FC2ブログ
Vamos福島
再始動
56

今年の3月9日、あれから7年の被災地の旅!?をしている際、この幼稚園を目にし、「いつの日かこの園の子供たちのために復興支援活動が出来たら・・・・・」 そう思ってから約7ヶ月。

ついに今日その夢!?その思いを実現することが出来ました。年中児さん20名、年長児さん27名の2クラスの活動を行ってきました! と言うより、行わせて頂きました!その表現の方が的確かと・・・・・・・


突然園庭に現れた不審者!?を怪訝そうに教室から見つめる子供たち。そんな子供たちの様子を目にしながら、「よ~し、この子たちを思いっきりえんちゃんワールド!?(笑)にひきこんでやるで~~!!(笑笑)」

そんな決死の覚悟!?で臨んだ45分間と50分間の活動。結果は・・・・・・・・・・・・100点満点!!笑笑笑

活動終了後は、「えんちゃん、また来てね~!」 「また一緒に遊ぼうね~!!」etc

そんな声を汗びっしょりになりながら耳にし、ほくそ笑むえんちゃんでした! チャンチャン♪♪大笑


とにもかくにも、この活動の目的を、初めての町で、と言うより、あれから長い年月が過ぎた今でも、あの日以前の町の姿にはほど遠いこの地で少しは果たすことが出来た! と言うより何より、この地の子供たちにわずかな時間ではあったけれど、笑顔の花をたくさん咲かせることが出来た! それが嬉しくて嬉しくて・・・・・・・・・・・


今月末に再度の訪問。その時はきっと、訝しい顔ではなく、あったか~い顔で迎えてくれるはず! きっと、おそらく、たぶん・・・・・・・苦笑




活動を終え園をあとにし向かった先は・・・・・・・・・7月28日に再始動したJビレッジ! 再始動後一度も訪れていなかったので、園での活動が終わったら必ず・・・・・・と思っていたのでワクワクしながら訪れ・・・・・・・・・・


駐車場に車を停め、早速目に入った光景は・・・・・・・

201810051844053b2.jpg
 
テレビなどでは見ていたのですが実際に目にすると何とも言えない感動が湧きあがって来て・・・・・・・・涙涙

なぜなら、ここから今年の3月9日に見えた光景は・・・・・・・こんな感じだったのですから!

51

と言うより、数年前までは原発事故終息の最前線基地!?としてアスファルトに塗り固められ無数の車や施設が立ち並び居並び・・・・・・・

Jビレッジグランド

あの年から1年に1回だけですが、毎年その変遷を見てきた者として、今回目にした光景の何とも神々しいこと・・・・・・・・大袈裟に聞こえるかも知れませんが、これが素直な感想です。


グラウンドもさることながら、Jビレッジ本館もすっかり・・・・・・・・ 原発関係者以外、立ち入ることすら、いや、近寄ることすら出来なかった施設が、震災前のように堂々と入ることができ・・・・・・・・涙涙

20181005184402626.jpg

20181005184404310.jpg

『感無量!』 その一言に尽きました。 と同時に、室内に入り、あちこちを見回しながら、『時が戻った!』 しみじみそう思いました。そしてそして、この施設を震災前に何度も何度も利用していた当時のことが走馬灯のように・・・・・・・・・涙涙涙


グラウンドでは、U‐17日本代表とU‐17カンボジア代表の試合が繰り広げられていました。

20181005184408f93.jpg

※本当は施設だけ見てお昼過ぎには帰る予定だったのですが、今日から【JENESYS2018メコンU‐17サッカー交流会】が開催されていたようで、夕方迄試合を観戦してしまいました。苦笑

何の大会???  それはですね・・・・・・ ご自分でお調べ下さい!!笑



震災以降、この施設の写真を撮る際は、係の人にばれないように、まさに、『隠し撮り』状態でした。意味分からないかも知れませんが、まさにまさにだったのです! それが今回は堂々とパチリパチリ! しかも、堂々と施設に侵入! いや、入場できた! 当たり前のことを当たり前のように出来るようになった! 


【再始動】 を実感体感した瞬間でした。


とは言え、この施設は、数十年と言う気の遠くなるような長い長い年月を要する廃炉作業を行っている福島第一原発まで約20km圏内に位置する施設。

施設の脇を走る国道4号線の表示板には、「この先11キロから歩行者二輪車立ち入り禁止」の赤色の文字がこうこうと・・・・・・

その言葉の意味することはもちろんご理解頂けるものと・・・・・・・



華やかな光景とは裏腹に、まだまだ復興復旧にはほど遠い現実がある! それは隠しようがない事実です。


ただ今日目にしたことは、その現実・事実があるにせよ、感動的なもの、ことであったわけで・・・・・・・

それよりなにより、今日接した子供たちは、元気いっぱいな子供たちだったわけで・・・・・・・・



同じ福島に住む者として、これからも様々な変遷をしっかり見つめ、そして、微力ながらその良き変遷への一助になれれば・・・・・・改めてそう思った一日でした。


がんばろう福島!  VAMOS福島!!
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック