FC2ブログ
Vamos福島
ワールドカップ紀行!? ~パートⅡ~
ロシアワールドカップもいよいよ佳境に・・・・・・

ベスト8進出チームが決定し、今夜からは準々決勝戦が・・・・・・・

ここ数日、小休止!?だったため、久しぶりの安眠!?を得ていたのですが、今夜からまた睡眠不足が・・・・・・(苦笑)

とは言え、見逃せない試合の連続!  老体に鞭打って!?(苦笑)、情熱溢れるノンフィクションドラマ!?を思う存分に堪能させて頂きます!!(苦苦笑)

それにしても昨日帰国した日本代表のお出迎えぶり!?は凄かったなぁ・・・・・・・

聞くところによると、出国の際は、空港に集まったファン等々の数は約150人。昨日は・・・・・約800人。平日の日中にも関わらず・・・・・・(凄っ!)

帰国後の公式記者会見での長谷部キャプテンが語った一言。

「大会前は、正直、全く期待されていなかったはず。そんな期待を絶対に裏切ってやろうと・・・・・ 今は、『やってやった!』そんな気持ちになっている。」

素直なその言葉に、胸が熱く熱く・・・・・・  そして、それ以上に心が熱くなった言葉は・・・・・・ 西野監督が「試合後に選手にどんなことを話したのですか?」の質問に応えた言葉。

「倒れ込んだ背中で感じた芝生の感触、見上げた空の色だか感じだか、それを忘れるな。ベンチで座っていた選手たちの、あの居心地の悪いベンチの感触を忘れるな。」

この重くて深い深~~いお言葉に、ただただただただ感動し敬服し・・・・・・・・・

4年後のカタールワールドカップでの日本代表の活躍を夢見ながら、佳境に押し迫ったロシアワールドカップをしっかり堪能させて頂きます!!



と言うことで、ワールドカップ佳境を記念して!?(笑)、【ワールドカップ紀行!? パートⅡ】をお届け致します。

えっ!? また~!! どうせ長~くなるんでしょ!!!

その通りです!(笑) ものすご~~~~~く長くなること必至も必至、大必至ですので(笑笑)、気合いと根性と覚悟のないお方は、絶対に絶対に絶対に立ち入り禁止です!!(大笑)



1998年、我が日本がワールドカップ初出場を遂げたフランスワールドカップのことは、パートⅠでお話しましたが、今回は、2002年日韓共催ワールドカップの時のことを・・・・・・・・

この時のワールドカップは日本と韓国での共催と言うことで、まずは日本で試合を観戦。とは言うもののライブ観戦できたのは1試合のみ。(泣) それも日本戦ではなく、『カメルーンvsアイルランド』戦を新潟で・・・・・(泣泣)  しかししかし、それでもワールドカップはワールドカップ!(意味分かりますよね・・・・笑) 一緒に行った当時小学5年生だった長女と共に大興奮!したことをつい昨日のように覚えています。試合はもちろんでしたが、スタジアム周辺でのカメルーン人!?との交流!?の方が娘は大大大興奮していたような気が・・・・・・かくゆうこの私も・・・・・・(笑)

交流!?  それはですね・・・・・・・ここでは割愛!(笑笑) ※娘に会ったら聞いてみて下さい!どうせ忘れているでしょうけど!! なにせ、16年も前の話ですので・・・・・(苦笑)

日本の初戦となった『日本 vs ベルギー』戦は、18時キックオフでしたので、クラブの子供たちやスタッフ、保護者の方々とホームグランドそばのコミュニティセンターにてみんなでテレビ観戦し、2対2の試合に大興奮したっけなぁ・・・・・・(笑笑)

考えてみると、あの時もベルギーとは対戦していたんですね。ベルギーとは腐れ縁!???(笑)

と言うことで日本での開催だったので、このまま母国!?での観戦を・・・・・・とは思わなくもなかったのですが、せっかく韓国でも開催されているのだから・・・・・と言うより、フランスワールドカップの際に、この2002年日韓共同開催を記念しての日韓共同応援団の一員として参加したのだから、ぜひとも韓国でも観戦を・・・・・・・・(この時の思いを的確に表現するのは難しいです・・・・・苦笑)

とにかくとにかく韓国へ! しかしまたまた6月であり夏休みではなく当時も小学校の教員をしており・・・・・・

と言うわけで、またしても教育委員会・学校に直談判をし・・・・・・(苦笑)

実はこの時は、フランスワールドカップの時の学校ではなく転勤をしていたので別の学校、別の市町村で・・・・・・・いちからやり直し!・・・・・・・の予定だったのですが、実は実は、この2年前の11月下旬~12月上旬にかけて(もちろん冬休みでもなんでもなく・・・・)イタリアにサッカーの研修に行っており、既に、前科者!?(苦笑)でしたので、「またか!」のような感じを皆様抱いて下さっていて(苦苦笑)、話はわりと簡単に決まったのでした。チャンチャン♪♪(大苦笑)

それにしても、教員しながらやりたい放題!?だったね・・・・・・(呆笑)

それはですね・・・・・・・ その通りです! しかし、全ては観光でもなんでもなくサッカーの勉強です!!(苦笑) それにしても、以前にも述べましたが、今なら、そんな私のような教員は即刻首!だったと思っています。(笑)

と言うわけで、晴れて韓国人に!!(笑笑)
 
今回も前回のフランスワールドカップ同様、正規ルート(ツアー会社の企画する普通のツアーの意味)ではなく、何か面白そうな企画がないかとあらゆる情報を集めていると・・・・・・・

千葉県のとある在日韓国人の方が個人で企画するツアー!?が目にとまり・・・・・・

「これだ!」とビビッと来て早速申込をし・・・・・・

蓋を開けてみたら、なななんと、参加者は私と息子の2人だけ!(泣笑) ※せっかくの機会なので当時3年生だった息子を学校を休ませて連れて行きました。馬鹿親!? 体験経験は人生の大いなる糧となる! この子育て方針を全う!!(笑) 

「韓国の空港(金浦空港。当時は仁川空港はなくこの空港が韓国最大の空港でした。)で、今回のツアーの通訳が待っているので、とにかく現地に行って下さい! 宿泊先などは現時点では未定ですが、その通訳が完全同行するので彼に全部決めてもらうように手はずをしてありますから。」

はっ? えっ? なぬ~~!!!  その告知!?を受けた時の気持ちは、あれから16年が過ぎた今でも未だに忘れることはできません!(泣泣笑)

そんなツアーあるの? と言うかあったの? 本当?  そうですよね、誰しもがそう思いますよね。当の本人がそう思っていたのですから、他人様にしたら・・・・・・・・・


と言うことで、とにかく信じて!?小さい我が子の手を取り韓国の地へ・・・・・・・・・・

空港に着いて、即座にその通訳が出迎えてくれると思いきや・・・・・・・  その気配一切なし!

その時の気持ちを例えるなら・・・・・・・ 崖から突き落とされた! そんな感じだったことを記憶しています。

どうしよう!どうしたらいいんだ!異国の地で、我が子を路頭に迷わせてしまったら!!息子を学校を休ませてまで連れていくことに猛反対していた嫁に合わす顔がない!etc そんなことが脳裏をぐるぐるぐるぐる駆け巡ること数十分。

突然、「えんどうさんですか?」 とたどたどしい日本語で話しかけられ見てみると・・・・・・・・

なんとも微妙な!?韓国人が目の前に・・・・・・

微妙な???   この感じ、何とも表現しようがありません。察して下さい!(苦笑)

とにかく通訳の人に会えた安堵感と共に、どうして私のことが分かったのかの疑念がわき上がり・・・・尋ねてみると・・・・・

このツアーの申し込みをした際に、このツアーの企画者に我が親子の写真を事前に送っていて、その写真を入手していたようで、その写真を片手に空港内を探し回っていたとのことでした。

それにしても、この展開、と言うか、このツアー!?、私の作り話!?と思われるかと思いますが、全て事実も事実、大事実!なのです。

とにもかくにも、この出会い!?から彼(通訳)と過ごした1週間は、本当、ものすごかった!その一言に尽きます。

夜9時を過ぎても宿が見つからず、と言うか、宿を見つけず、「大丈夫ですよ!なんとかなりますから!」などと言われたり、「日本人はせっかちですね!」などと言われたり、見つけた宿は、ぼろぼろ!?だったり、朝からこきたない!?屋台でものものすご~く辛いラーメンを食べさせられたり、とにかく、そのハプニング!?の連続は、どれも作り話!?としか言いようのない日々を過ごし・・・・・・ しかししかし、そのどれもが事実以外の何物でもなく・・・・・・・・見ず知らずの人の家に泊まらせてもらったりもしたのです・・・・・・・・今考えると、ひぇ~~!!ですが、これも事実なのです!(大泣笑) ただ一言言うなら、普通のツアーでは絶対に経験体験出来なかったことが満載だった!これは断言できます!!(大笑)

しかししかししかし、彼のおかげでその後数年にわたり劇的な展開が巻き起こることになるわけで・・・・・・

「遠藤さんはサッカーの指導者ですよね。走(かける。我が息子の名。)もサッカーやってるんですから、どこかサッカー部のある学校を見つけて訪ねて見ましょう!」

ちなみにこのツアー。試合観戦以外は全くスケジュールは空白。全権は彼の手に!

本当にそんなことって???  くどいようですが、実在したツアー!?だったんですよ!!

ちなみにちなみに、観戦した試合は・・・・・・ブラジルvsコスタリカ戦とアメリカvs○○戦、忘れてしまいましたが、とにかく2試合観戦。最高でした! 特にブラジルは本当に凄かった! ロナウド、リバウド、ロベカル・・・・・ 最高最高最高でした!!  ちなみにちなみにこの日韓共催ワールドカップはブラジルが優勝! 今行われているロシアワールドカップはこの大会以来の優勝をブラジルは目指しているのです! がんばれブラジル! がんばれネイマール!(笑)


と言うことで、論山(ロンサン)と言うところにある学校を急遽訪問することに・・・・・・・・・

彼の突然の発想!?による急遽の訪問?と私は思っていたのですが、実は、それは事前に周到に!?準備!?根回し!?されていたようで、訪問すると、学校関係者やサッカー関係者、子供たち等々が私たち親子を出迎えて下さり・・・・・

よく意味が???  いいんです。私も何が何だか良く分からなかったのですから・・・・・・・

と言うかここまで読んで下さった方がいるとすれば・・・・・・疲れませんか? 実は・・・・・・書いている私がめっちゃ疲れたのですから!!(大笑)  でもまだまだ続きます!(大大笑)



そしてそしてその学校での出会いこそが全ての始まりに・・・・・・・・・

チームの監督さんに「一緒にみんなとサッカーしないか?」と誘われた我が息子。「えっ!?」みたいな感じで私の方を向いてきて、私も同様に、「えっ!?」でしたが、せっかくの機会と思い、息子を千尋の谷に突き落とし・・・・・・(苦笑)

最初は韓国の子供たちを前にもじもじもじもじ戸惑っていた息子も(苦笑)、時間の経過と共に、それはそれは楽しそうにボールを蹴り合い触れ合い笑い合い・・・・・・・・・その姿を見ていて、「サッカーってすごい!」「ボールひとつで言葉などいらない!」etc お互いに言葉など全く通じない子供同士がにこにこにこにこ・・・・・・

その瞬間、ある思いが、想いが、天から!?舞い降りて来て・・・・・・・

「せっかく日本と韓国が手を取り合いワールドカップを開催しているのだから、この交流を、国レベルだけでなく、もっともっと市民レベルで、サッカー大好きな子供たち同士の交流として実現できないものか!」

鉄は熱いうちに打て! やらずに後悔すらならやって後悔せよ! 人生一度きり! 好きなものは好きなんだから我慢できない!?etc(笑笑)

この人生訓!?を実現するべく(笑)、帰国後、その想いの実現に向け、その想いをぎっしりしたためた膨大な資料を作成し四方八方駆けずり回っていると・・・・・・・・・拾う神あり!(笑)

白河市の行政がまず動いて下さり、最終的には福島県の行政が完全なるバックアップをして下さることとなり、その年から3年間にわたり、莫大な!?補助金(助成金)を私の突然の思いつき!?の企画に充てて下さることとなり・・・・・・・


その年の冬休み、『第1回日韓少年少女交流会in論山』を実施。翌年冬には『第2回日韓少年少女交流会in○○(地名をど忘れ!大苦笑)。その翌年の夏には、韓国チームをここ福島に迎え入れる『第3回日韓少年少女交流会in福島』を実施。そしてその年の冬には、『第4回日韓少年少女交流会inソウル』を実施。

ひとつひとつの会を述べていたら、紙面も時間も大変なことに・・・・・・・(笑) と言うことで、今回は最終交流会となった『第4回』の様子を写真で紹介します。

もういい加減読むの疲れた~!  もうひと息です!!(笑笑) ちなみに私も超疲れております!!!(苦苦笑)

ちなみにちなみに、第3回の韓国チームを福島に迎え入れた交流会では、我がクラブの夏の一大イベントのひとつである「奥の細道サッカーフェスティバル」に韓国チームが参加し、抜群のキムチパワー!?を発揮し(笑)、見事優勝! フェスティバル期間中は、我がクラブの家庭にホームスティをしたり、もちろん我が家にも、市内の某ホテルで市長様等々お偉い様が多数出席しての大々的な歓迎式典を催したり、日本文化を堪能してもらうのに南湖公園の施設で抹茶体験をしたり(地元のお方はどの施設かご存知ですよね・・・・笑)、那須ハイランドパークで一日遊んだり、スパリゾートあぶくまで温泉に入ったり・・・・・(地元の人しか知らない!笑)、もちろん、どの活動も日本・韓国の子供たちが袖すり合わせて・・・・・・・

ちなみにちなみに1回目の交流会で訪問した学校は、我が息子が一緒にサッカーをさせて頂いたところに・・・・・・

1回1回の交流会を述べていると先に進めないので(苦笑)止めます。でもでも語れば、本当に本当にすごいことがたくさんたくさん・・・・・・・・・そのどれもが当時参加した子供たちの心や体にびっしりと・・・・・・体験経験は人生の糧なり!!(笑笑)


2004年12月下旬に実施した『第4回日韓少年少女交流会inソウル』の様子。(16年前の写真を引っ張り出して来ました!笑)

日韓交流会結成式 (カレンダー用)_convert_20180706103544

全ての交流会は我がクラブのみならず、県南地域の交流あるチームと合同で結成し実施。(参加者は事前チラシを配布し募集。) この時も同様に・・・・・・  それにしてもこの子たち。今では既にみんなすっかり大人になっています!(笑)

韓国文化学習会 清水先生_convert_20180706103135

画像_197_convert_20180706102910

この交流会はただたんに国を行き来するのではなく、真の意味での交流を!その実現を行いたく、訪問前に数カ月にわたって(月2回程度 計10回程)、韓国の文化等々を学ぶ機会「韓国文化学習会」を実施しました。写真に写っている方は、その際にお世話になった在日韓国人の方。この交流会が行われる前は全く見ず知らずの方で、色々な経緯を経て知り合い、この学習会の講師を務めて頂き・・・・・ と言うより、2回目以降の交流会の訪問先を見つける!?ことが出来たのは、この方のおかげ! 事前に韓国を一緒に訪問して頂き、交流先を現地で見つけるためにそれはそれは本当にお世話になりました。航空中耳炎になってしまい、韓国の耳鼻科!?にも連れて行って頂きました。その節は、本当にご迷惑お掛け致しました!(泣) それにしても、あのツアーの時の通訳の彼とこの清水ソンセンニン!?(ソンセンニンとは韓国語で先生の意。先生ではありませんでしたが、私にとっては紛れもない先生そのものでした。意味が・・・・・・・苦笑)に出会わなかったら、全ての交流会の実現はなかった!そう言っても過言ではありません。

一期一会    まさにその言葉通りです。

ちなみにこの方、ご存知の方もいるのでは・・・・・・・  高麗屋(こまや)のキムチの社長さんです!

こまやのキムチ!?  市内のスーパーでキムチコーナーを見てみて下さい。他のキムチ商品の値段とは数倍の値段で売られているキムチがありますから。数倍の値段? そうです! 全ての材料は韓国から仕入れて作られているキムチで味はお墨付きです!(笑) 以上宣伝終わり!(笑笑)

とにかく、私の「日韓の市民レベルでの交流を!」の思いつき!?の企画は、それはそれはたくさんたくさんの方々のご支援ご尽力ご協力etcがなければ実現しなかった!のであります。

まさに、このことは、今現在の我がクラブの活動がたくさんの方々に支えられて行われている!と同じなのですが・・・・・・・・・今も昔もたくさんの方々の力をお借りしており・・・・・・・本当に感謝感謝感謝・・・・・・・・・と言うか私は本当に幸せ者!(笑)

韓国到着_convert_20180706103111

韓国の地に降り立ってはしゃいでいるこの3人。今ではみんな立派なお父さんになっています!(笑)

いい加減疲れたので、少しコメント無しにします。(泣笑)  写真からその様子をくみ取って下さい!(笑笑)

1日目、ソウルワールドカップスタジアム正面にて_convert_20180706102656

試合集合2_convert_20180706103318

試合集合1_convert_20180706103259

試合3 ゴールシーン_convert_20180706103237

試合昼食_convert_20180706103424 

試合集合3_convert_20180706103339

試合1_convert_20180706103216

試合集合4_convert_20180706103358

訪問先の学校ではそれはそれは大歓迎を受けました!

歓迎式典 校長_convert_20180706103049

歓迎会_convert_20180706103008

学校訪問1_convert_20180706102930

学校訪問2_convert_20180706102950

一緒に授業も受けさせてもらいました。(日本の学校は冬休みでしたが、韓国の学校はまだ休みではありませんでした。) 突然一人で教室に放り込まれ呆然!?としている○○君!(笑) 今では立派な・・・・・(笑笑) ちなみに我がクラブの復興Tシャツなどを今現在作成して頂いている○○さんの息子さんです!(笑笑笑)

合同授業1_convert_20180706103156

一緒に食べさせて頂いた当時のこの学校の給食です。

一緒に食べた給食_convert_20180706102845

4日目ソンネ小学校で最後の写真_convert_20180706102759

もちろん韓国の歴史にも触れました。

4日目午後景福宮で_convert_20180706102820

親しみやすかったツアーガイドさんと・・_convert_20180706103651

ちなみにこの方こそが・・・・・・・・・・・・2002年6月に我が親子を1週間ガイド兼通訳をし、そこら中を連れ回して!?くれた彼です!!(笑) なんだか微妙でしょ!??(笑笑)

朴2_convert_20180706103602

しかししかし、上記にも記載しましたが、彼なくしてこの企画の実現は・・・・・・・!!です。

全ての交流会に通訳で従事してくれました。今は音信不通になっていますが、探す気になればいつでも・・・・・・(笑) まさに、あのへんてこな!?ツアーをきっかけに知り合った、かけがえのない私の韓国の友であります!   名前は、パク君!!  今、いくつになったのだろうか???  知り合った頃は、20代後半の大学院生だったから、既に40代半ば!? もう一度、何としてでも会ってみたいなぁ・・・・・・・・

2日目朝 ホテル前の丘にて(カレンダー中央写真)_convert_20180706102731

ワールドカップが来るたびに、思い出すことのひとつが今回のお話でした。最後までご清聴!?ご熟読!?ありがとうございました。

と言うか、さすがに今回だけは、あまりにあまりの長さに、最後まで辿り着いたお方はいないのではないかと思いますが・・・・・・・(苦笑)

以上、ワールドカップ紀行!? ~パートⅡ~ 終了です!!(笑)  

もしかして、パートⅢもあったりして????????????

それはですね・・・・・・・・・・忘れた頃にやって来る!・・・・・・・・・(大笑)


ちなみに紙面の都合上色々なことを省きながらこれしか書けませんでしたが、(これしか?いい加減にしなさい!怒 失礼しました!苦笑) それぞれの交流会での話しのネタ!?は・・・・・テンコ盛りです!!(笑)

お聞きになりたい方は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ いないか!!(大泣苦笑) 





☆昨日来降りしきる雨雨雨・・・・・・・

この地の雨もさることながら、日本各地で甚大な被害が各所で発生し、尊い命も・・・・・・・ご冥福申し上げますと共に、被害がこれ以上広がらないことを願うばかりです。それを考えると、このような悠長なブログを書いていることはあまりにも不躾極まりないことは百も承知なのですが・・・・・・・


私は今もこうして生きている、いや、生かして頂いている。だからこそ、与えらた時間を精一杯、二度とない人生を精一杯、そして何より、関わらせて頂いているたくさんの子供たちの『今』そして『未来』の糧になるだろうことをたくさん企画したくさん実践し・・・・・・・上記交流会で様々な体験経験をし、いっぱしの大人になったあの時の子供たちにしてあげられたことのように・・・・・・・微力ながら精一杯精一杯命ある限り・・・・・・・・その生き方を全うすることこそが、生きたくても生きることを閉ざされてしまった方々に対する、言葉だけではない本物の心からのご冥福を現す形である! そう思っています。


この想い、あとどれぐらい形にできるかどうか分かりませんが、皆様、どうぞどうぞ我が命の灯が消えゆくその日まで、お付き合いのほど、宜しくお願い致します。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック