Vamos福島
ここ最近のこと
【7月1日(水)】    『全日本少年サッカー大会福島県大会慰労会』

 「県南地区チームの全国大会出場。県南勢同士初の決勝戦。県南地区のチームが4チームベスト8入り。」これらをお祝い&慰労する会が、この日の夜、郡山市内某所で行われ、招待を受ける形で参加してきた。(本当は、この日にスペシャルクラスのスクールがあったのだが、この会が開催されることを伝えると、津川コーチがスクールを担当するので、ぜひとも会に出席してきて下さい!ということで、本来ならやむなく欠席するところが出席できるようになった。津川コーチ、遅ればせながらありがとう!スクール、お世話になりました!招待を受けたどのチームも出席していたので、恥をかかなくて!?すみました。)主役は、何と言っても、我がチームを撃破し、全国大会出場の栄冠を勝ち取った富田東サッカースポーツ少年団だったが、あらためて勝者にお祝いを述べることができてある意味とても良かった。悔しくない!?もちろんその気持ちもあったが、既に、前を見据えて歩み始めているので、素直に、「おめでとうございます!」を言うことができた。会の中で、ある方から、「ホワイトリバーフットボールクラブは、アストロンと並んでサッカー界でブランド化してきましたね。一歩突き破れば、長期政権間違いなし!来年こそがんばって下さいね!」と言う何ともありがたいお言葉を頂いた。もちろん、その言葉にうぬぼれるつもりなど毛頭ない。ただ、そのような評価をしてくれる人がいることを、素直に喜びたいと思っている。



【7月1日~3日】  『市内・村内の幼稚園、保育園にチラシ配り』

 「第9回奥の細道サッカーフェスティバル」が、8月1日(土)~2日(日)西郷村多目的運動場で行われる。(詳細は、トップページに記載。)その中で、毎年行っている、市内・村内の幼児を対象に行うイベントのチラシを3日間かけて配ってきた。何度も足を運んでいるせいか、全部とは言わないが、ほとんでの園で、快くチラシ配布を受けてくれた。中には、「新聞見ましたよ、惜しかったですね。」と声をかけてくれる所や、「今月号のI can doの表紙見ましたよ。仲の良い親子ですね。」とか、「スイカ切ったばかりだから、食べて行って下さい。」と言ってくれるところまであった。もちろん丁重にお断りすると、わざわざビニル袋に入れてお土産に持たせてくれた。なんだか、冷たいスイカを頂いたはずなのに、ものすごくあったかいものを頂いた気がした。チラシ配りは、正直言って、あまり楽しいものではない。しかし、今回は、とってもやって良かった!しみじみそう思うことができた。とにもかくにも、たくさんのサッカー大好き幼児が集まってくれることを、待つばかりである。(このお知らせも、トップページに記載してあります。どしどしご応募下さい。連絡、首を長~~くして待ってます。現在2名の応募あり。残り38名です!!!)


【7月4日(土)】  『第33回全日本少年サッカー大会福島県大会テレビ放送』

 AM10:30~1時間、FCT局で、標記の大会の放映がされた。放送後、今さらながらの!?激励の、同情の、○○の・・・メールや電話が殺到!?した。とりあえず私も録画はしたが、今は、まだ見る気にもなれない。悔しいと言うより、まだ、つい昨日のことのように、いろいろな場面が鮮明に頭に心に・・・に残っているからである。特に、2点目の失点シーンは、永遠に忘れることができないくらい体にしみついているし、試合終了のホイッスルが鳴った瞬間の子供達の崩れようも・・・・・もう少し時間が過ぎたら、じっくりと見たいと思っています。それまでは、封印します。(7年前にフットサル県大会の決勝の延長戦で、2対2からVゴールを決められ、全国を逸したシーンでさえ、今だに克明に記憶されているぐらいですから・・・)



【7月4日(土)~5日(日)】  『二つの大会参加』

 ①「第13回ピュアカップサッカーフェスティバル(4年生大会)」

 栃木県那須塩原市で行われた大会に、2チーム(A・B)を編成し出場。結果は、以下の通り。Aチームは、総合第3位という輝かしい成績を勝ち取った。Bチームは、3位リーグ第4位。成績の差こそあれ、20名の子供達、そして、大声援を送り続けた保護者の方々、そして、今大会の引率を行ってくれた本間コーチ・優コーチのがんばりには、大きな拍手です!!!(ちなみに、優コーチは自宅に夕方戻るなり部屋へ直行。バタンキュウ・・・現在も爆睡中です。)

[ホワイトリバーAチーム]
☆予選リーグ 第1試合 vs野原 4対1 ○  第2試合 vs国本 2対0 ○ 第3試合 鍋掛 9対0  ○  3戦3勝で予選リーグ第1位。 ☆1位リーグ戦 第1試合 vsサイタマ 0対1 ● 
第2試合 vsビアンコーネ 0対0 △  第3試合 vs白河FC 5対0 ○ 1勝1分1敗で第3位

[ホワイトリバーBチーム]
☆予選リーグ 第1試合 vsサイタマ 0対7 ●  第2試合  vs稲村A 1対6 ●  第3試合
vs鍋掛ドリームガールズ 1対0 ○ 1勝2敗で予選リーグ第3位。  ☆3位リーグ戦。3戦3敗。(詳細を優コーチに聞こうと思ったのですが、ピクリともしないので・・・) 第4位 

 ②「第5回福島空港カップサッカー大会(6年生大会)」

 須賀川市緑のスポーツエリアサッカー場で行われた大会。全日本少年サッカー大会の敗戦以来、初めての大会参加(初めての試合)。そんな記念すべき!?大会を、津川コーチと共に戦い抜いた子供達。「全日本が終わっての最初の大会(試合)。これからの新たな一歩を踏み出す意味で、とても大切な大会。有意義な2日間にしよう!」新たな夢に向かって歩み始めた子供達。結果は、見事優勝!第1回大会(今の高校1年生の時。この時は、前半0対3で負けていて、後半に3点をとって同点に追いつき、延長戦で劇的ゴールを決めて、大会初代の王者になったのです。)以来の優勝は、とてもすばらしかったと思います。詳細は、以下の通り。(2日目に試合毎に速報を入れて下さった、Rママ、試合の様子が手に取るように分かる内容、とってもありがとうございました!)

☆予選リーグ 第1試合 vsすずかけ 3対0 ○  第2試合 vs ブリーオ須賀川 4対0 ○
第3試合 vs中一JSC 3対0 ○ 3戦3勝で予選リーグ第1位。 
☆1位リーグ戦 第1試合 vs石下 2対1 ○  第2試合 vsビアンコーネ福島 0対0 △
第3試合 vsモンターニャFC 6対0 2勝1分で優勝。


【7月4日(土)~5日(日)】  『クラブマネジャー養成セミナー2日間出席』

 総合型スポーツクラブには欠かせない資格。それがクラブマネジャーという資格。既にスタッフの竹内さんが昨年資格を取得したのだが、各クラブ2名以上の有資格者が必要との達しを受け、上記記載の大会はあったのだが、各コーチのお陰で、受講することができた。2日間須賀川アリーナ会議室で、朝から晩までびっしりと講義付け。帰りは、大げさでなく、ヘロヘロ状態だった。しかし、クラブを半永久的に存続させるには、この資格取得は必務と肝に銘じ、眠気に少々負けながらも、2日間しっかり研修を受けた。(実は、昨晩は、飲み会があり、帰宅したのは深夜の3時過ぎ。6時過ぎには起床したので、午前中は、椅子から落ちそうな勢いの睡魔と戦いながらの研修受講であった。)内容は、どれもこれもが身になるものばかりで、また、50名以上の熱き参加者を目にするにつけ、本当にとぎすまされた2日間となった。しかし、この2日間で全てが終わったわけでなく、後半は、9月にまた2日間行われ、それを受講して初めて資格が取得できるのである。またまた厳しい2日間になることが、今から予想されるが、今度は、飲み会はやめて、体調万全で臨みたいと思っている。それにしても、やっぱり、お天道様の下で、大声を張り上げている方がいいなあ・・・・


 以上、ここ最近の出来事のお知らせでした。

☆明日は、いや正式には、今日の朝(あと5時間後)は、早起きソフトボールの最終戦。4時起床だから、今夜も、睡眠時間は、3時間とちょっと・・・・がんばるぞ~!オ~~~!!!


 

 


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック