Vamos福島
梅雨入り ~耐梅雨夏麗~
『東北地方梅雨入り宣言』

いよいよ、ついに、とうとう、この地にもこの宣言が高らかに叫ばれました!(笑)

うっとうしい季節! それが正直な思いですが、しかし、この梅雨があるからこそ、農作物が育ち、水瓶の水が満たされ、あとはえ~っと・・・・・・とにかく、この時期はなくてはならないもの!そう思っています。とは言いつつも、やはりじめじめべとべと感はやはり・・・・(苦笑)

しかししかし、この時期が過ぎればあの灼熱の夏がやって来る! その日を待ちわびて・・・・・・・・・・

【耐雪梅花麗 (ゆきにたえてばいかうるわし)】ではありませんが、まさに、【耐梅雨夏麗 (つゆにたえなつうるわし)】を期待して・・・・・(笑)


梅雨入り宣言! と来れば、やはりこの花が見頃かと・・・・・・  事務所そばのとあるお宅に侵入し!?(実際には入っていませんでのあしからず!<笑>)、パチリ!!

20170621130342f2b.jpg

このお花も良いのですが、こんな真紅の花も雨露に濡れて鮮やかな色合いを見せており・・・・・・またまたパチリ!(笑) この花、何という花なんでしょうね!?? 理科の先生、お教え下さい!(苦笑)

20170621130341dee.jpg


この季節ならではの花々に心が癒される今日この頃、[21世紀の福島の未来を担う子供たちの心と体の復興支援活動]=[体育遊び]も絶好調!(笑)

どういわけか、この時期になりますと、各幼稚園・保育園では、保育参観の日にこの活動が組み込まれており・・・・・・(苦笑)

昨日と今日の園では、たくさんたくさんの保護者の方々に見守られながら!?見つめられながら!?凝視されながら!?・・・・・(笑) まさに、小学校教諭時代を彷彿させるような懐かしき授業参観のような感覚に陥り・・・・・・・(苦笑)

「普段の様子を見て頂ければ結構ですので、いつも通りにお願いします!」

と園長先生に言われるのですが、そうは言っても、あれだけの視線が渦巻いておりますと・・・・・・・(笑笑)

とは言うものの、別に私が見られているわけではなく(笑)、子供たちが元気に活動している姿を拝見して頂けることが言うまでもなく最も大切なことですので、普段通りそのことだけに集中し・・・・・・・・ とは言っても緊張しない!と言えば嘘になるわけで・・・・・・・(笑)



本日の活動を終え帰り支度をしていると、ある保護者の方が近寄ってきて・・・・・・・・・

「えんちゃんとの体育遊び、とっても楽しいんだよ! と息子がいつも言っているのが今日参観させて頂いてよく分かりました。これからも宜しくお願いします。今日はどうもありがとうございました!」

と声を掛けて頂き、2コマ(2クラス)続きの活動で正直ヘロヘロクタクタになっていたのですが、そんな脱力感も一気に消え失せ、一瞬にして心地良い爽快感に包まれました。(笑)


我がクラブの活動を通して少しでもお子さまの健やかなる成長の一助になれれば・・・・・・・・・・・・改めてこの活動に精一杯尽力していかねば! そう思った瞬間でした。


えっ!? この活動だけ精一杯なの!? サッカークラブの活動は!? 他の活動は!? 手を抜くの!???


そんなことあるか~~い!!(笑)


それにしても、「えんちゃんってこんな親父だったの!?」 「もっと若々しいお兄さんだと思ってた!」 etc  そんなギャップに苛まれながら!?園を後にした保護者の方、たくさんいただろうなぁ・・・・・・・(泣泣笑)


ご勘弁あれ!(笑)  こう見えても気持ちだけは若いんですけどね・・・・・・・(大笑)





【6月20日提出のサッカーノートより】

「ぼくは学校で563回のリフティングの新記録が出ました。最初はドッジボールをやっていたけど、負けてしまってイライラしていてリフティングをやりました。300回をこえたころ、『新記録達成だな』と思っていた時、友だちにじゃまされました。でも、新記録が出そうだったのでかまわずに続けました。そして、560回いったころに、下に置いていた紅白帽を友だちが取ろうとしたのでそこを見ました。そしてその時に落としてしまいました。帽子はまたそこに置かれたので、『なんで見てしまったんだろう』と後悔しています。」


「土曜日にテレメディア東北カップと言う大会があり、応援や審判や練習をしました。まず、1~2年生の試合を応援しました。みんな楽しんで試合をやっていました。それを見たぼくは、『輝いているな~』と思いました。だから、1年生や2年生に負けないで、『かっこいいなぁ』と思われる先輩になりたいと思いました。次に、審判をやりました。フットサル形式でやったので少し分からないところがあったけど、だんだんやっていくうちにおぼえました。とても楽しかったです。1~2年生の試合も見れたし、審判のルールもおぼえたので良かったです。」


「土曜日のU-8の試合で審判をしました。前より(5月末のU-10の大会、ヤマザキスポーツカップ)小さい子たちだったので、なかなか言うことを聞いてもらえなくてむずかしかったです。でも、決勝戦を審判した時に、PKまで行ったけど、ひとつも誤審をしたように自分で思わなかったので良かったです。そして、両チームの監督さんからほめてもらえて良かったです。前より審判が上手くなっていて良かったです。次審判をする時は、笛の音などを大きくできるようにしたいです。」
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック