Vamos福島
静岡より第5日目の報告
 8月17日(月)PM8:40。ただ今、子供達は、30分以上の長いミーティングを終え、各部屋に戻り、サッカーノートに向き合っている時間です。どうして長いミーティングになったかと言うと・・・企業秘密ですので、ここでは割愛します。

 本日の試合結果は、U12・U11共に、既に優コーチのブログに記載されていますのでそちらを御覧下さい。U11のチームは、初得点・初勝利の目標を達成!!!16人と本間コーチの17人で掴んだゴールと勝利の味は、それはそれは格別だったことと思います。いろいろな諸事情で、明日の最終戦は練習試合形式になるのですが、「U11の今大会の参加の目標は、結果ではなく、一人一人のレベルアップ!」これが大きなメーンテーマなので、練習試合であろうがなんだろうが、関係なし!5日間の成果の確認と次への飛躍につながるゲームをやりきるよう、先ほどのミーティングで伝えました。食い入るように話に聞き入る姿がとても印象的でした。(初日のミーティングに参加する様子と5日目の参加態度が見違えるように違ってきたことをひしひしと感じ、この長丁場の大会に参加して良かったなあとしみじみと思いました。)

 U12のチームは、3位トーナメント戦。朝、グランドにつくと、既に第1試合を行うチームがアップをしていました。その練習に取り組む姿にただただ圧倒され、3位トーナメント戦に出場するチームのレベルの高さを、その一瞬で私も子供達も肌で感じることができました。1回戦、東京都のチームに0対1の敗戦。この敗戦は、これから先のチームの方向性・個人が目指すべきサッカー像をくっきりはっきりと明確にさせてくれました。ものすごく価値のある尊い敗戦になりました。(指導者としても、この試合で得たことは、もしかしたら、今後のサッカー指導者としてのあるべき姿を揺るがす大きな財産になりました。それは、対戦チームから何かを学んだと言うことではなく・・・・・やはり企業秘密とさせて頂きます。大げさに聞こえるかもしれませんが、本当にもの凄いものを得たのです。それが何かは、今後のU12の試合を見ていただければと思っています。もちろん劇的な変化をすぐにするわけではないことをご理解頂くと共に、1ヵ月後、3ヵ月後、半年後・・・・楽しみにしていて下さい。え~っ、小学校生活が終わっちゃう・・・・何をおっしゃいますか、中学校まで含めたら、あと3年と7ヶ月もあるではないですか!!!) その後は、千葉県の強豪チームとの対戦。これまたもの凄く印象に残るゲームとなり、久しぶりに、「しびれっちまった!!!」と思わせる内容のゲームとなりました。激しく厳しいプレッシャーを受けながらの40分間の試合の中で、1試合目の敗戦から得たチーム&個人の進むべき方向性が、ほんの少しですが垣間見えたプレーがあったことが、「しびれっちまった」大きな要因でした。「最高のゲームができたじゃないか!」同点だったためPK戦になったのですが、勝ち負けなど全く関係なし。PK戦の前にベンチ前に集まり給水している子供達に、心のそこから素直に「やろうとすることがあんな厳しい中でもできたじゃないか。5日間の中で最高のゲームだったぞ!」と勝敗がまだ決してないのにそうつぶやきました。それほど、心から印象に残るゲームだったのです。ですから、PK戦で勝とうが負けようが、そんなものはどうでも良し!100%以上そんな気持ちに包まれていました。PK戦の結果は、勝利!キーパーの気迫がもたらした勝利だった!!!そういっても過言ではありませんでした。(そのお祝い!?に、グローブがボロボロになっていたので、夕方、サッカーショップで新しいグローブをプレゼントしました。そのグローブで、明日からの試合で、ゴールを死守してくれよ、清矢!!)

 明日は、最終戦。3位トーナメント戦の5~6位決定戦。対戦相手は、な・な・な・な・なんと、昨日のブログで紹介したM君のチームとの対戦となりました。250チームも参加しているチームの中で、M君のチームと最終戦に対戦するなんて想像もできないことだったし、対戦したくても、宝くじで3億円当たるよりも確率が低いことなはずなのに、それがこんな対戦カードになるなんて・・・・「今までがんばってきたご褒美だよ!」とサッカーの神様の声がどこからか聞こえてくるような気がしてならないほど信じられない!と言った感じです。対戦カードが決まり、我がチームの子供達もM君もそれはそれは、本当に嬉しそうでした。『良き友は、良きライバル』明日は、40分間の試合を、思いっきり楽しんでほしい・・・心の底からそう思っています。

 試合を終えた後は、2チームが毎年恒例の大会最終日前のお土産売り場に集合。2時間ほど思い思いのショッピングタイムを過ごしました。昨日のサッカー祭りでは、ほとんど自分のほしい物を購入していて子供達も、今日は、お父さん・お母さん・お姉ちゃん・お兄ちゃん・妹・弟・おじいちゃん・おばあちゃん・・・・・のことを思いながら、いろんな物を買いあさって!?いました。果たしてどんな物を買ったのでしょうね・・・・明日の帰宅を楽しみにしていて下さい。(M君はお買い物タイムに一緒に混ざりたい!と言うことで、自分のチームの試合後、駆けつけ、2時間一緒に行動。その後、なんとバスに乗って一緒に宿舎へ。そこからお母さんの車で帰宅しました。バス内の様子を運転しながら、ミラー越しに眺めていると、本当に離れていた時間など全くなかったようなふれあいに、なぜだか運転しながら、涙がこぼれそうになってしまいました。サッカーを通して豊かな人間の育成をする!こういうことなんだよなあ・・・改めて、このクラブを作って良かったなあ・・・と心底そう思いました。

 というわけで、静岡より第5日目の報告でした。明日のブログは、静岡ではなく、福島からになります。そうです、いよいよ明日は、福島に戻ります。様々なことがありましたが、少なからず、この長期間の大会参加を通して、31名の子供達、一人一人がたくましく成長した!!!そう思っています。もちろん、それはきっと目には見えないものかも知れません。どんなふうに、ちょっぴりの成長を遂げたか、ぜひとも、明日からの日常生活で、そして、試合を通してみてあげてほしいと思います。明日の最終戦を終え、PM12時頃にここ静岡をたちます。PM6時頃に福島に戻る予定です。詳細は、明日、携帯メールでお知らせしますが、PM6時頃つく予定であることを、このブログを読んだ方は認識下さい。(お知り合いの方にもお伝え頂けると助かります。)
 
 31名の子供達は、みな、元気に5日間を過ごし、最後の眠りにつきました。「君達の少しは成長した姿をお父さん、お母さん・・・に見てもらうことが、この大会のゴール。そのためにも、明日、最高の体調で試合に臨み、元気な姿で福島に帰ること。そのためには、とにかくゆっくりやすむこと。」今頃、子供達は、久しぶりに再会したお父さん・お母さん・・・・の腕に優しく抱かれ、ほっとひと安心している夢を見ていることと思います・・・・

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック