FC2ブログ
Vamos福島
特別指定選手
本日より、平成30年度【21世紀の福島の未来を担う子供たちの心と体の復興支援活動】(通称体育遊び)の開始。

今年度は、18の園から延べ170回の活動の希望を頂き、約3500名の子供たちの『今』に関わらせて頂きます。(前年度は16の園で延べ158回の活動)

大いなる喜びを感じると共に大いなる自覚と責任を抱きながら、希望して頂いた園の園長先生はじめ職員の皆様の思い、そして何より、たくさんの園の子供たちのために、微力ながら精一杯尽力する!

月並みな言葉ですが、とにかくその思いでいっぱいです。

特に、今年度は、あの福島第一原子力発電所から20㎞圏ラインのすぐ外に位置する『広野町』の園で数回ですが活動を行います。

同じ福島に住む者として、同じ被災地と呼ばれる県に住む者として、出来うることを形に!その一心で何らかの力になれればと思っています。


とにもかくにも、たくさんの子供たちの『今』が、この活動を通して少しでも笑顔でいっぱいになるよう尽力するのみ!!!

みんな~、どうぞよろしくね~!!(笑)

それにしても、本日の初回の活動。約1ヶ月ぶりの活動だったせいか、心臓が飛び出しそうなほど、ドキドキドキドキ・・・・・(苦笑)  顔で笑って心で・・・・・!  えんちゃん、53才、5歳児16名のみんなと懸命にがんばりました!!(笑笑) 




本日、日本サッカー協会よりリリースされた報道記事。

『4月9日付けでJFAアカデミー福島所属の遠藤純選手を「2018年JFA・なでしこリーグ特別指定選手」として承認いたしました。』

受入先は、日テレ・ベレーザ

現在女子ワールドカップ出場権獲得を目指して、中東ヨルダンで熱戦を繰り広げている、なでしこJAPANにたくさんの選手を輩出している日本女子最高峰のチーム。

ちなみに、特別指定選手とは・・・・・・

[特別指定選手制度とは、サッカー選手として最も成長するユース年代に組織や連盟等の垣根を越え、個人の能力に応じた環境を提供する目的で始まった制度で、プレナスなでしこリーグ2018(1部・2部)に加盟していないチームに所属する各年代の日本代表選手またはそれに準ずるレベルの選手の中から、日本サッカー協会女子委員会の認定を受けた選手が、所属チーム登録のままプレナスなでしこリーグ2018加盟チームで活動し、さらにその試合に出場することを可能にする。]


現所属のJFAアカデミー福島女子U-18での活動をはじめ、今回選出された日テレ・ベレーザでの特別指定選手としての活動、そして、来るべき今夏フランスで行われるFIFA2018女子U-20ワールドカップでの日本代表メンバー入りを目指しての活動等々、目まぐるしい1年になること必至!

『夢は見るものではなく叶えるもの』

純さんのがんばりを、かげながら精一杯応援声援支援していこうと思っています!


がんばれ、純!!!




※ホームページをご覧頂ければ分かりますが、同郷人である千葉選手も特別指定を受け活動することが発表されました。ブログ愛読者の方なら、この選手が何者であるかはお分かりになるはずです!!(笑)  福島魂を胸に秘め二人とも大いに活躍したまえ!!(笑笑)

20180411205310c74.jpg 


この写真を見て、ピン!と来たお方は、正真正銘のブログ愛読者!(笑笑笑)

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック