Vamos福島
ラ~ブレターフロ~ムカナダ~
 『ラ~ブレターフロ~ムカナダ~』
 このフレーズを読んで、ピン!と来る方は、と言うか、このフレーズを読んだ瞬間に、思わずあの歌を思い出してしまい、鼻歌のように歌ってしまう方は、まさに、40代以上の方々だと確信しますが如何でしょうか・・・・・

 と、突然、これって何を言おうとしているブログなの?と思われたかと思いますが、実は、11月4日のブログに対して、本日、コメントが書き込まれていたのですが、その差出人が、なななんと、現在カナダ在住の方で、日本から何万㎞も離れた北米大陸のカナダから発信されたものだったのです。(コメントを公開しているのでご覧頂きたいと思います。11月4日のブログの下の方にあるコメント1と書かれているところをクリックすると本文を見ることができます。)

 インターネットの世界は、グローバルなものであると言うことは、百も承知のことでしたが、実際にそのことを実感することは皆無に等しかったのですが、カナダからのコメントを受け取り、そのことを思いっきり体感しました。

 差出人は・・・・・ニコルさん。ニコルさんって誰!?

 ホワイトリバーフットボールクラブの今の6年生(もしかしたら中学1年生かも?)は、覚えているはず。優コーチが現在在籍している高校の女子サッカー部の人たちと、以前に練習試合をやった時に、ゴールキーパーをやっていた超大型の外国人選手で、みんなのシュートをことごとく枠外にはじき飛ばした、あの、超スーパーキーパーのニコルさんです。「あっ、あの時の人!!!」と思い出したことでしょう。

 高校の留学生としてここ白河にやってきて、2年間日本の生活を送った彼女。祖国を離れ、言葉の通じないここ日本で、さぞかし大変な思いをしていると思っていましたが、会うといつも明るい笑顔で元気いっぱいな姿を見せていました。(一緒に食事したことがあり、その時の食欲旺盛さに度肝を抜かされたことを今でも鮮明に覚えています。)日本に来て初めてサッカーに興味を持ち、2年間、優コーチと一緒に女子サッカーチームで活動しました。その時に、一緒に試合をやったホワイトリバーのことを彼女はカナダに戻ってからも覚えていてくれて、そしてコメントを送ってくれた。これほどの感激はありません。
 「ニコル、元気か~い!たどたどしい日本語のコメントだったけど、気持ちがこもっていて、とっても感激したぞ~!!とっても元気そうで安心したよ!!!大きなお世話かも知れないけど、食べすぎには、注意しろよ~!!!!もし、また日本に来るようなことがあったら、絶対に白河に遊びにおいでよ~!!!!!」

 
 ホワイトリバーフットボールクラブのことを応援してくれている人が、日本から何万㎞も離れた所にもいる。みんな、がんばらないとね!!!

  
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック