Vamos福島
もうひとつの土曜日
 『夕~べ眠~れずに~泣いて~いたんだろ~ 彼からの~電話~待ち~続けて~♪♪』

 【もうひとつの土曜日】 by ○○○○  さて、○○に入るミュージシャン名は誰でしょう。それでは皆さん一斉に、「せ~の!」 ・・・・・・・・・・・  叫んだ人は、40代!? 歌を口ずさんだ人は、スポーツカラオケ好き!?

 
 な~んて、今にもビッグ○○○に行きたい欲求に駆られてブログを書き始めたわけではなくて・・・


 今日は、ホワイトリバースペシャルクラスの6年生と5年生の一部、そして3~4年生の選抜選手は、郡山市で本日と明日開催される大会に参加。小松コーチと健太郎コーチがそれぞれ引率。時折小雨が降り、冷たい風が吹き荒れる中での試合になったようですが、子供達は元気いっぱいにサッカーを楽しんだとのこと。6年生チームは、終了間際魔の30秒を経験したようで・・・何事も経験。これからに今日の苦い思いは必ずいきるはず。人生は長い!!!4年生は、熱血漢健太郎コーチと共に、子供達も燃えに燃えまくって・・・ それぞれに明日も寒さをぶっとばす熱い熱いプレーを思う存分披露してほしいと思っています。「がんばれホワイトリバー!宮城から声援を送るからね!!」なぜ宮城から???

 
 そんな土曜日に、私は、西郷村で朝から晩までグランドにいました。午前中はとっても良い天気で、郡山の雨風がうそのようにとっても気持ち良かったのですが、どういうわけか午後になったら天気が急変し・・・どうしてかというと・・・と言っても、サッカーするには最高の天気でしたけどね。(笑)


 昨日のブログでも記載したように、今日は、午前中、クラブ内の練習試合を行いました。経過は割愛し、結論だけ言うと、とってもとっても充実した時間を子供達も我々指導者も過ごすことができました。保護者の方も・・・・・

 土曜日は1年間のほとんどを試合の引率に出ているため、成田コーチをメインに他のスタッフにお任せ状態。そのため、土曜日に行われているサッカースクールの子供達に会うことはほとんどなく・・・しかし、今日は久しぶりに子供達に会って、たくましく成長した姿にただただ感動感動感動・・・でした。保護者の方々もとっても元気そうで、それもまたまた感動感動感動・・・ 

 15分1本の試合を計7試合行い、その後、子供対大人の親子サッカーを行いました。当初は10分位で終わる予定だったのですが、盛り上がり過ぎて30分以上試合を行いました。お父さん方もさることながら、強力フォワード&強力ディフェンスでがんばるお母さん方の姿に、思わず、「すごい!」と唸ってしまいました。(子供の蹴ったボールを、お腹で受けたお母さん。最後まで笑顔で試合を続けたことに、ビックリ仰天でした。今頃、痛がってませんよね・・・)

 子供も親もそれはそれはとっても楽しそうにサッカーをする姿は、本当にキラキラまばゆい感じがしました。

 
 子供達が帰った後、成田コーチと「今日のこの企画、とっても良かったよね。こんな時間をこれからはどんどん増やしたいよね。」と二人で満足感でいっぱいになりながら語りあってしまいました。


 午後は、キンダー・ルーキー・チャレンジ・サッカースクール(試合に参加しなかった者)の合同スクール。幼児~小学2年生と小学3年生~6年生の二つに分け、それぞれ成田コーチと私で担当しゲームを中心に行いました。

 久しぶりに外でサッカーを行えたせいか、どの子も皆、生き生きしている感じがしました。

「楽しかった~!」とご褒美!?を抱えて帰っていく子供達の後ろ姿を見ていて、こちらまでとっても気分が良くなってしまいました。

 さらに、グランドの整備をし忘れていたので、スタッフで整備をしていると、1・2・6年生の子供とその保護者の方が、颯爽と現れ、整備のお手伝いをして頂けたことに、またまた気分が・・・

 さらにさらに、整備を終え、皆が帰った後、スタッフで談笑していると、帰ったはずのある保護者の方が現れ、「寒かったでしょうから、コーヒーを飲んでもらおうと思って・・・」と差し入れを・・・

 整備をお手伝い下さった方といい、差し入れを下さった方といい、そのお気持ちに、ただただスタッフ一同感謝感激雨あられでした!!!



 普段は試合試合試合・・・の土曜日を送っていますが、【もうひとつの土曜日】がこんなにもすばらしい時間であることを心から体感することができ、本当に本当に嬉しい気持ちでいっぱいになりました。


「ホワイトリバーって子供達も保護者の方も最高だなあ!」 帰りの車の中で、ハンドルを握りながら、思わず独り言をつぶやいてしまいました。チャンチャン!!


追伸:本日のスクール会場並びに時間並びに内容変更に伴い、4年生の方々に連絡漏れがありました。子供達並びに保護者の方々には、多大なるご迷惑をお掛けしました。うまか棒1本でお許し願えるとは思っておりませんが、本当に本当に申し訳ございませんでした。今後このようなことがないよう十分に気をつけます。(と言っても、今までもこのような漏れがありました。本当に本当に申し訳ございませんでした!!!)
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック