Vamos福島
1週間最後の仕事完了!!!
 昨晩PM9時過ぎから三つの大会参加文書(全てフットサルクラブの大会参加関係)作りを行い、日付が変わったAM2時、ようやく終了。目の球が飛び出しそうなくらい痛い・・・パソコンの見過ぎか、日頃の不摂生か・・・とにかく、明日(正式には今日)の休みを前に、今週やるべきことを全て終わらせたいと思い、気が狂ったように!?パソコンのキーボードを叩き続けた(笑)。

 いつもいつも思うことだが、文書を作りながら思うことは、「この大会に出る子ども達が、この大会を通して、良い思い出を作り、良い経験をし、またひとつ成長してほしいなあ。」しみじみとそんなことを考えている。そして、その大会が昨年も参加したものなら、「昨年の大会では、あんなことがあったなあ、こんなことがあったなあ。○○君は、昨年はいまいちだったけど、今年は本当にたくましくなったなあetc」と良い思い出や、ほろ苦い思い出など、懐かしい気持ちでいっぱいになる。そして、何より思うことは、「あれから、もう一年も経ってしまったのか~ 時間の過ぎるのって、本当に本当に早いものだなあ~。」ということである。

 そんな感慨にふけりながら文書を作っているから、時間が掛かりすぎるんだよ!!! そんな天の声が聞こえてきそうだが、それはそれはごもっともなことで・・・ でも、いろんなことを考えて文書を作るのって、すごく楽しい時間なんです!!!(ただし、作成する量が今回のように膨大だと、正直、嫌気がさしてくるのですが・・・<苦苦笑>)


 ところで、今週、ようやく歯の治療が終了しました。ようやく!?って・・・・ 以前にも書いたことがありましたが、この治療は、8月に静岡県で行われた『全国少年少女草サッカー大会』の後から始まったもので、かれこれ5ヶ月の時間を要して、完了したのです。ですから、「ようやく」というわけです。やっと、思いっきり、奥歯で物が噛めるようになり、ほっとひと安心です。(実は、奥歯は小学校から高校まで10年近く本格的に野球をやっていた頃に、ことあるごとに食いしばり過ぎたせいで、ぼろぼろになってしまっていて、左下奥歯はその影響で消滅していて、右奥歯がかろうじて残っていて、疲れがたまるたびに非常な痛みが出ていました。今回もその影響で・・・それを完全に治すために、長期間の治療になってしまい・・・まめ知識ですが、プロ野球選手のほとんどは、奥歯を義歯に変えていると言うことです。)

 そんな歯の治療をしているときに、思わず笑ってしまうことが多々あり、その度にある言葉を思い出していました。
 それは、診察台に座ると、いつも決まって、「トイレに行きたい!」と何度も言うお婆ちゃんがいて、よく先生から、「○○さん、診療前に必ずトイレに行って来て下さいね!」と言われていました。その「トイレ」は、診療中にも
行くことがあり、先生もほとほと・・・ そんな様子を隣に見ながら(聞きながら)、「何やってるんだろう、あの婆ちゃんは・・・」と思うたびに、こんな言葉(格言!?)をいつも頭の中で思い出しました。その言葉とは・・・


       『 年寄り笑うな行く道じゃ 子どもを叱るな来た道じゃ 』


 と言うものでした。どこでこの言葉(格言)を聞いたのかは忘れてしまったのですが、どういうわけか、お年寄りや子どもが何かへま!?(この表現は適当ではないのですが、思い当たる言葉が見つからないので使いました。相変わらずの語彙不足ですいません。)をすると、いつもこの言葉が頭に浮かんでくるのです。そうすると、お年寄りの失敗も、子どもの失敗も、なぜか寛容に受け止めることができるし、気持ちを察することができるのです。誰に教わったのか、どんな本で読んだのか、思い出そうにも思い出せないのですが・・・・・


 なぜか文書作りの話から、思いっきり路線変更の話になってしまったようで・・・とにかく、明日は休み。明後日から始まる激動!?の1週間に備え、しっかり充電したいと思います。

追伸:最近、寝る前の読書は、松下幸之助氏の著書『道をひらく』と『イレブン』という古い古いサッカー漫画の2冊にはまっています。2冊は、両極端な内容の本に思えますが、どちらも、心を熱くしてくれる本で、この本を読むと、「よ~し、明日もがんばるぞ~!」と萎えた心を!?鼓舞してくれます。もうこんな時間ですが、今日は、イレブンの11巻だけ読んで寝ます。いよいよ日韓戦、どんな展開になることやら・・・ 何言ってるのか分かりませんよね。      おやすみなさい
 











  
 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック