FC2ブログ
Vamos福島
2008、ホワイトリバー最後の遠征!
 朝5:45分出発・夜8:30分解散、バス移動時間往復7時間弱、試合5試合(10時~17時)、これが、2008年ホワイトリバーFC最後の遠征、「埼玉遠征」の概略でした。参加者は、来年1月上旬に行われる、コカコーラ杯福島県大会登録メンバー20名。対戦相手は、埼玉県内の2チーム、【東松山ペレーニア】と【千代田SC】。(本当は同じ会場に大阪から合宿に来ていたチームがあったのですが、組合せの日程の関係上対戦できませんでした。今度は是非大阪で試合を行いましょうと固い握手を交わしました。来年は大阪遠征があるかも・・・)会場は、川越市内の某小学校校庭。埼玉県のサッカーのレベルの高さを肌で感じた1日となりました。しかし、一方で、我がチームの良さも思う存分感じて貰えました。それにしても、昨日のフットサルと言い、今日のサッカーと言い、関東のレベルの高さには、毎度の事ながら勉強をさせられます。個人の技術も、チームとしての戦い方も、どれもこれもが学ぶべき点が多いなあと思いました。「関東遠征は、これだから止められない!」これからも、どしどし関東に行っていろいろなことを吸収し、選手も指導者もどしどしレベルを上げていきたいとしみじみ思いました。早速、来年1月31日(土)に再戦を申し込んで来ました。と言うより、今日を機会に末永いおつきあいをしようと言い、快諾をして貰ったので、来年は埼玉遠征が増えるかも知れません。ついでですが、2月1日(日)は、既に栃木遠征が決まってるので、2日連続での遠征になります。選手の皆さんと保護者の皆さんは、今から頭に入れておいてほしいと思います。
それにしても、会場を出て帰路についた時に、「オシッコが漏れる~!」と渋滞で止まっていたバスの中から、500m位先のコンビニにダッシュで向かった10名の子ども達の姿は、あまりにも滑稽でハンドルを握りながら、思わず大声をあげて笑ってしまいました。途中で我慢しきれず立ち○○○をして、途中からバスに乗ったK君の安堵感でいっぱいの顔が、とても印象的でした。

☆明日は(正式には今日)、フットサルクラブの栃木遠征。6時30分過ぎの出発なので、バスの掃除をすることを考えても、今夜は5時間は寝れそうです。帰ってきてから3時間かけて年賀状の作成も終わったし、明日はスッキリした気持ちで遠征に出かけられます。とりあえず、寝ます。おやすみなさい!

☆『ウィンターキャンプin富岡2008』の写真が記載されました。先日のブログと照らし合わして見て貰うと、その様子が、しっかり伝わると思います。それにしても、トップの写真は、ある意味圧巻です。きっと何の写真かと思うことでしょう。答えは、カメラを下に置き、みんなでへんな顔をしようと優コーチが提案し、そして撮影されたものです。ある意味、2008フォト大賞を受賞してもおかしくないのでは・・・それにしても、優コーチの発想はなんともコメントのしようがありません。でも、写真は最高に面白い!
ついでに、男の子が白目を向いている写真は、入浴をした後、2人組でにらめっこをして、勝った者がアイスをゲットできるというゲームでの1コマです。せっかくなので笑ってあげて下さい。本人は、相手を震えあげさせようと思っているのではなく、笑わせようと必死になっていますので・・・・本当は1枚1枚コメントしてあげたいのですが、後はどんな場面かは想像してみて下さい。(是非聞きたいと言う方は、コメントでお問い合せ下さい。しっかり説明しますので。)せっかく5時間寝れると思ったのに、これでは・・・・本当におやすみなさい!
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック