Vamos福島
本当にお世話になりっぱなしで・・・・・
 先日、日中の天候が良かったため、スペシャルクラスのスクールを屋外(ホームグランド)で行った。雪はグランド周辺には残っているものの、グランド状態はバッチリ。「そんなに寒くもないし、最高!」なんて思って久しぶりでのグランド練習を子供達と大いに楽しんだ。しかし、5年生以下のスクールを終え、19:00~の6年生&中学生の練習になる頃から、気候は一変。黙って立っていると、冷凍庫に放り込まれたエビのように!?、全身凍りそうなぐらいぐっと冷え込んできた。しまいには、子供達が走る際にグランドの土がさくさく音を立て始めたので、よくよく見てみると、なんと土が凍ってきているではないか!!!帰りに見た気温計の温度は、マイナス3度。「そりゃ、土も凍るは・・・」と言った感じだった。(子供達は、○○のジャンパーが凍ってるぞ!と大騒ぎだった。)やはり、ここは福島なんだよな~と実感すると共に、屋外での夜間のスクールは、やっぱりまだまだ先かなあ・・・とつくづく思った。

 そんな地に住んでいるので、やはり平日のスクールは室内(体育館)が中心となる。だから、せめて週末は土の上でサッカーを子供達にさせてあげたい。しかし、やはりここは福島の冬。日中でも寒さや雪の関係でグランドを使用することはなかなかできない。結果的に、雪のない地方への出稼ぎ!?いや、遠征に行くしかない。そこで、効果を発揮するのが、サッカー界の人脈である。特に、この時期は、雪などどこへやらの関東のチームとの人脈関係が、その力を発揮する。(と言っても、この人脈作り=ネットワーク網作りは、ふってわくようにそう簡単にできるものではなく、時間と労力をコツコツと積み重ね・・・それを作るのはおまえの仕事だろ!!! そうなんですけど、本当にここまで来るのは大変だったんですよ。分からないでしょうけど・・・)

 「土で試合したいでしょ。それじゃ、茨城で試合を組むので来て下さいよ。千葉からもチーム呼びますから!」

 「○月○日、埼玉遠征に行きたいんですが・・・」「分かりました。試合を組んであげますよ!」

 「2日間のフェスティバルをやるので、ぜひ来て下さいよ!」「ちょうど良かった。実は、その日に関東のどこかに行きたいと思っていたんです。ありがとうございました。喜んで行きます!お世話になります。」

 等々、本当に関東の方々にはお世話になりっぱなしで・・・・出稼ぎ労働者!?には、この人脈は、本当に本当に本当にありがたいものなのです。誰もが・・・と言ったら大げさになりますが、連絡を入れたほとんどの方々が、福島の出稼ぎ者!?に対して、土の上で試合の出来る環境を提供してくれることに、心の底から感謝感謝感謝・・・の気持ちでいっぱいになります。『持つべき者は友』ではないですが、『持つべき者は 土で試合をしてくれるチーム及び関係者の方々』です。

 明後日(正式には明日)土曜日は、茨城県古河市に出かけてきます。対戦相手は、千葉県の新人大会優勝チームや、茨城県、栃木県の強豪チームとなります。せっかく良き機会を与えて下さった方々に感謝し、平日体育館で鍛えた力を子供達が思う存分発揮し、結果はともかく、土のグランドでサッカーの出来る喜びを大いにかみしめると共に、関東の雄とどれくらい自分たちが戦えるのか(現時点での自分の技量がどこまで通じるのか等々)を思う存分体感してほしいと思っています。それがまた福島に帰ってきてからの練習の励みになるのですから・・・もちろん、指導者の私も思う存分楽しんで、かつ、勉強してこようと思っています。


 「土よ、待ってろ~~~!!! 凍らない土よ~~~ (笑)」


☆昨日の「髪の毛を切った理由」のブログに対して、たくさんの方々からメールや電話、そしてあるお子さんからは心温まる手紙を頂くなど、それはそれはその反響の大きさに驚いてしまいました。『手術』と聞くと、相当重症のように思えますが、頭を切り裂いたり、入院しなければならなかったりと言ったようなそれほど深刻なものではありませんのでご心配なく!多分、カップラーメンにお湯を入れて出来上がるまでとはいきませんが、ラーメン屋さんに行って、ラーメンが出来上がって、食べずにほっておいてのびそうになる頃には終わるような手術ですので・・・<なんでこんな例えしかできないんだろう・・・表現能力の乏しさに・・・(涙々)> (じゃ、頭にメスが入るのに恐くないのね!と言われると・・・正直恐くはありません!とは言い切れませんが、あるお子さんの手紙に書いてあった、「泣かないでください!」とあるように、泣かずにがんばってきたいと思っています。<笑>)

 手術の翌日のスクールでは、相変わらずの姿をお見せしますのでご安心下さい。ただし、ニット帽は絶対に手放しません!なんていったって、その下は・・・はあ・・・手術どうのこうのより、このことが一番気が重いんですよね・・・(涙涙涙涙涙涙涙涙涙)

 
 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック