FC2ブログ
Vamos福島
ワールドカップ紀行!? ~パートⅠ~
「イングランドに着きました! まだ空港だけど! 笑」

このLINEが届いたのが昨晩夕方5時前のこと。

その後、下記の写真と共に、「ホテルに着いた!」のLINEが届いたのは、午後10時過ぎ。

空港からどんだけ遠いんだい! とぼそっと独り言を呟く父でした!(苦笑)

20180621124706736.jpg

とにもかくにも無事到着と言うことで、ほっとひと安心!(嬉)

それにしてもホテルでの写真ではなく、なぜこの雲上の世界の写真なのか疑問!!(苦苦笑)

日本とイングランドの時差は8時間。日本が8時間早く進んでいるので、今頃(現在日本は15時30分)は、イングランドはAM7時30分。起きる頃かなぁ・・・・ と言うか既に起きて朝食の時間かなぁ・・・・ まさか、早朝練習かなぁ・・・・・  とにかく、おはよう!(笑) 本格的な合宿の開始! 怪我なく元気にがんばるんだぞ~~!!!



ワールドカップ開催から早1週間が過ぎました。全グループの予選1試合目が終了し、2試合目に突入。開催国のロシアは、ワールドカップ参加国中、FIFAランキング最下位の70位にも関わらず既に2勝し決勝トーナメント進出(ベスト16)をほぼ手中におさめました。

対戦相手に恵まれた!?そんな感は拭えなくもないのですが、それでも優勝候補と目されているドイツ、ブラジル、アルゼンチン等々の苦戦を見るにつけ、「やってみなけりゃわからない!」しみじみそう思っています。

開催から1週間、寝不足のため体が悲鳴を上げている今日この頃ですが、これがあと3週間も続くと思うと・・・・・・・・・・

それでも『世界のサッカーの今』を毎日毎晩目の当たりにできることは、サッカーに携わる者としては、この上ない幸せ!いや、極上の喜び!(笑)であります。

今夜の個人的に一押しの試合は、なんと言っても、「アルゼンチン vs クロアチア」の一戦。キックオフ時刻は、え~っと・・・・・ 深夜3時!  ひえ~~~っ!!!!!!(泣泣笑)



突然ですが、日本がワールドカップに初出場したのは1998年フランスワールドカップ。ジダン率いるフランス代表が前回(アメリカワールドカップ)優勝国ブラジルと決勝戦で対戦し、ジダンの2得点などで開催国フランスが3-0でブラジルを下し初優勝した時でした。

ドーハの悲劇から4年、ジョホールバルの歓喜を味わい、そして初のワールドカップへ。

「サッカーに携わる者として、この記念すべき出場をこの目でしかと現地で見ないわけにはいかない!」

その当時、私は小学校の教員で○○町の学校に赴任していました。その当時もワールドカップは6月~7月に開催していました。「現地で見ないわけにはいかない!」この野望!?を成し遂げるためには時期が・・・・・・・  夏休みなどの子供たちが長期の休みの時ならまだしも、まさに第1学期の渦中であり、やはり野望は計画倒れ!と思ったのですが、「やらずに後悔するならやって後悔せよ!」これを当時も今も家訓!?(笑)にしている者としては、何としてでもその野望を封印することはできず・・・・・・・・

その切なる思いを校長先生に訴え、教育委員会に出向き熱く語り、子供に保護者に・・・・・・・その繰り返しをすること10000時間! まさに10000時間の法則なり!! な~んてこの表現は誇大過ぎますけどね・・・・・(苦笑)

その結果、6月中旬、晴れて私はフランス人になったのです!!(笑笑)

今考えてみれば、ありえない話!そう思っていますが、今でもその時の校長先生はじめ、関係各所の皆様には本当に本当に頭が上がらず・・・・・(苦苦笑)


どうします? ご自分のお子さんの担任の先生が、突然ワールドカップを見に行くので学校を10日間も休むとなりましたら・・・・・・・・

今なら告訴されて懲戒免職!(大苦笑)

でもでも、その当時の子供たち、そして、保護者の方々は私に餞別までよこして下さり、「しっかりサッカーの勉強をして来て下さい!」などと激励の言葉まで頂いたのです。

時代が時代だったから・・・・・・・  そうかも知れません。それでも、その時のことを思い出すと胸がぎゅーっと熱くなって来ます。この気持ち、分からないでしょうね・・・・・・・・

10日も休む先生の気持ちなど分かるわけがない! 当然です!!(泣笑)


私がそのワールドカップに参加したツアーは、普通!?のツアーではなく、次のワールドカップが2002年日韓共催ワールドカップでしたので、それを記念して設立された【韓日共同応援団】の一員としてフランスに行きました。

韓日共同応援団!?

東京にある、今もあるのかどうかは・・・・・、在日大韓体育会と言う団体が命名した名称で、内容的には、「2002年W杯の共催を記念して、日本人と韓国人が手を取り合い、両国を共に応援しよう!」というものでした。

実は既に日本の旅行会社の企画する普通!?のツアーに仮予約を済ませていたのですが、上記の企画がたまたま新聞に掲載されている記事を目にし、「これだ!」とびびっ!ときて(笑)、仮予約をキャンセルし、この企画に申し込みをし・・・・・・・・

日本を出発し、韓国に立ち寄り、フランスに言ってから両国の歓迎式典があり、両国の試合をそれぞれ1試合ずつ応援し・・・・・・・・

細かいことまでは忘れてしまいましたが、なにせ20年も前のことですので・・・・(苦笑)、すっごくすっごく貴重な体験経験をすることができた!そのことだけは、今でも鮮明に記憶に心の中に残っています。

その時日本の試合を応援したのは、「日本 vs ジャマイカ」戦。予選3試合目で、それまで2戦2敗で予選敗退が決まった中での試合でしたが、それでもその盛り上がりようったら、それこそ今でも・・・・・・・・

中山雅史こと、ゴン中山が日本のワールドカップ初得点を決めた試合でした。その瞬間の騒ぎようといったら・・・・・・(笑)   その歓喜とは別にして、その試合で、当時不動のサイドバックを務めていた相馬選手(現在J2の町田ゼルビア監督)が、スローインの際に反スローを取られ、「ワールドカップで反スロー?」と思ったことも別な意味でとても印象に残っています。(笑笑)

試合後、ジャマイカ人とお互いの国のグッズの交換をしたことも覚えているのですが、そう言えば、あのグッズは今どこに・・・・・・(苦笑)


試合とは関係のないことですが、せっかく初めてフランスに来たんだから、何かお土産!?になるものを・・・・・・・・ そこで選んだのは・・・・・・・  髪の毛を切ること!でした!!(大笑)

髪の毛を切る????? お土産???????

美容室?理容室?に入るまで2時間位一人で歩きながら、どぎまぎしていたことがつい昨日のことのように思い出されます。この行動の意味、理解できないとは思いますが、ここが美容室?理容室?だ!と言う店はすぐに数店舗見つけたのですが、入る勇気!?が湧いてこなくて、そのためあっちに行ったりこっちに行ったりしていたと言うことです。こんな風に書いてもよくその行動の意味、伝わらないですよね・・・・ とにかく超緊張していたと言うことです!!!(笑)

なぜって???

もちろん、フランス語など全く話せないからです。それなのに髪の毛を切ってもらうなどと言うとんでもないことを思いついたわけでして・・・・・・  自業自得!!(苦苦笑)

ようやくおどおどした気持ちにふん切りをつけ、とある、入りやすそうなお店に入店。入りやすそうなとは?? ご想像下さい!(笑) お店に入るなり、持っていたフランス語の会話本!?の中に書かれていた髪の毛に関する!?一文、「短髪にして下さい」の文を指し示し、あとは、言われるがままに、為されるがままに・・・・・・・・(笑) 別なことが書かれていたらあんな髪の毛にならずにすんだのに・・・・・・・(笑笑)  もちろん、相手も=店主も、言葉が通じない厄介者!?が来たと言うことで、身振り手振りで、いすに座れ、髪の毛を流すetc 額にうっすらと汗をしたため・・・・・(笑笑)

それにしてもなぜに髪の毛を?????

自分でもなぜなのか? 記憶に定かではないのですが、もしかしたら【挑戦】をしたかったのかと・・・・・・

挑戦?  う~~む、返答に詰まりますが、とにかく自分試し!そんなところでしょうか・・・・・(笑笑)

実は、これをきっかけに、その後訪問する国では、必ずと言っていいほど『髪の毛を切る!』このことを一つの使命!?として自分に課すようになったのです。

理解不能!  当然です!!   でもでも、ものは試し! あなたも一度チャレンジしてみては如何ですか?  きっと、笑顔が世界の共通語!このことを必ずや体感できますよ!!(大笑)

ちなみにその後、イタリア、韓国で髪の毛を切って来ましたが、その経験上言えることは・・・・・ 日本の理髪店のサービスは最上!だと言うことです。どんなことが???  それはご自分で・・・・・・(笑)


髪の毛を切る行為!?以外に印象に残ったのは・・・・・・・

自由行動の日に一人でぶらぶらしていたので、(その最中に髪の毛を切りました)、ホテルまでの帰り道が分からなくなり、それこそ身振り手振りでいろんな人にホテルまでの道のりを聞きまくり、地下鉄に乗ったり、バスに乗ったり、ホテルに着いた頃には、真っ暗闇!!(苦笑)

その地下鉄に乗る前に、ライフルを構えた警備員?に睨まれビビったこと!

地下鉄の車内で酔っ払い?がわめきちらしていて、しょんべんちびりそうになって(泣笑)、本物のお土産として買ったワールドカップオリジナルの傘を車内に忘れてしまったこと!

バスに乗る時、運転手さんがフランス語で何やら話しかけて来たのだけれど、もちろん何を言っているのか分からず、ただただ世界の共通語=笑顔を振りまいていたら(苦笑)、もういいから、とにかく座れ!みたいな身振り手振りをされたのでイスに座ると、後から乗ってきたお客がお金を払っているのを見て、「そうか!最初に金を払えってあの運転手は言ってたんだ!」と初めてその時気づき、それでもその後、どう行動して良いか分からず、結局、無賃乗車をしてしまったこと!

20年も前のことなので既に時効かと・・・・・・(苦苦笑)

他にもエッフェル塔の中は螺旋階段になっていたこと、ルーブル美術館が工事中で見れなくて残念だったこと、街中を歩くフランス人の女性より一緒の応援団に参加した韓国人の女性の方が綺麗だなぁと思ったことetc(大笑)



とにかく、フランスワールドカップを通して体験経験したことは、今の私の財産のひとつとなっている!そう断言できるし、ワールドカップのこの時期が来ると、いつもいつもその時のことが思い出されるのです。

そして、その時に、「ワールドカップは必ず現地に見に行こう!」そう自分の中で決断!?したのがまさにその時だったのです。


と言うことで、今回はワールドカップ紀行!?パートⅠをご紹介したのですが、パートⅡもあるのですが、聞きたいですか? 読みたいですか??

どうせ、次もめっちゃ長いはずだから、もう聞きたくも読みたくもない!!!(怒)

ですか・・・・・・・ それでは次回は短めに・・・・・・ それでもダメですか・・・・・・・ トホホ・・・・・・・・


泣いてもダメ!(怒怒)   それなら・・・・・・ 『ワールドカップ紀行!? パートⅡ』のタイトルがついたブログが公開された場合は、そのブログは読むのをお止め下さい!!(笑笑笑)

と言うことで、この今日のばかみたいに!?(泣笑)長いブログを最後までお読み頂いた殊勝なお方に最後に一言。


【人生一度きり! やらずに後悔するならやって後悔せよ!!】 です!!!(大笑)
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック