Vamos福島
「このガスレンジですか!」
 昨年度までは毎週金曜日がオフだったのですが、今年度から完全オフの日は、2週間に1回だけの金曜日になってしまいました。理由は・・・


 本日は、午前中事務所に行き事務仕事。午後から、知人の紹介で、郡山市文化センターで行われた今流行の!?『食育教育講演会』に参加してきました。食育教育!?どうせ・・・正直そんな気持ちで臨んだ会でしたが、九州在住の助産婦さんによる2時間の講演会は、「あっ!」と言う間に過ぎ去ってしまうほど中味の濃いもので、なぜか途中何度も涙を流してしまいました。理由は・・・下記に本日の講演会で私がメモをとったものを記載したいと思います。断片的でよく分からないかも知れませんが、想像力をかき立てて、内容を察してみて下さい。

・今の子供達を、どんな子供に育てたいですか? 子供を育てると言うことは、いずれ大人になる人間を育てているんだと言う意識を持つことが大切!

・人は、そこにいるだけで価値がある。

・生まれることは奇蹟 生き続けることも奇蹟

・食べること、寝ること、遊ぶこと=子供達の生きるための権利

・あなたは、「あんな人になりたい!」と思ってもらえるかっこいい大人ですか?

・大人が笑えば、子供は必ず笑う。母親の笑顔は何よりも大切。

・子供の頃の記憶を、生きる力にしてあげよう!

・「早寝、早起き、朝ご飯」昔は当たり前だったことを、今の時代はこんなスローガンが出ると言うことは、まさにほったらかしの象徴である。

・人間は、気にしてもらえるのが最高の幸せ。

・子供は、できるんです!それなのに、大人がやらせないだけなんです!

・行動が変わらなければ何も変わらない。思うだけ言うだけでは何も変わらない。今日から何をするかが問題です!

・子供が自分で生きていけるすべをいつ教えるんですか。高校受験が終わってからですか?子供が成人になってからで すか? 子供と親がずっといれる時間など限られているんです。すべを伝えるのは、一緒にいれる今この時なんじゃ ないですか!

・大学生の食生活知っていますか?9割以上がコンビニ通い。まともに自炊できる子なんてほんの一握り。それは当たり前のこと。自炊の仕方を誰にも教わってないんですから。そのことを親は、あまりにも理解し無さ過ぎます。


・生きたくても生きれない人がいる、笑いたくても笑えない人がいる。あなたは生きている、あなたは笑える。それな のに、どうしてそれを実感しないのですか? どうして笑って暮らせないのですか?

・食べることは生きること


 本当は、こんなメモはほんのほんの貴重なお話の一端に過ぎなくて、あの感動を上手く伝えることができないのが、とってもとっても残念で仕方がありません。内田先生、本当にすいません・・・・


 講演会終了後(15:00過ぎ)、家にすっとんで戻り(16時過ぎ)、着替えをして西郷村の体育館へ(17時過ぎ)。今日は、月2回のキンダースクール(17時30分~18時20分)(今年度のキンダークラスは、毎週火曜日と月2回の金曜日の計6回を設定)とガールズのスクール日(18時30分~20時)(ガールズは昨年度まで火曜日に行っていたのですが、ホワイトリバーFCやジュニアユースとの兼ね合いから、今年度月2回金曜日に実施することになりました。)と言うことで、私の完全オフは月2回になったというわけです。ご理解頂けたでしょうか・・・


 キンダークラスは現在5名。(スタート当初は2名だったでの、1ヶ月も経たないうちに倍以上になりました!)ほとんどの子供達が火曜日に参加していたので、「もしかしたら今日は誰も来ないかも・・・」と思って体育館に行ってみると、既に、一人きているでは・・・慌てて車を降り体育館へ。参加者は、その子ひとり。「たった一人のキンダースクール」しかし、お父さんとお兄ちゃんも来ていたので、一緒に混ざって頂きスクールを行いました。お父さんとお兄ちゃんには、それはそれは大活躍してもらって、感謝感謝でした!!!


 夜、そのお父さんからメールを頂きました。内容は、息子さんが今日のサッカーが楽しくてたまらなかったと言うことを、何度も何度も家族に話しているという内容のものでした。わざわざご丁寧にそのような連絡を下さり恐縮すると同時に、とってもとっても嬉しい気持ちになりました。


 「サッカーが楽しくてたまらなくなってほしい!」「体を動かすことが大好きになってほしい!」そしてそして何より、「子供にコーチとして、いや、一人の人間として受け入れてもらい、大好きになってほしい!」その人間関係が築けなければ、どんな指導も成立しない!!改めて、子供との関係作りの大切さを認識した日となりました。何もこれはキンダークラスばかりでなく、どのクラスにも、どの関係にも言えることであると思っています。



 キンダークラス終了後、Vamos福島ガールズの今年度最初のスクール。「お待ち遠様でした!」と言った感じで、第1回目のスクールが行われました。9名の子供達が参加。(小学4年生から高校3年生まで)1時間30分の時間がこれまたあっという間に過ぎてしまいました。終了後、子供達から、「どうしてガールズの練習は、月にたった2回しかやらないの? もっといっぱいやりたい!!」との熱い熱い要望の声を送られました。「そうだよ、もっとやりた~い!!」

 この思いを何とかしてやらねば・・・心の底からそう思いました。「環境を作ってあげるのが大人の役目」全てのオフを返上し・・・でもなあ・・・でも、子供達、本気で言ってたもんなあ・・・・・・・



 そんなこんなで、オフじゃなくなった金曜日は終わりました。


 ところで、昨日、Kさん(保護者の方。ファンヒーターを頂いたKさんと食器棚を頂く予定のKさんと全く別のKさんです。)から頂いたガスレンジを、本日午前中に事務所に設置しました。ガス屋さんに来て頂き設置したのですが、その際、そのガス屋さんから思いがけない一言を聞いて、思わずと言うか、ものすご~くビックリ仰天してしまいました。


 「このガスレンジですか。保護者の方に寄贈して頂いたのは!!」


 思わず、「はっ!?」と一瞬あんぐりと口を開けたまま固まってしまいました。


 すると、全く面識のないそのガス屋さんから一言。

 「ブログ読んでますから!」


 確かに、インターネットは世界中に発進され(先日もカナダからコメントが入っていましたらから)、全く見ず知らずの方もこちらが発進した情報をキャッチすることぐらいは分かっているつもりでしたが、そのガス屋さんの一言には、本当、おったまげた!と言った感じでした。インターネット、恐るべし!!!(Kさん、それはそれは新品同様のガスレンジ、本当にありがとうございました。これで、寒い寒い冬もしのげます!?<笑>)


 最後になりますが、ガールズのスクールを終えて、体育館の外へ出て、本日2度目のビックリ仰天。な、な、な、な、なんと雪が降ってるでは、あ~りませんか!!!それも、パラパラの雪ではなく、本格的な雪が・・・・今外を見てみると、まるで冬景色のように一面、雪雪雪・・・・桜がまもなく満開の時期を迎える季節だというのに、なんなんだ、この雪景色は!!!

 明日は、福島市での3・4年生大会の引率。(5年生とジュニアユースは須賀川市で練習試合。その他の学年は通常のスクール。)バスのタイヤを今週夏タイヤに履き替えたばかりだというのに、明日、一体どうすりゃいいのだろうか・・・完全に途方に暮れています。(大泣泣泣)

 異常気象のバカヤロー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


☆本日、5月1日に実施する『Jリーグ観戦ツアー』の申し込みをAM9時~行ったのですが、27名の定員が即日埋まってしまいました。定員に達した後でお申し込み頂いた方々、本当に申し訳ございませんでした。次回のツアーの際には、バスをもう1台増やし、参加定員を増やせるようにしますので、今回は、残念ながら我慢して下さい。それにしても、反応の早さにビックリすると共に、当たり前のことかも知れませんが、このクラブには、サッカーに対する興味を持つ人が、たくさんたくさんいることを改めて感じた一日でした。

 それにしても、今日は何度ビックリすることが続いたのだろうか・・・・
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック