした!? (こなした!なんていばるほどのことではないが・・・)


その時に思った、ものすご~くたわいもない出来事が、どうも喉元に、魚の骨が刺さっているかのごとく、気になって気になって仕方がないので、ここで吐き出すことにします。


 本当にたわいもないことですが・・・


 食事を終え、台所は、使った食器の山山山・・・・・


 そんな状態を目にし、突然、「この食器って誰が洗うんだろう・・・」なぜだか、そんなことをボーッと考えてしまった。


 そして、「このままにしておいたらどうなるんだろう・・・」アホみたいなことだけど、そんなことも考えてしまった。


 「誰が洗うって、おまえに決まってんだろう!!」


 どこからともなくそんな声がふってきて、「そうだよな、俺が洗うに決まってるよな。そうしなかったら・・」その後、せっせっと洗い物をした・・・



 こんなたわいもない、本当にくだらないことだったのだが、どうも、このことが頭に残って仕方がなく・・・


 今日も、明日のグランド準備をしながら、そのことが頭から離れず・・・


 「これって、誰がやるの?」


 そう思うこと、思ったことって、今まで数え切れないぐらい、いろんな場面で遭遇してきたように思う。


 その度に、「おまえが(自分が)やるに決まってんだろう!」の声に毎度毎度従ってきたかというと・・・



 なんだか上手く言えないけど、なんて言うか、自分がやれば、他の人は苦労しなくてすむ・・・


 俺がここでがんばれば、チームのみんなが助かる・・・


 サッカー(スポーツ)と、いや、人生と皿洗いって共通する部分があるような気がして・・・変な言い方だけど・・・
 


 とにかく上手く言えないけれど、ものすごくたわいもないことのようで、でも、実はものすご~く大切なことを考えさせられた出来事でした。


 と言っても、やっぱりたわいもないことのような気が・・・・・



 何が言いたいのか、と言うか、これを読んだ方が、自分の実体験を振り返って、いろんな深みを感じてくれたら
それだけで十分です。(と言っても、「意味分かんね~!」の声が大半かと思いますが・・・  いいんです、それで。書いてる本人もよく分からなくなってきているのですから・・<大いに苦苦笑>)


☆昨日、本日と二つの訃報を聞きました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。と同時に、まだ生きることを許される者としては、明日からの三日間、子供達のために全力を傾けて生きなければ! しみじみそう思うばかりです。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック