Vamos福島
12番目の選手
 先日、高校サッカー選手権の番組が放映され、『12番目の選手』と題した特集が組まれたテレビ番組を観た。読んで字のごとく!?現在行われている全国高校サッカー選手権に事情によりベンチ入り出来なく、マネージャーとして活躍する高校生の話や、応援席から楽器で声援を送るブラスバンドの話や、チーム内の競争に負け、涙を呑んでスタンドから応援に徹する選手の話であった。その番組を観ていて、涙が止まらなかった・・・・・

 明日から(正式には今日から)コカコーラ杯福島県大会が2日間にわたって、いわき市で行われる。県南第1代表として出場する我がチームにも、5年生ながら20名の登録メンバーに入れず、12番目の選手になった者がいる。

 「ベンチに入れなくても、ぼくは大会に参加します!」

 小さな身体で、力強く言い切るその姿を目の当たりにした時、胸が締め付けられるような思いでいっぱいになった。

 
 20名の選手が、ピッチに立つ選手が、K君の気持ちを心に思い浮かべながら、思う存分自分の力を、自分たちの力を発揮してくれることを願うばかりである。

 
  
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック