FC2ブログ
Vamos福島
NO FOOTBALL,NO LIFE! 
20180320_145231_convert_20180320153314[1] 

平成29年度【21世紀の福島の未来を担う子供たちの心と体の復興支援活動】(通称体育遊び)が、本日を以て全て終了しました。(上記は本日の活動終了後、最後に全幼児が集まったホールで感動的なお言葉を頂戴した後に更に頂いた一品。中身は・・・・・!!笑)

「えんちゃん、1年間、よくがんばった!  大きな拍手~~~!!!!!!(笑)」

こういうふうに子供たちに言われたの?  いえ、この言葉は、今自分で言った独り言です!!(苦苦笑)

活動総回数158回。延べ3000人を超える子供たちの心と体の・・・・・に携わらせて頂けたことに、本当に感謝感謝感謝・・・・・その思いでいっぱいです。と同時に、この活動が3才、4才、5才、6才の子供たちにとって有用であったか?効果的であったか?etc まさに沈思黙考状態です。(苦笑)

それでも、この活動に関する各園から送られてくるアンケートを拝見すると、微力ではあったが、少しは役立ったかな!? そう思わせて頂ける内容がたくさん・・・・・ もちろん、もっと○○な風にしてほしい!そんな要望も・・・・・・ おかげさまで、来年度もたくさんの園から活動の希望を頂き、新規の園も増え、17の園で168回の活動することが決定しています。様々な改善をし、更により良い活動を実践し、子供たちにたくさんの笑顔の花が咲くよう邁進していこうと思っています。

寄る年波に逆らいながら(苦笑)、来年度もえんちゃん、朝からフルパワーでがんばります!(笑)いや、がんばらせて頂きます!!

☆各園から頂いたアンケートの中から、南相馬市の幼稚園から頂いた内容を最後にご紹介させて頂きます。

「遠藤先生(えんちゃん)、今年度も明るくパワーいっぱいの御指導ありがとうございました。震災後、先生と出会わさせていただいたことは、ほんとうに幸せに思います。今年度の先生の御指導も、各学年にあわせての内容で工夫され、とてもすばらしいと思いました。ユニークな言葉かけと元気良さで。子どもたちは、身体を動かすことがより大好きになった様です。また、えんちゃん(遠藤先生)に親しみをもち、毎回来園して下さることを心待ちにしている子供たちです。室内(ホール)だけでなく、広い園庭での遊びも遠藤先生の子どもたちをひきつける御指導には、私たち教師にとっても、とても大きな学びとなっています。一人一人目を輝かせ取り組んでいる姿は、思わず私たちも笑顔になってしまいます。まさしく、心も身体も健康になることを実感しています。平成30年度も遠い白河からおいでいただけることに感謝です。また、先生のエネルギーあふれる御指導でよろしくお願い致します。お身体に気をつけて、来年度もご活躍下さい。」



明日はいよいよ今年度最後のクラブ主催大会開催。そんな記念すべき日だと言うのに、天気が・・・・・(泣)

下記は本日午後に大会参加各チームの代表の方々に配信したメール内容です。


福島県ホワイトリバーフットボールクラブ遠藤です。


明日の大会について下記の内容でお知らせ致します。


明日の白河市の天気予報は、3月20日15時現在の予報では、午前中曇り、午後雨か雪となっています。今も尚、判断に苦慮していますが、明日の予報を踏まえ下記のように決定しましたので宜しくお願い致します。

1.予定通り白河市陸上競技場内芝ピッチ(屋外)にて実施する。

2.ただし天候の急変等々によっては隣接の白河市中央体育館に会場を変更することもある。それは朝の時点になるか、お昼の時点になるかは明日の天候次第。そのため、明日は外用用具(スパイク、ボール)だけでなく、室内用具(フットサルシューズ、フットサルボール)を必ず持参すること。外で使用した靴並びにボールはどんなにきれいにしても体育館には持ち込めない。出来ればユニフォーム、ストッキングも外で使用した物とは別のユニフォーム、ストッキングに履き替えて頂きたい。

3.天候次第では体育館に移動と記載しましたが、状況によっては(子供たちの健康状態、体育館施設の都合上等々)、移動せずに途中で大会を終了することもある。
その判断は明日各参加チームの指導者の方々と協議し決定する。
以上となります。大会前日で持ち物追加等々の連絡を参加選手にしなければならないなどお手数をお掛けして大変申し訳ありませんが、趣旨をご理解の上、ご協力のほど宜しくお願い致します。

最後になりますが、この連絡内容を確認した旨を返信にてお知らせ下さい。全ての参加チームにきちんと伝わったかを確認したいためです。宜しくお願い致します。

以上です。



このメール配信後に、○○チームの代表○○さんから頂いたメールです。


「お疲れさまです。大会運営面倒くさいですね! ○○チームとしては、いかなる場合も、大会運営側の指示に従います。途中で中止になろうが、途中で体育館になろうが、全てまかせます。また来年もこの大会が出来ること、選手たちが、安全で楽しくできれば! とりあえず明日、どんな状況でも対応出来るように行かせて頂きます。よろしくお願いします!」



本日夕方からのトレーニング終了後、空を見上げると、なんとも幻想的な三日月と共に、満天の星空が!!!


星空の翌日は晴れ! このことがどうぞ迷信!?都市伝説!?でないことを祈るばかりです。 


そして、このTシャツを晴れやかな空の下で、参加全選手にご卒業記念の品として渡したい!そう思っています。


2018032015404468c.jpg

『サッカーのない人生などありえない!』 この意味を込めたシャツが今年の記念品です。

お天道様~、このシャツを貴方にも差し上げますので、なんとか宜しくお願い致します!!



☆明日から10日間のニュージーランド遠征に旅立つ純さん。旅の無事と、この遠征がまたひとつ夢を叶えるための大いなる糧になることを願っているからね! 後輩も明日1日がんばるから、先輩も遠き南半球の地でがんばってくるんだぞ~~!!!
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック