FC2ブログ
Vamos福島
今を生きよ! 明日を生きよ!
この地は朝から雷ゴロゴロ、そして、久しぶりの雨。

事務所に来る途中、ラジオのDJ!?は、「これこそ恵みの雨」と連呼!

確かに!確かに! それにしても、天気を気にしなくて良いと言うのは、雨を恵みの雨と感じることが出来ると言うのは、本当に幸せだなぁ・・・・・と独り言をぶつぶつぶつぶつ!(笑)

この意味分かりますかねぇ・・・・・・・・・・・(笑笑) 


昨日、一昨日と、私の原点のひとつである大会に参加して来ました。

原点の大会!? そう思った方は、ブログ愛読者であらず!!(怒笑)

20180805231602c30.jpg

2日間、まさに夏真っ盛りの天候のもと、太平洋の海風を体いっぱいに浴びながら、我が子供たちは、思う存分!?今の自分を表現していました。とは言いましても、初日の1~2試合目は、サマーキャンプ疲れ!?と約1週間ぶりの本格的サッカー!?のせい!?でボールが全然足に吸いついていなかったようですが・・・・・(苦笑  それは私の主観のみならず、我がクラブを良く知るあるチームの指導者の方からも、「今日のホワイトリバーの子供たち、なんだか変じゃね!」と言われたぐらいですから・・・・・苦苦笑)

それでも朝の散歩!?をしながら太平洋を一望したり、
20180805231600ee4.jpg

久しぶりに先輩と再会したりしながら徐々に本領発揮!?し・・・・・・
20180805231558134.jpg

20180805231559a52.jpg

気がつけば2日間で3勝2分の成績となりました。私にすれば、少しは、『言ったようではなくやったようになった』 『それぞれの今の自分を表現できたかな!?』と思ってみてはいましたが、当の本人たちは、「引き分けは負けに等しいな!やっぱり相手よりも1点多く取らないと!」と猛省!?しておりました。そんなバスの車中にこだま!?する声をハンドルを握りしめながら耳にし、思わず、フムフム!とほくそ笑んでしまいました!(笑)

くどいようですが、大切なことなので、耳に○○が出来るまで言います!(笑笑)

『言ったようにならず やったようになる』 『歩みを止めない亀になれ』 『努力に勝るものは無し』etc

今の自分がみんなが描く大きな夢を鑑み、どの時点にあるのか、何をどうすべきか等々しっかり自己分析し、更なる更なる高みを目指し上記の言葉を常に肝に銘じて、日々ボールとそして自分と格闘してほしいと思っています。

夢があるなら強くなれる!です。

そにしても、今大会では、たくさんの先輩に会い、そして、たくさんの方々からアイスやジュースやゼリーや・・・・・などの差し入れを頂戴し・・・・・・・・改めてこの場を借りて感謝したいと思っています。おかげで、我が子供たちは(もちろん私も含めて)熱中症にもならずに思う存分に大好きなサッカーに興じることが出来ました。中には食べ過ぎてお腹を痛くした子もいなくもなかったようですが・・・・・(苦苦笑)

20180805231607ea1.jpg 

☆写真のこの子たちが食い過ぎて・・・・ではありませんのであしからず!(笑)

20180805231603e78.jpg

20180805231605c0f.jpg

夢を叶えるために、いわき市へ引っ越し日々がんばっている中学2年生のY先輩、2011年発生した東日本大震災の原発事故の影響で故郷の富岡町を後にせざるを得なくなり、小学6年生になる時にこの地に避難して来て、我がクラブに入会して来たS先輩。現在県内にある大学の1年生。

Y先輩には今大会ベンチで監督を務めてもらい、後輩たちに様々なアドバイスを・・・・・・ その言葉を聞いていて、「成長したなぁ・・・・」となんだか胸が熱くなってしまいました。

また、S先輩とは試合の合間にたくさんたくさん話をしました。いろんな意味で順風満帆ではない生活を送って来たかもしれないけれど、それこそが今後の人生に大きな大きな意味を持ち必ずやSのこれからの長い長い人生の中で大きな糧になる!etc

そんな中で、

「ホワイトリバーでの1年間は、本当に自分にとって最高の時間でした!」

お世辞!?かも知れないけれど、その言葉を発するS君の真剣な眼差しを見た時、心底心底感動感動感動してしまいました。

先輩も後輩も、輝かしい未来に向けてまっしぐらに突き進め! その思いでいっぱいです。と共に、陰ながら精一杯応援したい!そう思っています。

それにしても、みんなみんな着実に確実にすくすく成長している! 反面、そんな健やかなる成長を尻目!?に、私は着実に確実に老いている!(泣) とは言え、それは受け入れなければならない現実!(泣泣)  

ただし、 老いてなお!  若者にはまだまだ負けへんで~!!(大笑)

ゼリーを差し入れ下さったAさん、輝かしい老い!?に向かってお互いがんばりまひょ!!(大苦笑)


サッカー指導者の原点のひとつである大会に、たくさんの子供たちの『今』を託して頂き今年も参加出来たこと、本当にありがとうございました。今後もクラブに集いし子供たちがサッカー及びその他様々な活動を通して心身共に健やかにたくましく豊かに成長するよう微力ではありますが精一杯尽力させて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。

2018080523160811d.jpg


※1年前の今日、この地で当時小学6年生であった男の子が尊い命を奪われると言うあまりにも痛ましい凄惨な交通事故が起きました。

昨年のこの日は、上記の大会の最終日にあたり、解散場所に着いた際に、ある保護者の方から、「実は先程この子たち(当時の6年生のクラブ員数名)の同級生が・・・・・・・・」と聞かされ、呆然としてしまったことを今でも鮮明に記憶しています。そして、その日は市内の花火大会。そんな事故があったにも関わらず予定通り花火が打ち上げられ、「この花火を被害者の方の家族はどんな思いで・・・・・」と思ったら、今まで恒例であった場所に行って花火を見る気も全く失せて、家の中で花火の打ち上がる音を聞きながら、胸が締め付けられる思いに苛まれたことをやはり鮮明に・・・・・・・

命を奪われた男の子、そして、命までは奪われなかったものの、事故直後、ドクターヘリで搬送され、数か月の治療を要し、ようやく学校に戻った女の子。心の傷はもちろんのこと、体にも大きな大きな傷が残り・・・・・・・・

改めてその男の子のご冥福を申し上げますと共に、1年過ぎた今でもその子の帰りをきっと待っているだろうご家族に一日も早く平穏な日々が戻るように、そして、その女の子の未来が少しでも光り輝きますように、そしてそして、今を懸命に生きるたくさんの子供たちの未来が前途洋洋でありますように、ただただ一心に祈願しています。


今を精一杯生きよ! 明日を精一杯生きよ!


大したことはしてやれないけれど、身近にいる一人の大人として、みんなの力に少しでもいいからなりたい! いや、なる!

そのことを声を大にして叫びたいと思います。

合掌
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック