Vamos福島
逆転満塁ホームラン!
 大一番(決勝戦)に敗戦した翌日、朝4時過ぎ起床。久しぶりの社会人早朝ソフトボールの試合。目をつぶると試合の様子が浮かんできてなかなか眠れず、ようやく眠りについたのは、深夜2時過ぎ。睡眠時間、2時間少々でのソフトボールはこれはこれはきいた~。対戦相手は、強豪チーム。対戦成績は五分五分といった感じだが、最近は負け越ししているチームであった。しかし、初回に2点先制。「今日はやれるかも・・・」と思っていたのが大間違い。その後一挙に5点を取られ逆転。そのまま試合は進み、最終回。「今日もだめだったかあ・・・」となかば諦めかけていると、ヒットやフォアボールなどで満塁に。次の打順は・・・1番センター遠藤淳、そう、この私の番だった。気合いを入れてバッターボックスへ。1球目ストライクを見逃し。弱気になっている自分がそこにいた・・・ 「まずいなあ・・」と思っていたとき、突然、昨日の決勝戦に負けた瞬間がなぜか蘇ってきた。「ようし、あの悔しさを込めて次のボールを思いっきり打ってやろう!」そう思っていると、大好きなインコースへのボールが・・・ 「ちきしょう!!!」心でそう叫びながらバットを思いっきり振ると、ボールはものすごいスピードで右中間を真っ二つ。自分でもビックリするほど、果てしなくボールは飛んでいった。逆転満塁ホームランだった。仲間から手洗い祝福を受け、ベンチに座った時に、「我ながら、すごい一発だったなあ。気持ちが乗りうつるってこういうことをいうんだなあ。」と心の中でつぶやいてしまった。そして、「諦めたら終わってしまう。諦めなければ、こんな風になるんだなあ。」当たり前のことだが、あらためてそう思った瞬間だった。その後、3点を追加。その裏の攻撃で3点を返されるも、9対8の1点差で勝利。これでチームは5連勝。次回は来週。これまた強豪チームで全勝同士の対決。実質上の決勝戦。「次も、あきらめずに・・・・」

 話はがらっと変わるが、本日のルーキークラスの時に、ある子からお手紙をもらった。「かんとく、お手紙書いてきたから、うちに帰ってから読んでね!」と手渡された。本当は、その場で読んでしまおうかな・・・と思ったけど、「うちに帰ってから・・・」という言葉が耳に残ったので、その通りに。このブログを書く前に、読んでみた。


 ホワイリバーがんばれ!!  かんとくがんばれ!!  元気パワー100ばい!!
 ホワイトリバーがんばれ!! おにいちゃん おねえちゃんがんばれ!!  ○○


 心がふんわりと温かくなった感じがした。

 「3打席3三振してるけど、いつの日か、逆転満塁ホームランを郡山西部サッカー場で放てるようにがんばるからね、○○君。 とってもとってもうれしかったよ。ありがとう・・・・・」




 
 

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック