Vamos福島
懐古 ~ありがとうございました!~
今から24年前、私は、いわき市のとある学校の教員をしていました。

当時、その学校のサッカースポ少を担当しており、それが私のサッカーとの出会いだったのですが、その頃に始まった大会の運営に携わり、と言っても使いっ走り!?<苦笑>だったのですが、記念すべき第1回目から第3回位まで主催者側として関わらせて頂き・・・・・・・・


それが先週末参加させて頂いた、『第23回常磐交通観光杯平七夕サッカー交流大会』でした。


いわき市を離れてから、石川町のチームで参加させて頂き、ホワイトリバーを設立してからももちろん参加させて頂き・・・・・・・・

ここ数年間は同時期に違う大会に参加していて、お暇(おいとま)!?していたのですが、今回、4年ぶりに参加させて頂きました。

久しぶりの大会参加だったのですが、第1回大会から大会会長・大会事務局を務めるO先生とH先生(正式にはお二人とも退職をされているのですが、ずっと「先生」と呼んでいたので、そう呼ぶのが今でもしっくりするわけで・・・)は、時間がタイムスリップしたかの如く、自然に迎えて下さり・・・・・・

変な言い方に聞こえるかも知れませんが、私にはその表現がしっくりくるので・・・・・・・


私のサッカー指導者の原点ここにあり!!


伝統と歴史溢れる大会に参加させて頂き、その言葉が脳裏をぐるぐるぐるぐる駆け巡っていた2日間でした。


そんなことを知ってか知らずか、と言うか、そんなこと全く知るわけもないのですが(笑)、子供たちは、私の原点の地で、心地よい海風に吹かれながら、(試合会場が海まで約100Mの地点でした。)大好きなサッカーに思いっきり興じていました。


予選リーグ全勝、決勝トーナメント全敗。


試合当日の早朝に行われたリオオリンピックの柔道で、初出場の男子柔道選手が敗者復活戦で勝ち上がり、銅メダルを獲得した試合の解説をしていた方が、

「彼は、この大会で、『勝つ喜びを知り負ける悔しさを味わった』」

とコメントしていましたが、今大会に参加した我がチームの選手にとっても、その言葉がぴったり当てはまるそんな大会参加となりました。


「来年も来いよ!」

帰り際にO先生にそう言われながら握手を交わした時、何とも言えない思いが込み上げて来て、思わず・・・・・・・




あれから24年、使いっ走りで大会運営に奔走していた20代だった私も、既に50代に突入。

時の流れの凄まじい早さに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そんな事をしみじみ感じた2日間でした。


今から24年後は・・・・・・・・・75才! ひぇ~~~~~っ!!  生きていればの話しですが・・・・・・・・・・・(泣泣笑)

20160807_091432(1)_convert_20160808215152.jpg
20160807_124832_convert_20160808215250.jpg
20160807_130937_convert_20160808215337.jpg
20160807_160256_convert_20160808215426.jpg
20160807_161223_convert_20160808215533.jpg



明日からは、【2016サマーキャンプIN南会津第2弾】の開催。

今キャンプを以て、転校のため我がクラブを退団する子も参加するので、いつも以上に気合いを入れて!?、とは言っても普段通りですが・・・(笑)、参加した子供たちが、「2016思い出の1ページ」を飾れるように、「参加して良かった!」そう言ってもらえるように、朝から晩まで一時も気を抜くことなく!?、(第1弾の上級生のキャンプとは違い、今回は下級生中心のキャンプの為、大袈裟に聞こえるかも知れませんが、その表現がぴったりくるわけで・・・・・(苦笑)) 3日間従事したいと思っています。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック