FC2ブログ
Vamos福島
微力も微力、大微力ですが・・・・
未曾有の大災害を及ぼした台風19号。

今なおその爪跡は深く、平穏な日々が奪われ、逆境を余儀なくされている方々がたくさんたくさんいる!今この瞬間も・・・・・・


思い起こせば今から3年半前、熊本県及び九州各地に発生した熊本九州大地震。先日熊本県のシンボルである熊本城の復興復旧の様子をとある報道番組で拝見しましたが、震災前に姿形に戻るにはあと20年は・・・・・と言うことでした。一日も早く・・・・そう願うばかりです。


その震災の際、「東日本大震災の時に、日本全国様々な方々から厚い支援を受けた者として、今回は自分たちが今困っている熊本・九州の人たちのために力を尽くそう!」を念頭に掲げ、クラブとして何か出来ることは・・・・と考え、街頭募金活動を行いました。

20191022_135631_convert_20191022144625.jpg

これはその募金活動時に急遽製作し着用したシャツになります。

また、どこの誰がこの活動をしているのかをお知らせするために・・・・・

20191022_135214_convert_20191022143628.jpg

このような看板!?を作り、募金活動をしているところに掲示し所在を明らかにしました。

また、街頭募金だけでなく、クラブ内でも募金活動を行ったり、クラブ主催の交流試合を開催した際にも参加したチームを対象に募金活動を行ったりしました。

様々な募金活動で集まった善意の募金額は約50万円でした。その全てを、赤い羽根募金熊本県地震災害義援金に募金させて頂きました。

更に、「がんばろう熊本!がんばろう九州!」の想いを込めたTシャツを製作販売し、その売り上げ(製作費用を差し引いた金額)をやはり義援金として募金させて頂きました。

その時製作販売したシャツは・・・・

20191022_135447_convert_20191022143909.jpg

20191022_135551_convert_20191022144131.jpg

黒色、白色の二つのタイプを作り、クラブ内の方々はもちろんのこと、クラブホームページ等々をご覧頂き、その趣旨に賛同して頂いた県内外のサッカー関係者をはじめ一般の方からも購入の希望があり、100着近い販売をさせて頂き、その売り上げを・・・・・・


微力ではありますが、我がクラブが出来ることを、その当時、精一杯の形で体現させて頂きました。



「今回の台風19号の影響で同じ福島県で多数の方々が苦しんでおられる!」

「東日本大震災の復興支援で大会に招待して頂いた長野県千曲市の方々が苦しんでおられる!」etc


そんな方々のために出来ることは・・・・・・・ 果たしてここで活動を起こさなくて良いのか・・・・・ 等々


微力ではあっても少しでも役立って頂ければ、恩返しすることができたら・・・・・・・


その思いに駆られていてもたってもいられず、本日このような文書を作成し、3年前に街頭募金活動をさせて頂いた某施設数カ所にお願いに伺ったのですが・・・・・

20191022_142933_001_convert_20191022145056.jpg

結果は全て今回はご遠慮願います!との返答となりました。

「うちの店舗でもこの募金活動は行っておりますので・・・・」

「であるなら、募金活動をさせて頂き集まった募金を○○店さんに活動終了時点で全額お渡しさせて頂きます!」

本来は、この募金活動で集まった募金は、昨日から始まった赤い羽根共同募金主催の【令和元年福島県台風第19号災害義援金】に募金しようと思っていたのですが、お店側に全額・・・・・と文書を作り直し再度依頼に伺ったのですが、それでもやはり・・・・・・


「クラブの売名行為などでは決してありません! 苦しんでいる人たちのために活動をさせて頂きたいだけなのです! 人がたくさん集まる場所でないとたくさんの募金も集まらないのです! ですのでどうか活動をさせて下さい!」

残念ながらその声は伝わりませんでした。


熊本地震の際に依頼した活動申請書と報告書とこれを着てこれを掲げてその当時活動させて頂きましたと言うことで上記の緑色のシャツと看板も持参したのですが、それら全ては降りしきる大雨にただびしょびしょになっただけでした。泣泣泣

「今の時代、こう言った募金活動を受け入れるわけには・・・・ 特定の団体だけを受け入れるわけには・・・・・ 」

なぜ? どうして? ただただ少しでも今苦しんでいる人たちのために・・・・・ その思いだけなのに・・・・・



と言うことで、街頭募金と言う形での力にはなれませんが、3年前同様、クラブ内の募金活動、そして、11月2日(土)~4日(月)の3日間に開催する3つのクラブ主催大会時での募金活動、そして、シャツの製作販売による売上金の募金活動(今回はシャツではなく時期的なことも見越してパーカーを作成予定)のこの3つを行いたいと思います。と言うより行います!


詳細は近日中にクラブホームページやクラブメール、クラブツイッターや様々なSNSを駆使してお知らせ(発信)して行きます。


そちらをご覧になり趣旨をご理解頂き、我がクラブの微力も微力、大微力の活動をたくさんの方々にご支援ご協力頂き、大きな大きな力として結集させ、今苦しんでいる方々の1日も早い復興復旧の、何より以前のような平穏な日々を取り戻す一助になれればと思っています。


VAMOS福島!VAMOS東北!VAMOS日本!


今こそこの言葉を声高らかに唱えさせて頂き、その思いを想いを形にして行こうと思っています。


皆様、ご協力のほど宜しくお願い致します!


そして、今苦しんでいる皆様、明けない夜はありません! 出口のないトンネルはありません! お気を強くもって、この難局を乗り越えて下さい!


We’ll never walk alone!   あなたは決して一人ではありません!



☆このブログを書き終え夕方のトレーニングを行っていたところ、本日二度お伺いした○○店の店長様より電話があり・・・・

「再度本社と検討した結果、店頭で募金活動を行っても良いとの判断をしましたので、ぜひとも活動下さい!」

との連絡が入りました! とにかく感謝感謝です!

明日、クラブホームページに募金活動の詳細を記した文書をクラブ員対象に掲載します! その内容をご覧頂き、この活動の趣旨をご理解頂き、「我こそはその募金活動に従事しよう!」そう終われた方はぜひぜひお力をお貸し下さい!

それにしても○○店様に趣旨が伝わって良かった~!!!

あとはクラブ員の方々のご協力を得れれば・・・・・・・・です。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック