Vamos福島
諸人~こぞ~りて~♪♪♪
 凍てつくような寒さとは、今日のようなことを言うのだろうか・・・体育館での練習を終え外に出ると、一瞬にして頭の先から足の先まで凍り付くのではないかと思えるほど寒くて・・・体感温度は、マイナス30℃!そんな厳しい寒さの一日だったが、暖かい出来事がたくさんあり・・・

 午前中、巡回指導で月2回訪れている保育園で『ふれあいクリスマス会』があり、招待を受けて訪園してきた。(昨年も同時期に同じ会に招待を受け参加し、大いなる感動に包まれたのである。ですので、今年も大いに楽しみで・・)
 会の中心は、子ども達が主役のクリスマスミュージカル。その内容は、そこかしこの保育園や幼稚園で見られるお遊戯!?のようなものでは全くなく、クリスチャンの保育園であることを象徴するかのように、イエスキリスト誕生の秘話をミュージカル風に仕立てたものを3才~6才の子ども達がそれぞれの役になりきり演じるもの。独特の雰囲気に昨年はとてもたじろいだが、さすがに2年目になると、そう言うものだという認識があるため、すんなりとその場にとけ込む!?ことができ、1時間近くの会を大いに堪能することができた。目の前で演じている者が、どういうわけか、いっぱしの役者に見えてしまったのは、きっと私だけではなかったはず。「上手いなあ!」孫の成長した姿を見に来たのであろうおじいちゃんが、子ども達の演技を見ていて思わずもらした言葉に全くの同感だった。(会が終了し園を出ようとすると、「えんちゃ~ん!」とどこかで聞いた声が・・・先ほどまで熱演していた年長児が、衣装を身にまとい駆け寄ってきた。「どうだった!?」と聞くので、「最高だったよ!えんちゃん、感動しちゃったよ!!」と応えると、ニコニコ顔顔顔・・・。「明後日来るからね!」と木曜日に行われる今年最後のサッカー教室の話をすると、「うん、待ってるからね!!!」と言いながら、スキップしながら部屋に戻っていく後ろ姿を見送りながら、「木曜日は、いつも以上にはりきってがんばろう!」そう独り言をつぶやいてしまった。寒さが吹き飛ぶ心がぽかぽかに暖かくなった会の参加になりました。)


 ホワイトリバーフットボールクラブ、ルーキー・チャレンジクラスのスクールを終え、コンビニに立ち寄った。目的は、切れてしまった煙草を買うため。煙草が値上がりすると言われているのに、止められないというか止めようとしない自分に少々嫌気がさしながら、スクールを終えた後の一服に至極の喜びを感じている今日この頃・・・その煙草を求め車を飛ばしコンビニへ。購入すると車に乗り、早速火を付けひと吹かし。「プファ~~~この一服がたまらん!」とまたまた独り言をつぶやきながら、寒さをものともせず窓を開け煙を吐き出すと・・・・どこからともなく「あっ、先生!」の声が聞こえてくるではないか。「はっ!?」と思っていると、野球のユニフォームを着た身体のごつい男が白い息を吐きながらこちらに近寄って来るではないか・・・「誰!?」と思って見てみると、M小学校出身で現在S高校野球部のI君。私がM小学校に勤務しているときに、よく野球の話をしていた子であった。「ホワイトリバーのエンブレムを見て、遠藤先生じゃないかと思いました!」と車に貼り付けてあったチーム名のシートを見て近寄ってきたようであった。「今、南湖までロードワークに行ってきたんです。」と汗をだらだらとかき、真っ白な息をはきながら話しかけてきた。こんなに寒いのに・・・こんな遅い時間なのに・・・「青春してるなあ・・・」その姿を見て、思わず感動してしまうと共に、「俺もこんな時代があったんだよなあ。」と、ついつい若き日を思い出してしまった。「がんばってるなあ。来年は、甲子園行けるようにがんばれよ!!」と言うと、「はい!がんばります!!!」と言い、「それじゃ、失礼します!!」と学校に向かって走り出していった。「明日にときめけ、夢にきらめけ!がんばれよ、高校球児!!」その背中に、心の中で精一杯のエールを送った。ところで、「この一服がたまらん!」とひと吹かしして買ったばかりの煙草はと言うと・・・I君の姿を見るやいなや思わずもみ消してしまった。「もったいな~い!」と思わなくもなかったのだが、それよりもなによりも、健康そのものの球児を前にして、煙草を吸うことがまさに罪悪感でいっぱいになってしまって・・・・・車を走らせ帰宅する途中、新しい煙草に火をつけようとしたのだが、I君の姿を思い出したら、どういうわけか火をつけることができなくなってしまい・・・・このまま禁煙!とは行かないだろうが、今夜だけはリトル禁煙でも・・・夢を持ち、その夢に向かって突き進む姿って、本当にまぶしくてかっこいいなあ。I君を見て、しみじみとそう思ってしまった。ものすごい寒さの夜であったが、ものすごく心も体も暖まる出来事でした。


 明日も、寒さを吹き飛ばす暖かいことがたくさんたくさんありますように!!!(自分も誰かのために、そんな存在になれればいいなあ・・・) 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック