FC2ブログ
Vamos福島
猫の身になって・・・・・
突然ですが、こんな物をネット通販で最近購入しました。

201901171329130e4.jpg

むむっ!? はっ!? そう思われた方は普通のお方!笑  あっ! あれね! そう思われた方は、ペットマニアのお方!笑笑


実はこれは・・・・・ 猫の部屋への出入り口です。下記のようにドアに装着するのです。 

20190117133216dde.jpg

☆もちろんこれを装着するにはドアをくり抜く!?わけでして・・・・・・・ 色々ありまして、我が家のとある部屋のドアを断腸の思い!?でギコギコギコギコし・・・・・・・・泣泣  それでも我が家のスター君を思い・・・・・・・苦笑


購入物が昨日届き、事前にくり抜いてあったドアに装着。その見栄え出来栄えに独り大きな拍手~!笑

早速スター君を呼び寄せ、「今日から、これがスターの出入り口だぞ!」と告げたのですが・・・・・・・・・・・・

20190117133548941.jpg

何としたことでしょう! 出入り口の前に座りはするものの、潜り抜けようと全くしないスター君でした!泣

何度か練習!?させたのですが、自力では結局通り抜けられず・・・・・・・・泣泣

なぜなのか!? その理由は考えなくても分かる気が・・・・・・・


どう言うこと!??  それはですね・・・・・・  出入り口にはプラスチック製の扉が付いており、その扉を開けないと潜れないわけでして・・・・・  人間が手で押せば何の力も入れずとも開くのですが、猫がその扉を開けるには、自分の体(頭)を当てないと開かないわけでして・・・・・・

意味分かりますかね・・・・・・・  とにかく、猫の身になって考えて見ると、扉を通るたびに、軽度ではあるものの(猫にとっては軽度では済まないのか知れませんが・・・・)、衝撃を受けることになるわけで、度々そんな思い、そんな痛さを感じるのはほとほと嫌気がさすわけでして・・・・・・・


そんなの何回も練習!?させて猫に叩きこめばなんちゃない! 我が家の猫はそうしてる!


おっしゃる通り!私もスターに何度も特訓!?させて見たのですが、結果は・・・・・・・・・


でもでも、上述したように、私がスター(猫)だったら、いくら軽いプラスチックとは言え(猫にはその素材など皆目見当もつかないでしょうが・・・・苦笑)、同じように尻込みしてしまう!そう思うわけでして・・・・・・

根性のない猫だなぁ・・・・・・  そんなこと言わないでおくれやす!泣泣笑

と言うわけで結局・・・・・・・

201901171335499a6.jpg

プラスチックの扉を外し、外枠だけ残すことになりました。そうしたところスターは・・・・・・・  ぴょんぴょん出入りしたのでありました!!苦苦笑


その様子を見ていて、「そりゃそうだろうて!」とスターにそう呟く、仮のご主人様でありました! チャンチャン♪♪笑

(仮のご主人様と書きましたのは、長年のブログ愛読者の方ならご存知かと思いますが・・・・笑、我が家のスター君は娘の純が小学5年生の冬に道端に捨てられていた猫を拾って来て、「捨てて来なさい!」そう言われるのが嫌で、家族に内緒で飼っていた猫で、なんやかんやとあって、我が家の住人となったわけでして、ですので本物のご主人様は純さんになる!そう言うわけです。)


それにしても、大変便利なグッズ!?と当初は思って購入したわけですが、よくよく考えて見ると、と言うか猫の気持ちを考えた人が製作したのなら、やはり扉にプラスチックなど付けずに、布製カーテン!?のようなものを装着したのではないだろうか???


他人の身になって他人の気持ちになって考える! 同様に猫の身になって考えれば・・・・・・・・・


と言うか、製作者云々よりも、購入する段階で、その扉がスター(猫)にとってどんな脅威!?になるものなのか・・・・・・ そう判断出来なかった私の落ち度なのでありまして・・・・・ 私こそが「猫の身になって!」・・・・・・・・・


と言うことで、後日、この空洞!?にミニカーテンでも装着しようかと思っています。ただし、その色や素材etcに関しては、人間の考えではなく、猫の立場、視点に立って、つまり、猫の身になって・・・・・・・・です!苦笑

いっそのこと、スターを店に連れて行って、選ばせようかとも・・・・・・・・苦苦笑




しかしペットの便利グッズとは書いたものの、よくよく考えて見ると、ドアを開けっぱなしにしなくて済むグッズなわけで、全ては人間様の都合の良い物であるわけでして・・・・・・・・・


と言うか何を言いたいのかわけが分からなくなってきたので、この辺で終了!笑


とにかく他人の身になって気持ちになって考えることの大切さ!を改めて痛感したそんな今回の出来事でした。


言わんとすることが伝われば幸いです!笑笑




☆今から24年前の今日、兵庫県を中心に阪神淡路大震災が発生しました。あれから24年と言う長い長い年月が過ぎ去りましたが、現地では本日早朝慰霊の儀式が・・・・・・・・・


実は以前我がクラブの会員の方の中に(既にそのお子さん2名は大学生!?です)、この大震災のために、兵庫県からここ福島(白河市)に避難をして来た方がおりました。その方は、24年前にこの大震災に遭い、なんと、その16年後に、この地であの3.11東日本大震災に遭うと言う、ダブルパンチ!?を受けてしまったのです。その当時その方が呟いたことが今でも鮮明に脳裏に刻まれています。

「我が人生の中で、とんでもない大きな震災を2回も経験するとは思わなかった。」


【不遇】などの言葉では片づけられない事象ですが、この世の中にはそんな方もいると言うことを・・・・・・・・・



あれから24年。そして、今年の3月11日で、あれから8年。


道半ばにして、いや、自分の意に反して人生に終止符を打たざるを得なかった方々に改めてご冥福を申し上げますと共に、今自分が生きていることに感謝し、微力ながらも出来得ることに精一杯尽力せねば! 一度きりの人生を少しでも悔いなく生きねば!等々、そう思う次第です。


合掌
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック