Vamos福島
52才最後の日
明日、53才の生誕記念日!?を迎える今日の良き日!(笑)

そんな1日を祝福するかの如く、お天気も最高潮でポッカポカ! お天道様~! ありがとうごぜぇますだぁ~~!!(笑笑)

20180226104232476.jpg

そんな1日の始めに行ったことは・・・・ 先週金曜日に行う予定であった自動車運転免許更新。更新会場の施設の前にはこのような光景が広がっており、新しい免許証交付の嬉しさ!?から・・・・・・思わずパチリ!(笑)

これで晴れてあと3年間はバッチリ車の運転が出来る~! 

えっ、5年じゃないの!? ゴールド免許じゃ・・・・・!?

はいそうですよ! 先日のブログでもお伝え済のように、しっかり違反者講習を受けて参りましたよ!!(泣)

な~んて、こんな全世界発信のインターネットツールで自慢!?告白!?することではありませんが・・・・・(泣笑)  まっ、これもひとつのブログのネタ!?と言うことでご理解頂ければ・・・・・(泣苦笑)

一体どんな違反を・・・・・!? そんなことまでは・・・・・・・ とは言いつつも面白ネタ!?と言うことで・・・・・・ 既に本日の講習会を受け禊ぎ!?も済んだと言うことで・・・・・(苦笑 笑うところではない気もするのですが・・・・)


以前、次女の試合を観戦に、長女と二人で静岡に行った時のこと。行きは長女が運転し、私は助手席へ。その間、事ある毎に、「あんまりスピード出すなよ!」「つかまったら大変だぞ!」etc そんな小言を静岡に着くまでの約4時間近く連発に連発を続け(苦笑)、娘は相当辟易し・・・・・(苦苦笑) 

そんなこんなで静岡に無事到着。次女の試合を見て、試合後に談笑し、別れ難い気持ちを吹っ切っていざ帰路へ。(別れ難い気持ち!? ご想像あれ!<泣笑>)

行きは運転を長女に任せたので、帰りはもちろん私が・・・・・・

行きあれだけ娘に言っていたのだからもちろんそこは親父の体裁!?を保つべく安全運転に徹し・・・・・となるはずだったのですが、なななんと悲劇が・・・・・・・・・

悲劇!? もしかして・・・・・・・・!?

はい、そのもしかしてが起こってしまったのです!(泣泣泣泣泣)

その悲劇!?とは・・・・・・細かいことは省略し結論から言いますと、高速道路を走行中、スピード違反で捕まってしまったのです!

「そこの車両、パトカーについて来なさい!」のアナウンス!?と共に、赤い文字盤がこうこうと棚引く!?パトカーに先導され・・・・・・(この状況、同じ経験をした方ならきっと想像に難くはないかと・・・・・苦)

その瞬間、助手席に乗っていた長女を見ると・・・・・・・・

なななんと、大笑い!!!(大苦苦)

「あれだけ私に言っておいて、なんじゃそりゃ!」のお頭(かしら)、もとい、お言葉付きで・・・・・(大大大苦苦苦)

しかも、私がパトカーに乗せられている姿をパチリ!し、あろうことか家族ラインにその姿を・・・・・・・極悪非道!!!

と言うか、あれだけ娘に、小言!?を連発し続けた張本人がこの様だったわけで、その行為も分からない訳ではなかったのですが・・・・・・トホホ・・・・・・・ホホ・・・・・・・・

ちなみに言い訳でもなんでもないのですが、私が捕まった原因は・・・・・・・

高速を105㎞で走行。その時点で御用! 確かに制限速度である100㎞を守っていなかったので言える義理ではありませんが、「たった5㎞で!」正直そう思った次第で・・・・・  ですので、パトカーの中で取り調べ!?を受けた際にも、思わず、その言葉をお代官様!?に発し・・・・・・

すると、お代官様!?、もとい、警察官!?、もとい、高速機動隊の方曰く・・・・・

「5㎞!? 何を言ってるんですか。この区間は80㎞規制になってるんですよ。標示もあったじゃないですか!」

その一言に思わず即答。「分かってましたけど、あれって、臨時の規制で法的拘束力などないんじゃないですか!?」とまたまた平民!?の分際!?ながらも異論を発したのですが・・・・・・

「何を言ってるんですか。あれはきちんと守らねばならないものですよ。」 そんなこと分からないで運転してるのかい!?とは言いませんでしたが、それらしい一瞥!?を頂き・・・・・・(泣泣)

と言うわけで、たった数㎞でも何でもなく、見事に!?23㎞オーバーで(105㎞ではなく103㎞だったようです)罰金15000円の御用となったわけです。

それにしてもあの標示に法的拘束力があったとは・・・・・ 心底知らなかったことなので目から鱗!そんな感じでした。

皆さんはご存じでしたか!???   そんなの当たり前!!!  

それでもその後、何度もその道を次女のもとへ行く度に使用しているのですが、時々(その頻度は低いものではなく)私がお縄を頂戴!?した場所でパトカーに乗せられている人の姿を拝見!?する機会があり、「そんなの当たり前!」そう思っていない人もこの世の中には、まだまだいるような気が・・・・・・・

それにしてもあれから随分と時間が経過したのですが、あの時の長女のあの顔を今でも鮮明に・・・・・・・(泣苦)

ちなみに長女もこのことに関しては、絶対に忘れていない、いや、忘れようとしても忘れられない出来事だったはずですので、どこかのタイミングで聞ける人は聞いてみて下さい。きっと、大笑いしながら話をすることでしょうから・・・・・・・(泣笑) 何なら、写真も・・・・・・・・・・(泣泣笑)


ところで、本当にこんな自虐ネタ!?をこんな場所で公開して良かったのかどうか・・・・・しかも、記念すべき最後の日に・・・・・・・・・(泣苦笑)   まっ、これで「いいね!」をたくさん頂けるのであれば、OK! と言うか、これはツイッターではなかったかぁ・・・・・・(笑) と言うか、そんなものやってなかったなぁ・・・・・・・・(笑笑)


と言うより、実はこんなことを長々と赤裸々に書くわけではなく、今日の更新講習会で学んだこと、感じたことetcを非常に真面目な気持ちで記載しようと思っていたのですが、何故だか分かりませんが、こんな状態に・・・・・・・・ これぞ、本当の、トホホホホ・・・・・・なり!(苦笑) 


 
話はがらがらがらっと変わりまして週末のお話しに・・・・・・・

この週末も、相変わらず南国!?の方々のご支援ご協力を得て、土を求めて三千里の旅!?を行い、土のグラウンドで思いっきりサッカーに興じることが出来ました。この場を借りて改めて御礼申し上げます!

まずはそんな旅に向かう途中に目にした光景。それは・・・・・・・・

2018022610423589e.jpg

これです! はっ!? 何これ!?  ですよね。でも、じ~っくり観察してみて下さい! もし、この画像を引き延ばせる方は引き延ばして頂きますと、その様子がはっきりと・・・・・・・

これは旅!?の途中、高速道路内のとあるパーキングで子供たちのトイレ休憩をした時に撮ったパチリ!です。子供たちを全員強制的!?にトイレに行かせた後・・・・・・強制!?何で!?理由は・・・・割愛!・・・・・私もトイレに・・・・と向かっている際、どこからともなく耳にしたことのある声が・・・・・・ いろいろ見回してもその声の主が見当たらず、最後に上空に目をやると・・・・・・

なんとそこには、しっかりと隊列を成した白鳥の群れが! その数、数十羽! もちろん、声の主はその白鳥たちのもので・・・・・

その光景を見た瞬間、思わずダッシュでバスに戻り、携帯を取り出し、上空に向けてパチリ!をしようと身構えたのですが、その隊列は既に遙か彼方に! それでも、この機会逃してなるものか!その勢い!?でパチリ!パチリ!を繰り返し・・・・・・・・上記の写真はその中でも何とか目を凝らせばその様子が伺い知れるものを掲載したわけで・・・・・・・

そんな様子を見ていた子供たちは、何事が起こったのかと思ったようで、

「監督、何してたんですか!? 思わず走り出したからビックリしましたよ!」と一言。

事情を話し写真を見せたものの、黒いぶつぶつ!?から白鳥の隊列、飛来の様子を知る術もなく・・・・・・・(泣)

それにしても、我がチームは土を求めて南へ南へ、白鳥たちは春の訪れと共に、我が故郷に向かって北へ北へ・・・・・・・  何とも言えないその交錯!?に一人感慨に耽っていたとさ! チャンチャン!!(笑)  


そんなこんなで始まった週末。今回も2日間、我が子供たちは思う存分、思いっきり、水を得た魚のように・・・・・・・グラウンド内をはしゃぎ回っておりました!(はしゃぎ回る!?変な言い方ですが、そんな感じでした。下記の写真の子供たちの表情がその証です!<笑>)

20180226104238cf8.jpg

2018022610423600f.jpg

201802261042338a3.jpg


なんだか分かりませんがみんなで白鳥もビックリ!の隊列!?を組んでお弁当を食べたり(笑)、試合のみならず、試合の合間に親交のあるチーム(今回の大会に毎年招待して下さる茨城県桜川市の坂戸チーム)と合同練習をしたり試し合いをしたり等々、それはそれは充実した時間を過ごさせて頂きました。私の小言!?百連発! お説教タイム!?百時間!のおまけ付きで・・・・・・(笑 と言うか、小言でもお説教でも何でもなく、全ては子供たち一人一人の心の成長へのアプローチなのですが・・・・・ その成長無くして技の成長、体の成長は無し! そう思っています。まさに、【心技体】です! 打たれ強くなれ!!)


最後は、子供たちにはお馴染みの○○○山をバックに・・・・・・・パチリ!

○○○山って!????  それはですね・・・・・・・・・・・グーグーグーグー・・・・・・・・・寝るな~!!!(怒)

毎回、所謂、表○○○山しか見ていなかったので、今回初めて裏○○○山の麓での試合で、その見え方の違いに一人でただただ感心。子供たちは、な~~んにも思ってはいなかったようですが・・・・・・(苦笑)

1ヶ月後は、今度は表○○○山の見える場所への旅!?を行います。『2018春茨城県常総市合宿』がそれにあたります。

1ヶ月後、今回参加した子供たちがどれだけ成長してここに戻ってこれるのか・・・・・・今からワクワク感でいっぱいです。(今回の2日間でひと皮もふた皮も脱皮!?出来たたくさんの子供たちの姿を目の当たりにしたので、1ヶ月後が非常に楽しみで・・・・・・もちろん、本当の楽しみはもっともっと先にあるのですが、とりあえずは・・・・・・・そんな感じです!)

ちなみにその合宿では今回参加のメンバーに加えて、新年度よりトップクラスに入会するであろう3年生も参加します。毎年この合宿を契機にトップクラスの心得!?を学んだり、サッカーに真摯に向き合う姿勢!?を高めたりetc 盛り沢山の3日間になること必至です! もちろん、サッカーのみならずその他様々な活動も取り入れ・・・・・・・・ その最たるものが、この○○○山への登山。今までは、行きも帰りもケーブルカーを利用していたのですが、今年は、行きは徒歩で・・・・・・(大会期間中地元の方に聞いたところによると、1時間半位あれば登れると言うことで・・・・ただし、途中は岩場もあるとのことで、それを聞いて思わずワクワク!(笑) もちろん、れっきとした登山道が整備されているようなので安全面はバッチリ!ですのでご安心あれ!)


最後に週末の締めくくりを一言。

最後の閉会式。優勝チーム・準優勝チーム・第3位チームが燦然と輝くトロフィーを授与されたりメダルを掲げられたりしていたのですが、我がクラブの子供たちには、何も・・・・・・・ そんな姿を見ていて、語弊はありますが敢えて言わせて頂くなら、あの場に立たされている子供たちの気持ちを想像して正直「ふ~む・・・・・」だったのですが、バスに戻ってきた子供たちの様子はと言いますと・・・・・・・そんな心配懸念などどこ吹く風! ヤンヤヤンヤの大賑わい! 

その姿に、何だか心が熱くなり・・・・・・・・

みんなには言わなかったけど、閉会式の最中、そして今大会期間中、対戦チームのたくさんの指導者の方からみんなのプレーにたくさんの賛辞を頂いたんだよ!

「うちもホワイトリバーさんのようなサッカーをしたいんだけど、それでは勝てなくて、そうすると人も集まらなくなるから、そうするとどうしても勝ちにこだわらなければならなくなって、最終的に子供
の育成優先と言うより、チームの勝利優先になってしまうんですよね。だから、ホワイトバーさんが羨ましいですよ。」

「この2日間試合をやった中で、ホワイトリバーさんとの試合が一番楽しくて見ていてワクワクしたし、試合後に子供たちに話を聞いてみたら、めっちゃ楽しかった!って言ってました。子供たちのどこを見て関わっていくのか。それはもちろん今も大切だけれど、数年後の姿をしっかり見据えて私たちは指導にあたっていかなければならない。私は常々そう思っています。ホワイトリバーさんと試合をさせて頂き改めてそう思ったし確信しました。またぜひとも試合させて下さい。」等々

この言葉をフィクションと捉えるかノンフィクションと捉えるかは勝手ですが、私は子供たちに声を大にして言いたい。

「記録には残らなかったけれど、たくさんの人たちの記憶にはずっしりと残ったぞ! またコツコツコツコツがんばっていこうな!」 と。

負け犬の遠吠え!? 負け惜しみ!?

何とでもおっしゃいませ!


『大きな完成より小さな未完成!』


今にみておれ!!!!!!!!!!!  と言うかまたまた偉大なるお言葉を頂戴、いや、パクッってしまいました。碓井氏に感謝! いや、お詫び!(笑)


ところで、山の名前は???


それはですね……… つくじ~さん! じゃなくて、つくば~~さん!(大笑)


☆52才最後の1日も残り数時間。最後まで全力宣言!(笑) 明日から53才かぁ………
妙に感傷的なり!(泣笑)

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック