Vamos福島
本当、ビックリした~!
 本日、全日本少年サッカー大会福島県県南地区予選2次リーグ戦初日。グランド状況劣悪の中始まった試合。結果は・・・予選4試合が終了した時点で、荒天のため中止に。この続きは、5月2日(日)に行われることになりました。全日本の大会に関してのコメントは、気持ち的にまだ封印しているところがあるので、予選終了後、どば~っと!?はき出しますので、それまでは・・・


 帰宅後、ジュニアユースで活動している次男が、学校の部活動でバドミントン部に入部すると言うことで、ラケットを買いたいというので、お付き合いで市内某スポーツ店に行ってきました。そこで、驚くべきことを目の当たりにしました。それは・・・


「バドミントンのラケットなんて(こんな言い方はバドミントンをこよなく愛する方々に大変失礼なのですが)、たかだか2~3000円がいいとこだろう。」

 
 なんて思っていたのだが、そんな考えは大大大大大間違いだった!!!!!!

 バドミントンのラケットと言えば、2本セットで羽根(シャトル!?)付きが定番だと思っていたのに、と~んでもない!

 10000円を超えるものがざら・・・・・・・20000,30000円の物も。思わず、「はぁ~!!!」とラケット売場の前で絶叫してしまいました。

 そのスポーツ店には今まで、何度も何度も行ったことはあったのですが、バドミントンコーナーに足を運んだのは初めて。と言うか、そんなコーナーがあったことすら分からなかった・・・


 「今、バドミントンの競技人口が爆発的に増えてるんですよ!」

 「バドミントンのラケットは、高性能で、技術の集大成のようなものなのですよ!」

 「ラケットは非常に繊細なものなので、当てどころが悪いと、すぐに折れてしまうんですよ!」

 「オグシオの使っているラケットなんて、それはそれはビックリする金額ですよ!」etc

 高価なラケットがずら~っと陳列されているバドミントンコーナーに圧倒されて、呆然と立ちつくす私に向かって、店員さんは、「あんたオモチャのラケットしか知らないド素人だな!」と言わんばかりに、矢継ぎ早に説明をし続けてくれました。(苦笑)


 それにしても、本当に本当に本当に驚愕でした。『目から鱗』とはまさにこのことだと思いました。(『目から鱗』ってこんな時に使って良かったんでしたっけ!?国語の先生・・・)

 


 度肝を抜かされたためと自分の無知さにほとほと嫌気がさしたため、その後、痛んだ心を癒しに!?思わず息子と娘と3人で、山の中の温泉に行ってしまいました。(関係ないか!?(笑))
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック